【口コミ】美髪にはこれ!塩素が除去できるシャワーヘッド「トレシャワー」を使ってみた感想

こんにちは。浴びる水には人一倍気を使っている赤石美波(@mina37_37_)です😊

 

普段お風呂で使うシャワー。何気なく毎日浴びていますよね。

 

髪の毛を洗ったり、体を洗ったり・・・。毎日の生活に欠かせません✨

 

 

 

でも、シャワーの水に含まれている塩素が、薄毛の原因になっているのだとしたら・・・

 

塩素が、髪や肌を痛めているとしたら・・・

 

ちょっと怖い話ですよね。😯

 

 

塩素のせいで毛が薄くなるのはいやです・・・・(汗)!!

 

 

でもこれ、シャワーヘッドを変えるだけで防げるんですよ。やってみるとすごく簡単。

 

私は、『55歳のハゲてた私が76歳でフサフサになった理由』という本を読んだのがきっかけで、シャワーヘッドを取り替えることにしました。

 

シャワーヘッドをつけかえてみた感想




ちなみに私が買ったのは、このシャワーヘッドです

 

 

かかる費用は950円の月額レンタル費用のみ!
いつまでも最高品質のお水で!浄水シャワー

色は、ブルーもあるみたいなのでチェックしてみてください。

 

 

私はピンク色のシャワーヘッドを選びました🎶

 

 

塩素除去タイプのシャワーヘッドを買ったタイミングで、同じ会社からレンタル浄水器(右)も買いました。

 

 

 

 

シャワーヘッドは、取扱説明書を見ながら組み立てましたが、機械音痴の私でも3分ほどでできました。

 

やる前は「難しそう〜、、、」とか思うんですが、いざやってみるとめちゃめちゃ簡単にできます✨

 

 

これが取りかえたあとの写真です😃

 

少し頭でっかちな感じはありますが、使いやすさは抜群。

 

ちなみにもとのシャワーヘッドはこちら。↓

 

なんだか・・・首が取れてしまったみたいで、ちょっとかわいそうな感じです・・

 

ちなみに、ゴム手袋をしているのは、シャワーヘッドを交換するときにすべりにくいと、説明書に書いてあったからです😃

 

 

比べるとこんな感じです。かなり大きさが違いますね。

 

 

塩素が除去できる「トレシャワー」は、浄水と原水の切り替えもできるので、

 

お風呂掃除のときは原水、髪の毛や体を洗う時は浄水、というように、必要に応じて使い分けることができるのも嬉しいポイント。

 

水圧も、前のシャワーヘッドよりも優しくなり、毎日癒されています☺

 

シャワーヘッドを変えたことで、安心して毎日シャワーが浴びられるし、何よりシャワーを浴びるのが楽しくなりました✨

 

なぜ、シャワーヘッドをわざわざ付け替える必要があるのか?




水道水の塩素は髪にかなり悪い

髪と頭皮によくないと言われているのが、水道水に含まれる塩素です。

 

日本の水道水は、法律で「0.1ppm以上の濃度(塩素濃度)を保つ」ことが法律で定められています。

 

つまり、家庭の蛇口から出る水には、必ず0.1ppm以上の塩素が含まれている、ということになりますね。

 

 

 

東京や大阪などの大きな都市では、1ppm以上の観測結果が出ることが多いとも言われています。(基準の10倍以上・・・!)

 

 

浄水場から近ければ近いほど、塩素が濃いらしいです。

 

 

こんなに濃度の高い塩素が、毎日浴びているシャワーの水に含まれているわけですから、髪の毛が薄くならない方が不思議です。

 

 

プールよりも濃い塩素が含まれる水道水

 

子どもの頃、学校でプールに入りましたよね。

このプールに入れられている塩素で、目が真っ赤になったり皮膚がかゆくなったりしたことはありませんか?

 

 

プールに入れる塩素は、「0.04ppm以上の濃度」と決められています。

 

———————

 

では、ここで比べてみましょう。

 

さっきも書いた通り、日本の水道水の塩素濃度の基準は「0.1ppm以上」。

 

 

つまり、プールの基準より高い濃度で塩素が含まれている可能性のある水(シャワー)を、私たちは普段シャンプーするときに使っているということになりますよね。

 

これが、どれほど髪や頭皮の刺激になるのか、考えたことはありますか?

