【毎日かき混ぜなくてOK】ぬか漬けを超簡単に作る方法

スポンサーリンク




こんにちは。ぬか漬け大好きな赤石美波(@mina37_37_)です😊

 

 

「最近肌の調子が悪いなあ・・・」

「風邪を引いてばかり。免疫力が落ちているのかも」

「ダイエットしてるから、ご飯減らしてサラダを食べなきゃ」

 

こんな悩みってありませんか?

 

レタスやきゅうりなどの生野菜を切って、ドレッシングをかけてサラダにしたり、レンジで温めて温野菜サラダにしたり・・・。

 

健康になるなら「サラダ食べる!」という人が多いのではないかと思います。

 

 

でも、せっかく野菜を食べるなら、もっと効率よく栄養素の補給ができる食べ方をしてみませんか?

 

生野菜サラダよりも効率よく栄養素が補給できる、これが「ぬか漬け」です。

 

毎日混ぜなくていいぬか床はこちらから>>

 

毎日かき混ぜなくてもOKなぬか床

 

以前、ぬか床を一から作ったものの、毎日かき混ぜるのを忘れたり、放置してしまってりしてぬか床をダメにしてしまったことがあります。

 

今回紹介するぬか床キットは、ぬか漬け初心者の人や「毎日ぬか床をかき混ぜるのが面倒・・・」「うっかりぬか床を放置してしまう」という人におすすめです😃

 

ぬか床キットなら、ぬか漬け作りへのハードルがグッと下がりますよ👌

 

生のきゅうりとぬか漬けのきゅうりでは何が違う?



たとえば、普通のきゅうりとぬか漬けにしたきゅうりの乳酸菌とビタミンB1を比べると、こんな結果になります。

生のきゅうり ぬか漬けにしたきゅうり
乳酸菌 100以下 2200万
ビタミンB1 0.02以下 0.35

 

見ての通り、ぬか漬けにすることによって乳酸菌やビタミンB1がたくさん摂れるんですね。

 

 

ただ生野菜サラダを食べるよりも、効率よく野菜の栄養素を取り入れられる、というわけなんです。

 

簡単に作れる天然酵母入りぬか床セットのサイトはこちらから>>

 

体を内側から美しくするのがぬか漬け


ぬか漬けは、日本の伝統的な発酵食品です。

 

発酵食品は、健康や美容に良い成分がたっぷりと含まれているので、少しずつでも毎日取りたいですよね。

 

健康や美容をサポート

 

ぬか漬けの特徴は、何といっても乳酸菌がたっぷり含まれているところ。

 

「乳酸菌」というと、ヨーグルトを思い浮かべると思いますが、ぬか漬けにもたくさん入っているんですね。

 

 

 

同じ乳酸菌でも、ヨーグルトやチーズの乳酸菌は「動物性乳酸菌」ぬか漬けには「植物性乳酸菌」が入っています。

 

 

 

動物性乳酸菌が生きられる環境が限られ、腸までたどりつかないものが多い一方で、植物性乳酸菌は丈夫で他の菌と共存することができ、生きたまま腸に届くと言われています。

 

 

 

ただし、動物性乳酸菌は腸に届く前に死んでしまっても、その死骸が腸内細菌(善玉菌)のエサになるので、まったく意味がないわけではありません👌

 

 

善玉菌である乳酸菌が足りなくなると、腸内環境は悪化します。

 

腸内環境が悪くなると、体の中に毒素が増え、血のめぐりが悪くなって代謝が低下し、免疫力が下がってしまいます。

 

だから、食事から乳酸菌を補うことが必要なんですね😃

 

ぬか漬けのことをもっと詳しく見てみる>>

 

野菜を生で食べたらもったいない?

ぬか漬けにすることで野菜自体の栄養素、特にビタミンB1の含有量がアップするのも特徴の一つ。

 

 

 

ビタミンB1は糖質代謝を助ける(エネルギーをうまく作る)働きがあり、足りなくなるとエネルギーが効率的に使われません。

 

 

 

エネルギーが効率的に使われなくなるということは、結果として太ったり、疲れを招いたりします。

 

ぬか漬けなら野菜に含まれる食物繊維やビタミン、ミネラルも摂れるので、不足しがちな栄養素を補うこともできるんですね。

 

 

天然酵母入りぬか床セットを見てみる>>
 

 

ぬか漬けを食べた方がいい理由3つ




1、腸内環境が整う

ぬか漬けには、酸に強い植物性乳酸菌が豊富です。

 

乳酸菌が不足して腸の働きが低下すると、血行が悪くなり、細胞に元気がなくなったり、免疫力が下がってしまったりします。

 

