【体験談】社会人から栄養士の資格を取るために私がやったこと3つ

スポンサーリンク




こんにちは。赤石美波です。

 

このあいだ、栄養士の学校の卒業式がありました。

 

家族や仲間たちの応援もあり、学校を首席で卒業することができました。

 

 

社会人から栄養士の学校に通うために私がやったこと3つ

 

1)シェアハウスかルームシェアで家賃と生活費を抑える



 

金銭的な面からも、「昼間は働いて、夜間は栄養士の学校に行きたい!」と最初は考えていましたが、ネットで調べても出てきません。

 

 

栄養士の学校に問い合わせたこともありますが、「調理師は夜間通える学校がありますが、栄養士の資格は夜間では取れる学校がないんですよ」と教えてもらいました。

 

 

 

なるほど、仕事の片手間には取れない資格なのか・・・と、栄養士という資格のハードルの高さ(資格を取るために仕事を辞めるなど、環境を大きく変えなければいけない点で)を感じました。

 

 

「学校に通う2年間は、会社員収入が途絶える。ということはお金を節約しなければ・・・!」と思い、妹とルームシェアをして、毎月出ていくお金をできるだけ抑えるようにしました。

 

 

 

実家から学校に通えるならいいですが、一人暮らしの場合、毎月出ていくお金(固定費)はできるだけ抑えた方がいいです。学費でお金がかかるので、生活費を抑えるのは必須です。

 

 

 

毎月の固定費でも特に、家賃は大きいですよね。シェアハウスに住んでお金を節約するのもありかなと思います👌

 

 

私もシェアハウスに住んだ経験がありますが、普通の引っ越しで初期費用が30万円近くかかるところ、本当に0円で済みました。

>>2万円台で始められる女性専用シェアハウスを探してみる

 

 

 

2)アルバイトで学費や生活費を稼ぐ



 

私は、学校に通っている2年間、アルバイトで生活費を稼ぎました。親からの援助も少しありましたが、やはりアルバイトをしないと生活が厳しい状況でした。

 

 

最初の1年間は、飲食店の厨房でアルバイトをしましたが、帰りが深夜を過ぎるなど睡眠時間がうまく取れず、授業に支障が出てきてしまいました。

 

 

 

そのため、2年目は単発や週末だけのバイトなど、短期のアルバイトに切り替えました。短期のアルバイトに変えたことで、授業にも集中でき、週末や夏休みをうまく活用できたような気がします。

 

 

夏休みや冬休みはまとまった時間が取れるので、リゾートバイトなどで稼ぐのもありですね!😃

 

 

短期・単発アルバイトは『ギガバイト』などからも探せるので、ぜひ活用してみてください👌

 

>>『ギガバイト』アルバイトを探してみる
 

 

>>夏休みにリゾートバイトでまとめて稼ぐ
 

 

3)自炊をする

 

学校で栄養士の勉強をしていると、自分の食生活の意識も高まります。

 

そして、やはり普段は自炊した方がお金も節約できるし、包丁スキルなども上がるので、なるべく自分で食事を作るようにしました。

 

 

自炊しても、結果的に水道水を料理に使っていると体にもよくないので(詳しくはこちらの記事に書いています)、レンタル浄水器を取り付けるなど工夫をしました。

 

 

 

 

栄養士の学校生活を振り返ってひとこと


 

勇気を出して会社を辞め、栄養士になるために入った専門学校。とにかく「最強」に楽しい2年間でした。

 

 

まだまだこれからが本番なので、社会に出てまた前進して行きたいと思います!

 

いつも応援してくださる方々、ありがとうございます^^

 

 

私の人生の目標は、「自分と自分の身の回りの人を、食で豊かにすること」です。

 

 

そのためには、自分が専門知識をつける努力そしてその知識をわかりやすく伝えるための技術が必要です。

 

 

今後は、ブログでそれが実践できるよう、引き続き頑張りたいと思います^^

 

 

「私も栄養士になりたい!」「今、社会人だけど栄養士になろうか迷っている」と思っている方に、私の実体験が何か参考になれば嬉しいです。

 

 

 

◆こちらもどうぞ◆

【実体験】社会人を経験してから栄養士専門学校に入った私が語る、学校に入るメリットとデメリット

 

*************

食とアンチエイジングについての役立つ情報を、メルマガで配信しています。

良かったら登録してくださいね^^

(いつでも登録解除できます)

 

◆◇◆無料メール講座◆◇◆