【小麦粉でも肉は柔らかくなるのか?】片栗粉の代わりに、肉を焼く前に小麦粉をまぶしてみた結果

みなみ
こんにちは!料理研究家の赤石美波です!

初めての方は、こちらからどうぞ!^^

金融機関職員だった私が、なぜ3年で会社を辞めて栄養士になろうとしたのか

2017.03.01

 

 

レシピ本を見ていると

焼く前に、肉に粉をまぶす

 

と書いてあることがあります。

 

今回の記事では、小麦粉と片栗粉で仕上がりの食感を比べてみます。

 

小麦粉で本当に肉がやわらかくなるのか試してみた


 

今回作るのは、チンジャオロースー(青椒肉絲)です。

 

 

小麦粉と片栗粉で比べてみましたが、まずは片栗粉から。

 

肉+片栗粉で食感はどうなるか

【材料】

(1人分)

・ピーマン  2個(量ったら1個35gでした)
・豚こま肉  100g
・塩コショウ 少々
・片栗粉   小さじ1
・サラダ油  小さじ1
・オイスターソース 小さじ1
・醤油       小さじ1/2

 

オイスターソース:醤油=2:1

で、チンジャオロースーの味になります。

 

【作り方】

(所要時間10分

(作業が速ければ5分でも可能。)

 

1)ピーマンは、ヘタと種を取って薄切りにします。

 

豚肉はビニール袋に入れ、

塩・こしょうと片栗粉を入れて揉み込みます

 

 

2)フライパンに小さじ1の油を入れて熱する。

 

 

3)1)の豚肉を入れて中火で炒める。

 

豚肉は生では食べられないので、色が変わるまで炒めましょう。

 

4)ピーマンを入れて1分ほど炒めます。

ここでポイント。

 

炒め物は「焼き付ける」イメージなので、

 

さいばしで触りすぎたり、フライパンをあおりすぎたりすると、逆になかなか火が通りません。

炒め物は、こちらの記事に詳しく書いてます。

 

あまり混ぜないで、

焦げない程度に放っておくのが、

炒め物を水っぽくせず、早く火を通させるコツです。

 

5)オイスターソースと醤油を入れて、10秒ほど炒める。

ここで全体に味をからめます。

 

李錦記のオイスターソースを使ってます。

 

 

6)お皿に盛り付けて完成!

 

美味しすぎました・・・!

ご飯がすすむね!!

 

肉+小麦粉で食感はどうなるか

【材料】

 

「片栗粉」のレシピと同じです。

(片栗粉小さじ1→小麦粉小さじ1に変更するだけです。)

 

【作り方】

 

(片栗粉の時と一緒です。

片栗粉が小麦粉に変わるだけ。)

 

実際に試食してみた


【片栗粉をまぶした肉】

 

柔らか〜い!!

とてもふっくら、柔らかに仕上がってます。

こちらはもちもちした食感。

 

【小麦粉をまぶした肉】

 

小麦粉の場合、片栗粉のもちもち感はありませんが、

柔らかさは同じくらいで、

表面は少しカリッとしていました。

 

肉をやわらかくするにはどちらがいいのか

 

片栗粉は、やわらかくもちもちした食感。

小麦粉は、やわらかですが、表面はカリッとします。

 

片栗粉の方が、よりもっちりとやわらかく仕上がった感じがします。

 

 

私のイメージだと、

和風や中華には片栗粉を使い、

(片栗粉=もちもち)

 

洋風には小麦粉を使う感じですかね。

(小麦粉=カリッと)

 

料理に応じて、使い分けられるといいですね^^

 

 

なぜ、片栗粉をまぶすと肉が柔らかくなるのか?


 

焼く前に、片栗粉で肉の表面をコーティングすることで、

肉の水分・旨みを閉じ込め、

外に出さないようにできるからです。

 

 

この効果は、小麦粉でも同じです。

 

ただ、お肉の表面の食感に、違いがあります。

 

※この記事で出てくる「小麦粉」は、

「薄力粉」で統一しています。

 

余った分は、明日のおかずに。

タッパーに入れて冷蔵庫で保存です。

 

よかったらチンジャオロースー、

片栗粉または小麦粉を使って、このレシピで作ってみてくださいね^^