 

2、ビタミンB1がダイエットを助ける

 

ぬか床につけこむことで、野菜がぬかに含まれているビタミンB1をたっぷり吸収します。

 

ビタミンB1が足りなくなると糖質がうまく代謝されなくなり、疲れやすくなってしまうので、しっかりと補いましょう。

 

 

 

3、食物繊維や微量栄養素も補える

 

ぬか漬けにしたとしても、野菜自体に含まれている栄養素はしっかり残っているので、

 

食物繊維、ビタミン、ミネラルなど、現代の日本人に不足しがちな栄養素が補えます。

 

 

 

ぬか漬けは健康や美容の味方



「国産熟成ぬか床でおいしいぬか漬づくり」は、ぬか床を作るときに天然酵母をたっぷり(一般のぬか床に比べ、約240倍)入れるので、面倒な「捨て漬け」などの作業を省くことができ、届いた次の日からおいしいぬか漬けが食べられます。

 

 

届いた次の日にはもう食べられるんです。画期的です!

 

 

 

天然酵母をたっぷり使っているから、早くぬか漬けができるんですね。

 

 

また、天然酵母も、空気や水がきれいな伊豆の天城山で採った生酵母を、みかんに付けて作ったものなので、ぬか独特の匂いを消すことができます。

 

 

 

天然酵母ってなに?

酵母とは、自然界のいろいろな場所に存在している菌類で、みそ、お酒などの発酵食品を作る際に使われます。

 

 

大量生産用に工業的に作られた酵母に対し、自然界にある酵母を時間をかけてそのまま培養したものを「天然酵母」と言います。

 

 

 

捨て漬けってなに?

新しくぬか床を作る際、ぬかの発酵を促すために野菜をつけこむこと。

このとき漬けた野菜は食べずに捨てることになるため、「捨て漬け」と呼ばれています。

 

普通は、捨て漬けを何回か繰り返し、7〜10日ほど時間を置くと、ぬか床が完成します。

 

。。。と、ぬか漬けが完成するまでの間にも、かき混ぜたり捨て漬け用の野菜を漬け込んだりして、手間がかかります。

 

 

まあ、その手間を楽しむのも一つの選択ですが、「できるだけ手間を省きたい!」という人もいますよね。

 

 

 

私が今回紹介しているぬか床キットなら、 この「捨て漬け」の作業がいらないんです。もう届いた次の日からぬか漬けが食べられます。

 

 

 

 

簡単「ぬか漬け」を自分で作ってみよう!


早速、商品が届いたので作ってみました。

 

 

用意するもの

天然酵母入りぬか床セット
・混合ぬか……………1袋
・天然酵母……………1袋
・専用ジッパー袋……1袋
水 ……………………250ml

 

 

1)専用ジッパーに付属の混合ぬかを入れ、水400mlを加えます。

 

ジップ付きの袋、混合ぬかの入った袋、みかんの天然酵母。これが送られてくるものです。

 

 

水にもこだわりたいので、愛用中の霧島天然水【のむシリカ】を使いました。

ミネラルたっぷりです。

 

 

水が400ml必要ですが、うちの計量カップは300ml・・・ということで、2回に分けて加えました。

 

 

 

2)袋の外から両手で揉むようにして、混合ぬかがしっとりするまで混ぜます。

 

 

ここでよくよく混ぜましょう。

 

 

3)次に「みかんの天然酵母」を加え、袋の外からしっかりともみ込み、みそくらいの硬さにします。

 

 

4)好きな野菜を入れ、ぬかが密着するよう軽くもみ、袋の空気を抜いてジッパーを閉じます。

 

 

私はきゅうりを漬けました!

 

 

色が白くなってますが、こういう品種です。「ブルームきゅうり」といって、漬け物に向いてます😃

 

きゅうりは、私は間違えてそのまま漬けてしまいましたが、両はしを少し切ってから漬けた方がいいようです。

 

 

 

ちょうど2本あったので、2本とも漬けました。

 

 

冷蔵庫にパプリカの余りがあったので、これも細長く切って漬けました☺

 

 

欲張りですが、まだ漬ける余裕がありそうなので、ナスも!

 

ちなみにナスは、またも間違えてまるまるそのまま漬けてしまいましたが、縦半分に切ってから漬けた方がいいみたいですよ!😃

 

 

 

野菜の漬け方に関しては、一緒についてくる資料に詳しく書いてあります🔎

 

作り方も写真付きで書いてあるので安心✨

 

 

全部浸かりました〜🎶

 

 

変わり種ですが、アボカドなんかを入れてもおいしいみたいです。

 

 

漬けた次の日から食べられます

 

24時間後・・・

 

冷蔵庫から出すと、こんな感じでした。

 

 

ちょっと水が出てきているので、キッチンペーパーで拭き取ります。

 

 

さっそくジップ付き袋を開けて、中に入っているきゅうりを取り出していきます。

 

 

ぬかを洗い流して、きゅうりを切っていきます。

 

 

ぬか漬けだ〜!!

