酒粕を料理に使うコツ【おすすめレシピ3選】

スポンサーリンク




こんにちは。栄養士のminaです。

 

酒粕を普段の生活に取り入れてみたいけど、どうやって料理に使えばいいのかわからない・・・。

 

そう考えたことはありませんか?

 

私も、酒粕をどう使えば良いのかわからなかったので、いろいろと試した結果、活用しやすいものを見つけました。

 

それはこの3つです。

 

  1. 味噌汁に入れる
  2. 鍋物に入れる
  3. 西京焼きに使う

 

それぞれ順番に紹介していきますね。

 

 

酒粕を料理に使うコツ【おすすめレシピ3選】

1)味噌汁に入れる

普段作る味噌汁に、味噌と一緒に酒粕も溶き入れましょう。味噌を入れずに、酒粕だけを溶き入れても大丈夫です。

 

これだけで簡単!お味噌汁なら、溶くだけなので手軽にできますよね。

 

>>酒粕入り豚汁の作り方

 

2)鍋に入れる

鍋料理の日に、少し鍋に入れてみましょう。

 

私はたくさん入れるのが好きですが、あまり入れすぎるとお酒臭くなるので、味見をしつつ好みの量を入れてみてくださいね。

 

>>酒粕鍋のレシピはこちらから

 

3)粕漬け(西京焼き)

西京焼きは本当におすすめです。おいしい。

 

特に私のおすすめはぶりです。ぶりを買ってきたら、酒粕に一晩つけて焼いてみてください。

 

ちなみに、お肉を漬けてもおいしいですね。豚ロース肉など、厚めの肉がいいと思います。

 

>>レシピはこちらから

 

おまけ:ホットドリンク

酒粕ときなこの豆乳ラテ

材料は、酒粕、きな粉、豆乳、はちみつ(きび砂糖)。

作るのに少し手間がかかりますが、材料を混ぜるだけなのでわりとすぐに作れます。

 

レシピはクックパッドに載せているので、興味のある方は作ってみてください。

 

>>レシピはこちらから

 

酒粕の抹茶豆乳ラテ

 

抹茶を入れてもおいしいんですよね。私のお気に入りです。

 

>>レシピはこちらから

 

 

いかがでしたか?

酒粕を使った料理を紹介しましたが、ぜひ自分なりのアレンジ方法を見つけてくださいね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事