つらい花粉症の治し方〜花粉症の悩みを解決するためのポイント2つ

花粉症の時期になりましたね!

 

つらいつらい花粉症。

 

鼻がムズムズするし、目はかゆいし、

仕事に集中できない!!という人も多いのではないでしょうか。

 

花粉症はなぜなるの?


ミーナ
そもそも、どうして花粉症になるのかな?

 

考えていきましょう^^

 

現代人は、体の中に有害なものがたくさんたまっています。

 

排気ガスや食品添加物、農薬はもちろん、

糖質のとりすぎも体に有害です。

 

 

これらの有害な物質が全身の細胞にたまっています。

 

全身の細胞にたまっている老廃物と、体にたまった花粉のアレルギー物質が反応し合って、

花粉症になるのです。

 

花粉症は治る?

体の中の老廃物を出すことができれば、花粉症は改善されます。

 

(人によって完全に治る人と、症状が弱くなる人など

個人差はありますが)

 

 

花粉症の薬を飲んでも根本的な解決にはならない

よく「花粉症の薬」がありますが、

薬を飲んでいても改善はされないんですね。

 

薬は無理やり鼻水を抑えているだけで、

たまった毒を出しているわけではありません。

 

つまり、表面に出てくるものを抑えているだけで、

根本的な解決にはなっていないわけです。

 

 

花粉症を治す方法は2つある


1)短期的に治すならファスティング

まず一つ目が「ファスティング」

 

ファスティングというと「断食」「食べないこと」のイメージがあると思いますが、それは間違いです。

 

約一週間の間、消化がよく栄養価の高いものを吸収することによって、毒を出すのがファスティング。

 

 

ファスティングは、5日間〜1週間かけて行うのが一般的です。

 

消化にいい食べ物やサプリメントを中心に食べて

固形物をあまりとらないようにする。

 

ファスティングは自己流でやると危険

自己流でのファスティングは危険を伴います。

 

専門家の指導が必要なうえ、会社員だとファスティングの機会が作るのがなかなか難しいと思います。

 

ファスティング以外に、花粉症の症状をよくできるポイントが、腸内環境。

 

 

2)長期的に治すなら発酵食品を食べる

 

花粉症をやわらげるには、

納豆、みそなど発酵食品を食べて腸内の環境をととのえると良いです。

 

腸は、体の中の免疫に関わります。

 

風邪にかかったときに治したり、ウィルスを殺したりするのが免疫。

 

その免疫の60%以上が腸にあると言われています。

人間の免疫はほぼ腸に集中しているということですね。

 

花粉症と腸の関係

花粉症などのアレルギー反応は腸が大きく関係している。

 

体の中に入った有害物質や、体の中にたまっている毒も、腸内環境が良い状態であれば、外に出ていきやすいです。

 

 

だから、

「花粉症になったら薬を飲むしかない」

「ゲージがたまったら手遅れ」ということではありません。

 

私は毎日甘酒を飲みます

甘酒も発酵食品ですから、腸内環境を整えます。

 

3種類の甘酒を飲み比べてみて、どの甘酒がいちばんおいしいか実験しているので、よかったら記事をチェックしてみてくださいね^^

 

 

*************

食とアンチエイジングについての役立つ情報を、

メルマガで配信しています。

良かったら登録してくださいね^^

(いつでも登録解除できます)

 

◆◇◆無料メール講座◆◇◆