きれいに漬かっていました^^

 

 

パプリカもいい感じ。

 

 

色がきれいですね!クリスマスカラーです。

 

 

最後になす!!

 

 

野菜を取り出すとき、トングがあると便利ですよ👌

 

 

なす、きゅうり、パプリカの3種類をお皿に盛り付けてみました。

 

残ったものは、野田琺瑯のタッパーに入れて冷蔵庫で保存しました。すごくきれいなぬか漬けたち・・・。

 

野田琺瑯は酸や油にも強く、汚れも落ちやすいので愛用しています🎶

 

ぬか漬けキットを詳しく見てみる>>

 

 

ぬか漬けQ&Aコーナー




よくある質問

Q,ぬか床は毎日かき混ぜないとだめ?

A,一週間程度ならかき混ぜなくても大丈夫です!

このぬか床キットは天然酵母の力が強いので、1週間程度はそのまま冷蔵庫に保存すればOKです。

その際、野菜をのぞき、パックの中にたまった水分は十分に取り、空気を抜き密閉してください。

 

ただ、おいしさを維持させるには袋の上から毎日少しでも揉み込むといいですね!毎日もまなくても大丈夫ですが、やっぱりできるなら揉み込んだ方が、おいしくなるようです。

 

 

Q,ぬか床から出た水分はそのままにしておいても平気?

A,キッチンペーパーで吸い上げましょう。

 

水分が多くなると、雑菌が繁殖しやすくなるので、余分な水分はこまめにキッチンペーパーで吸い上げてください。

また、ぬか床が緩くなった場合は、混合ぬかを足すか、乾燥しいたけを1〜3枚入れて水分を吸わせ、みそくらいの硬さに調整してください👌

 

 

Q,浸かるのに時間がかかるようになったら?

A,小さじ1杯の塩を足してください!

 

ぬか床の塩分が不足しているのかもしれません。

小さじ1杯の塩を加え、袋の上からよく揉みこんで野菜をつけてみてください😃

 

それでも物足りないようなら、小さじ1杯ずつ、量を加減しながら足していき、好みの味に調整していきましょう。

 

 

Q,ぬか床の表面に白い幕が出てきたけど大丈夫?

A,酵母菌の一種なので問題ありません。

白い幕は「産膜酵母」という酵母菌の一種なので、うっすらと膜が張った状態なら、ぬか床に混ぜ込んでしまって大丈夫です。

 

ただし、赤や緑、黒の斑点の場合はカビなので、スプーンなどで周りのぬか床ごと取り除きましょう。

 

 

Q,嫌なにおいがしてきたらどうすればいい?

A,雑菌の繁殖が考えられます

嫌な匂いの原因は水分の増加と塩分不足による雑菌の繁殖が考えられます。

 

小さじ1杯の塩を加えて混ぜ、密封して冷蔵庫で2〜3日休ませましょう。それでもにおいが解消しなければ、新しいぬか床に交換してください。

 

 

Q,しばらく留守にするのですが?

A,天然酵母の力が強いので、1週間程度はそのまま冷蔵庫保存でOK。(その際、パック内の水分は十分に取り、空気を抜き密閉してください)

 

 

と、こんな感じで、一般的なぬか漬けに比べてすごく手入れが簡単で、作るのにも手間がかかりません。

 

1ヶ月くらいで寿命が来るのは難点ですが、別の視点から見れば衛生的です✨

 

まずはこのキットで試してみて、慣れてきたら本格的なぬか漬け(自分で一から作るもの)に挑戦してもいいかもしれませんね!😃

 

天然酵母のぬか床キットはこんな人におすすめ

 

  • ぬか床の管理が面倒
  • 毎日かき混ぜるのを忘れてしまう
  • 簡単にぬか漬けを作りたい
  • なるべく手間のかからないぬか漬けを作りたい

 

ぜひぜひ、ぬか漬け初心者の方や、前に挫折してしまった方は、このキットを使ってみてください☺

 

超簡単に作れるぬか床キットの注文はこちらから>>

 

 

*************

食とアンチエイジングについての役立つ情報を、

メルマガで配信しています。

良かったら登録してくださいね^^

(いつでも登録解除できます)

 

◆◇◆無料メール講座◆◇◆