知ったら料理に使いたくなる!〜美容にも良い酒粕を料理に使うメリット3つ

スポンサーリンク




こんにちは。ミーナです。

 

最近酒粕が気になっているんだけど、

料理に使うとどんないいことがあるんだろう…?

 

そんな疑問がありませんか?

 

今回は、知ったら使いたくなる、

酒粕の料理への効果についてお話します^^

 

 

酒粕を料理に使うメリット3つ


(1)うまみがアップし、風味が良くなる

酒粕を料理に使うと、

少ない量でもうま味やコクが増し、

味わいに深みが生まれます。

 

(実際やってみたんですが、肉を漬けたりすると、

めちゃめちゃおいしくなります)

 

これは酒粕に含まれる

アミノ酸によるものと考えられます。

 

 

さらに、

酒粕に含まれる糖分とたんぱく質が反応し、

独特の香ばしい香りとなります。

 

これにより風味が増し、

おいしさが引き立つのです。

 

(2)肉がやわらかくふっくら

酒粕を使うことで、

とにかく肉がやわらかく仕上がります。

 

特に、かたまり肉の煮込み料理や下味に使うと、

効果が絶大!^^

 

煮込み時間が短くでき、

仕上がったときも、そして冷めてからも

やわらかな状態が保たれます。

 

ちなみに酒粕は、

酒をしぼったあとの残りかすですよね。

 

酒が作られるときは、が原料として使われます。

 

 

この麹が、たんぱく質分解酵素を持っているため、

肉(たんぱく質)がやわらかい状態になる、

ということなんですね。

 

 

酒粕パワー、恐るべしです。。。

 

 

(3)食品の日持ちがよくなる

酒粕は冷蔵庫で長期間の保存ができます。

風味のことを考えなければ、数年の保存も可能。

 

 

すごいですね。。。数年も保存できるなんて。

さすがは発酵食品です。

 

 

これは発酵由来の有機酸に、

腐敗の原因となる微生物を排除し、

菌が増えるのを抑える効果があるからです。

 

 

そのため、特に酒粕に漬けてある食品は、

通常よりも日持ちが良くなります。

 

動画でも酒粕料理の作り方を配信中

 

ちなみに、動画配信もしています。

チャンネル登録、お待ちしています^^

 

 

 

いかがでしたか?

酒粕を料理に使うメリットがたくさんあることを

少しでも感じていただけたら、嬉しいです^^

 

酒粕レシピの本。私も手元に置いています。

 

 

酒粕をまずは少し試してみようかな…という方はこちら。

 

*************

和食とアンチエイジングについての役立つ情報を、

メルマガで配信しています。

良かったら登録してくださいね^^

(いつでも登録解除できます)

 

◆◇◆無料メール講座◆◇◆