知っておきたい!ひじきの戻し方と、戻し終わりの見極め方!簡単「五目ひじき」のレシピ

スポンサーリンク




こんにちは。栄養士のminaです。

 

乾燥ひじきの正しい戻し方って、どういう感じ何だろう・・・?そういえばいつも何となくで、ちゃんと教わったことないな。

 

 

今回は、そんな疑問に栄養士の私が答えたいと思います。

 

 

知っておきたい!ひじきの戻し方と、戻し終わりの見極め方!簡単「五目ひじき」のレシピ

 

ひじきを戻す時の水の量は、どれくらいが良い?

 

乾物のひじきを水で戻すと、どのくらい増えるか知っていますか?

 

なんと、8.5倍にもなるそうです。

 

例えば、5gのひじきを水で戻したら、42,5gに増えるんです。

 

 

そのため、ひじきを戻す時は、余裕を持って、ひじきの10倍くらいの水の量が必要です。

 

 

私は、その都度グラムを測ったりせずに、「とにかくたっぷり水を入れる」ことを意識して水を入れています。

 

 

水が少ないと、ひじきが吸う水がなくなってきちんと戻りません。

 

そのため、水はたっぷりと用意しましょう。

 

 

水煮のひじきよりも栄養価の高い、乾燥ひじき

 

ひじきは、水煮で売っているものもありますが、せっかく食べるならミネラルを多く取りたいので、私は乾燥ひじきを戻ところから作ります。

 

 

慣れてしまえば簡単ですよ。

 

 

ひじきは水に浸すと、水が茶色っぽくなります。これは、ひじき特有の色素なので、品質には問題ありません。

 

 

なお、ひじきは海でとれた海藻なので、砂が混じることがあります。

 

 

そのため、水に浸す前に、ざっと全体を軽く洗うようにしましょう。

 

 

今日は、具材をゴロゴロとたくさん入れた「ひじきの五目煮」をご紹介します。

 

 

作り置きなので、多めの分量で設定しています。

 

 

材料(5〜6人分)


 

・乾燥ひじき 8g

・にんじん 1/2本

・ちくわ 短いもので3本

・こんにゃく 100g

・大豆(茹で) 100g

・ごま油(他の植物油でも可) 大さじ1

・水 100ml

・みりん 大さじ2

・醤油 大さじ2

 

作り方


 

1、ひじきをざっと洗い、たっぷりの水に浸けて戻します。

 

2、ひじきを戻している間に、具材を切ります。

にんじんとこんにゃくは1㎝四方の角切りにし、

ちくわは5㎜幅の輪切りにします。

 

今回、こんにゃくは下ゆで不要(「アク抜き不要」の表示あり)

のものを使っています。

 

アク抜きがされていないものは、

一度熱湯でさっと茹で、アク抜きをしてから使用してください。

 

 

3、大豆を用意する。

今回、大豆はあらかじめ煮ておきました。

 

もちろん水煮でも作れます。

 

(ただ、市販の水煮大豆は、自分で戻した大豆よりもミネラルが少ないです。栄養価の面では劣りますが、時間のない時には便利です。)

 

 

4、水に浸けて15分ほどしたら、ひじきに手の爪の先を入れてみます。

 

 

そのままスパッと切れたら、戻し終わりのサインです。

ひじき全体がつぶれるようなら、戻しすぎです。

 

 

これ、あまり聞いたことがなくて、私も驚きました。

 

このように、ざるにあけて水気を切ります。

 

 

5、鍋にごま油を引き、強火でひじきを炒め、

全体に油をなじませます。

 

今回のレシピでは、コクを加えるため、ごま油を使いました。

 

ひじきは油との相性が良いので、味をつける前に油でよく炒めると、よりおいしくなります。

 

 

また、油で炒めることで、カルシウムの吸収率がアップします。

 

 

ただし、長時間炒めるとひじきの皮がむけるので、強火で手早く炒めるのがポイントです。

 

 

6、ひじき全体に油が回ったら、他の具材を全て入れ、中火で全体を混ぜます。

 

7、水・みりん・醤油を加えて弱火にし、落し蓋をして7〜8分加熱します。

 

加熱し終えたら、そのまま10分ほど放置して冷まします。

 

冷ましていく過程で、味がよく染み込み、おいしくなります。

 

落し蓋がなければ、クッキングシートやアルミホイルでも大丈夫です。

 

 

8、完成しました!中央上が完成品です。

 

食べた感想


 

かなり!!おいしかったです。

 

自分で大豆を水で戻して煮たので、普段買っていた水煮大豆やドライパックの大豆よりも、より大豆の味をしっかりと感じることができました。

 

 

大量に煮て余った大豆は、冷凍庫で保存してあります。必要なときに出して、料理に使おうと思っています。

 

まとめ


 

☑️ひじきを戻す時は、およそ10倍(たっぷり)の水で戻す。

☑️ひじきは、およそ15〜20分で戻る。

☑️戻し終わりの目安は、ひじきに爪をさして、スパッと切れるくらい。ひじきがつぶれたら戻しすぎ。

 

 

**************

いかがでしたか?

 

作り置きにも便利なので、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

作り置き用のiwakiのタッパーはこちら。

 

たくさん欲しいという方はこれがおすすめです。汚れも落ちやすくて、油や酸にも強いので、これを愛用しています。

 

 

*************

【いつまでも若々しく、健康で過ごすための食生活】

についての役立つ情報を、

YouTubeで配信しています。

 

動画の方もぜひ、チェックしてみてくださいね!

 

◆◇◆家族と自分の健康を守る食事のコツ◆◇◆

>>【無料】人生100年、健康でいるための食生活をチェックする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事