知ったら食べたくなる!ケタ違いに栄養価の高い野菜「モロヘイヤ」

スポンサーリンク




こんにちは。栄養士のminaです。

 

モロヘイヤって、栄養価がめちゃめちゃ高いんです。

 

モロヘイヤの意味

 

エジプトが原産のモロヘイヤ。エジプトでは、アラビア語が話されています。

 

モロヘイヤはアラビア語で「王様の野菜」という意味だそうです。

(「王様だけのもの」という意味もあるんだとか。王家ブランド確立してますね。)

 

 

モロヘイヤは、砂漠地帯でもちゃんと育つ貴重な野菜として、エジプトではなんと5000年以上も前から栽培されてきました。

 

その名の由来の通り、「王様の病気の特効薬」として大事にされ、また「美容に効果がある」としてクレオパトラも大好きだった野菜と言われます。

 

日本ですぐに広まったモロヘイヤ

日本にモロヘイヤがやってきたのは1980年代。

 

mina

最近の話ですね!

 

そう、昔から日本にはなく、エジプトから最近来た野菜なんですが、まず、ケタ違いに栄養価が高いんです。

 

しかも、育てるのも簡単なので、注目を浴び、あっという間に全国に広がりました。

 

 

注目すべきは栄養価の高さ

モロヘイヤは、カロテンの含有量が野菜の中でトップ

 

ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEも豊富で、特にビタミンB2はほうれん草の約20倍

カルシウムは7倍と言われています。

 

 

また、包丁で切ったときに出るぬめり成分の正体は、ムチンやマンナンなどの多糖類

 

 

血糖値やコレステロールの上昇を抑えるはたらきにより、糖尿病や動脈硬化に効果があると言われています。

 

 

ムチンは、胃腸などの消化器官や目などの粘膜を守り肝機能を高めるはたらきがあるんですよ。

 

調理と組み合わせのコツ

葉や茎などを、おひたしなどで食べるのが一般的ですよね。(茎は少し硬いですが)

 

モロヘイヤのもつカルシウムの吸収を助けるのがビタミンDです。

 

ビタミンDはきのこ類に多く含まれるので、しめじやじゃこをおひたしに加えて食べれば、骨粗鬆症予防も効果があるんです。

 

 

包丁で叩いてねばりを出し、同じネバネバ系の食品の納豆や山芋との組み合わせも、スタミナ強化に最適です。

 

 

モロヘイヤ専用の包丁「マハラタ」

 

mina

モロヘイヤ専用の包丁・・・??気になる!

 

これですっ!!これ。

名前は「マハラタ」

 

mina

はじめて聞きました!「マハラタ」。

 

たぶん、両側を持って、モロヘイヤをこま〜かく刻むんでしょうね。こんなのが家にあったらちょっと怖いですね。

 

 

エジプトの家庭にはあるそうですよ。モロヘイヤを細かく刻んで、スープにして食べるみたいです。

 

 

↓この本、モロヘイヤ以外にも野菜のことが詳しく書かれていて、明日からの料理に使えそうな知識がまとまっています。私も一冊持っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事