おにぎりとおむすび、握り飯の違い

こんにちは。ミーナです。

最近、お米券をもらいました。

私はお米が大好きなので、ニヤニヤしてしまいました^^

 

これでお米がたくさん買える!!♪( ´▽`)

 

(お米はあっさりしたササニシキが好きなのですが、

ササニシキの先祖の「亀の尾」にも興味があるから注文してみようかな。)

お米を食べる文化の国は数多くありますが、

熱いごはんを手で握ったおにぎりを食べるのは、日本だけの文化だそうです。

 

それだけに、日本人にはおにぎりに独特のこだわりがあるようです。

どんなこだわりか、ちょっと考えてみてください^^

 

 

それは、おにぎりの「呼び方」です。

 

◆おむすびは御所の女官用語◆

 


 

おにぎり、おむすび、にぎり飯などと、

いろいろな呼び方があるのも、

日本人とお米との深い歴史的・文化的関わりがあるからではないでしょうか。

 

 

では、どうして呼び方が分かれたのでしょう。

おむすびは、御所(天皇の住むところ)に勤めた女官たちが用いた言葉です。

 

 

両手を結んで飯を握ることを、

ちょっと気の利いた言葉で表現したのです。

 

 

その語源は「神結び」から来ていて、

人が両手に米粒を持ち、

それを心を込めて結ぶという意味とも言われます。

 

 

したがって、「おむすび」の芯には必ず

「御霊(みたま。神様の霊に対する敬称)」としての具をいれ、

具のないおむすびは存在せず、ただの「にぎり飯」である、

という話もありますが、定かではありません。

 

 

…おむすびの具は神様の魂。

定かではないにしても、この逸話を聞くと、

「おむすび」に敬意をこめて、感謝の気持ちで食べたくなりますよね^^

 

◆握り飯とおにぎり◆


 

握り飯は、ご飯を握る動作から生まれた言葉で、

お寿司の「にぎり」などと同じような語源です。

 

 

江戸時代、寿司飯を片手で軽く握り、具を乗せた「にぎり」は、

江戸で働く忙しい男たちのファーストフードでした。

 

(お寿司って、もとはファーストフードなんですね!)

 

 

 

同じ語源の握り飯は、

戦場で駆けまわる忙しい男たちが、

弁当(「当座に便利」の中国語から生まれた言葉)に食べたのもで、つまりは男言葉です。

 

 

そして、おにぎり

これは、握り飯の丁寧語。

荒っぽい男言葉を、優しくオブラートに包んだものです。

 

 

いかがでしたか?

食べ物の名前の由来や歴史、

日本人が呼び名にこめた思いを知ると、

なんだかお米が食べたくなってきませんか?

ぜひ、普段パン食の方も、この機会にお米を食べてみてくださいね。

 

*************

和食とアンチエイジングについての役立つ情報を、

メルマガで配信しています。

良かったら登録してくださいね^^

◆◇◆無料メール講座◆◇◆