子どものおやつにも!おいしくて簡単にできるおやき5選

みなみ
こんにちは!料理研究家の赤石美波です!

 

赤ちゃんが自分で食べられる、「手づかみ食べ」に最適なおやき。

今回の記事では、野菜を使ったおやきを5つを考えました。

 

なぜ、「手づかみ」が必要なのか?


 

赤ちゃんが、離乳食を食べ始めるのは、

個人差もありますが、

生後5〜6ヶ月になり、支えればおすわりができるようになってから。

 

最初は液体に近いものを。

飲み込めるようになったら、固形にしていきます。

 

1才〜1才6ヶ月頃には手づかみ食べをスタート。

(個人差があります)

 

最初からスプーンを持たせるのではなく、

まず手づかみで食べさせます。

みなみ
どうして、手づかみ食べをする必要があるのかな?

 

手づかみ食べは、目と手と口の協調運動です。

 

赤ちゃんの脳の発達の証でもあるので、

積極的に手づかみメニューを取り入れることが大切です。

 

手づかみ食べを経験させることで、

赤ちゃんは自分の「一口量」を覚えます。

 

食べている途中で、口の中に食べ物を詰め込みすぎてむせたり、

こぼしてしまったりすることもありますが、

こういったことも全て学習です^^

 

お母さんは、赤ちゃんが自分で食べる姿を見守ることが大切。

タイミングを見て、スプーンを口に運んであげる程度にしましょう。

 

*手づかみ食べに適しているもの*

・おにぎり

・5センチくらいの長さのスティックきゅうり

・サンドイッチ

 

などなど。

 

小さなおやきもいいですね!

 

今回は、おやきを5種類作ってみました。

 

手づかみ食べにおすすめのおやき5選


1、小松菜とかぼちゃのおやき

かぼちゃを柔らかく潰したものに、

茹でて細かく刻んだ小松菜とにんじん、

それから片栗粉、牛乳を少し加えて全体を混ぜます。

 

少量の油をフライパンに引き、

弱火で両面を焼いて完成です。

 

2、にんじんと小松菜のおやき

材料は、にんじん、小松菜、じゃがいもです。

にんじんと小松菜は、茹でたものを細かく刻みます。

じゃがいもは、茹でてからつぶします。

じゃがいもに粘り気があるので、片栗粉を入れなくても生地がまとまります。

フライパンに少し油を引き、弱火で両面を焼いて完成。

 

 

3、かぼちゃと豆腐のおやき

かぼちゃを柔らかく茹でるか、電子レンジで加熱してつぶします。

絹ごし豆腐と片栗粉を加えて混ぜます。

1、2と同様に焼いて完成。

4、ひきわり納豆と高野豆腐のおやき

 

意外な組み合わせですが、タンパク質が取れる上に、おいしいです。

まずは、ひきわり納豆をお湯につけて粘りを少し取り除きます。

 

高野豆腐は、水で戻さずにおろし金を使って細かくします。

水気を切ったひきわり納豆と片栗粉を加えて混ぜ合わせます。

 

同様に、フライパンで焼いて完成。

 

 

 

5、コーンフレークとにんじんのおやき

コーンフレークは、牛乳につけて柔らかくふやかします。

にんじん、かぼちゃのマッシュ、片栗粉を加えて混ぜてから、

同様にフライパンで焼いて完成です^^

 

 

コーンフレークは、牛乳でふやかしたので

柔らかくなっていて、食べやすいです。

 

 

おやきの硬さはどのくらい?

 

つなぎが多めの肉団子くらいの硬さで、

歯茎で潰して食べられるくらいが良いです。

 

歯茎で噛める硬さに調理しましょう。

 

こちらでご紹介したおやきも、

焼きすぎて硬くならないようにした方が良いです。

 

焼いたおやきを食べない場合は「蒸す」おやつ


 

 

焼いたものはなかなか食べてくれない!という場合は、

かぼちゃやじゃがいもの茶巾絞りのように、

電子レンジで温めたり、蒸した柔らかいものだと食べてくれることが多いです。

 

フライパンで焼いたおやきが苦手な子には、

調理法を「焼き」ではなく「蒸し」にすると良いでしょう。

 

子どもの一口大の大きさから「手づかみ食べ」を始めて、

 

スティック状→一口大×4くらいの大きさに移行していくと良いでしょう。

 

 

***********

いかがでしたか?

ピンときたものがあれば、ぜひ試してみてくださいね^^