おやつを食べるなら何時がいいのか

こんばんは。赤石美波です。

 

今日もおやつにくるみを食べました。

(くるみをカバンに常備してます)

 

今回は、おやつを食べる時間について。

 

甘いおやつは15時に食べると

いちばん脂肪になりにくいんです。

 

同じものを食べていても、食べる時間によって太り方が違う?

「時間栄養学」という言葉を知っていますか?

 

これは、食事をとる時間によって

体への吸収率が異なることを研究するものです。

 

たとえば、

体に脂肪をせっせと蓄える

BMAL1(ビーマルワン)というたんぱく質があります。

 

このBMAL1は、

時間帯によって出る量が違います。

 

BMAL1がいちばん出るのが、

22時〜午前2時まで。

 

この時間帯は、

食べたものがいちばん吸収されやすい時間帯です。

 

 

残業で長くオフィスにいる人は

おやつの量も多くなりがちでは。

 

同じものを食べていても、

昼と夜では吸収率がまるで違います。

 

甘いものを食べるなら15時より前に

22時以降になると、

脂肪を蓄えるたんぱく質は

昼間よりも20倍も多く出ています。

 

「甘いものは3時までなら大丈夫なのか」

と希望がわくかもしれませんが、

 

 

朝起きて光を浴びる時間や

朝ごはんの体内時計が乱れている人は、

 

この時間帯に食べても太る可能性がありますので、

体内時計を正しくセットすることも意識しましょう。

 

よく「お肌のゴールデンタイム」と言うけれど

 

「肌を美しくする成長ホルモンの分泌がピークになるのは

22時〜午前2時。この間に寝ましょう」

 

というのは実は誤り。

 

これが正解です。

 

まとめ

今回の記事をまとめるとこういうことです。

 

 

おやつを食べる時間。

ぜひ意識してみてくださいね!

 

 

*************

食とアンチエイジングについての役立つ情報を、

メルマガで配信しています。

良かったら登録してくださいね^^

(いつでも登録解除できます)

 

◆◇◆無料メール講座◆◇◆