 

水道水の塩素で大腸菌が全滅?

 

髪や頭皮の刺激になるだけではありません。

 

塩素は、もともと水道水の中にいる病原菌などを殺し、消毒するために入れられています。

(海外だと基準がもっとゆるいので、日本ほど塩素が含まれていません)

 

 

そのため殺菌効果がかなり高く、日本の水道水の基準である「0.1ppm」の濃度では、わずか1分半で大腸菌が全滅すると言われています。

 

菌とは言えど生き物。この生き物が全滅・・・ですよ、全滅。こわっ。。。

 

 

 

そのため、毎日塩素が入った水で髪の毛を洗っていると、頭皮にいる善玉の常在菌(体にとって有益な菌)を殺してしまい、頭皮の環境が悪化してしまうんです。

 

水道水の中にいる菌が死ぬ=頭皮にいる菌も死ぬってことですからね😅

 

 

塩素は一瞬で髪の毛や頭皮に吸収される

 

水道水の塩素がどれだけ皮膚に吸収されているかに関して、こんな実験があります。

 

どんな実験かというと、水に溶かすと塩素の量に反応してピンクの色がつく、「残留塩素測定用試薬」という薬剤を使う実験です。

 

まず、水道水の蛇口から出たばかりの水に、この試薬を入れてみましょう。

 

すると、当然、水道水の水には塩素が含まれていますから、鮮やかなピンク色になります。

 

 

 

次に、カップを2つ用意します。

 

水道水をカップに入れ、一つのカップには髪の毛を10秒間浸します。

 

もう一つのカップには、指を10秒間挿し入れたままにします。そして、両方のカップの水に、この薬を入れてみます。

 

すると驚いたことに、水にはほとんどピンクの色がつきません。

 

 

たった10秒ですが、水道水に含まれる塩素が、髪の毛と皮膚(もちろん頭皮も含めて)にほとんど吸収されたことがわかります。

 

 

ちなみに、この実験の写真はこちらから見られます。

 

 

 

浄水シャワーは1分でつけかえられる!



「美しい髪でいたい」「禿げたくない」と真剣に考えるなら、

 

 

髪を洗う水からは、塩素はできる限り除去する必要があります。

 

 

といっても、塩素を取り除くのは難しいことじゃないんですね。

 

 

やることは、シャワーヘッドを塩素除去できるものに取りかえるだけです。

 


 

いったん設置してしまえば、これまでたっぷりと浴びていた塩素が取り除かれますから、その効果はかなり大きいと思います。

 

シャワーヘッドを変えただけで「かゆみがなくなった」「髪の毛にツヤとコシが出てきた」という人もいるようですよ。

 

浄水シャワーヘッドをしばらく使った人からは「前よりも髪が増えた」という声もあるようです👌

 

 

育毛剤を使うのと、シャワーヘッドを変えるのはどっちが先?

 

「育毛」「髪の毛が薄くなるのを防ぎたい」というと、育毛剤を真っ先にイメージする人が多いです。

 

でも、まだ万人に効く育毛剤がない以上、育毛剤にお金をかけるよりも毒(塩素)を浴びないことにお金をかけた方がいいと、私は思います。

 

コストも安く済みますしね!

 

 

ちなみに、塩素除去のシャワーヘッドは、タイプにもよりますが、定期的にカートリッジなどを交換する必要があります。

 

その時期だけ、忘れないようにしなければいけませんが、

 

私が今回買ったトレビーノの「トレシャワー」というシャワーヘッドは、定期的にカートリッジが届くタイプなので、「そろそろ取り替える時期かな〜」と思った時に新しいカートリッジが届く(5ヶ月ごと)から便利です✨

 

塩素除去できるシャワーヘッドはこちら>>

 

シャワーの水温を間違えると薄毛になる

特に男性に多いのが、「皮脂をしっかり洗い流すために、熱めのお湯を使っている」という洗い方です。

40度くらいの水温で洗うとスッキリするという人が多いでしょうか。

 

 

中には「朝、目がさめるように、水温を42度に設定してシャワーを浴びている」と言う人もいました。

 

しかし、髪の毛の健康を考えるのであれば、実は40度以上では水温が高すぎます。

 

どうしてかというと、お湯が熱すぎると、必要な皮脂まで流れてしまうからなんですね。

 

 

美しい髪を作るためのシャワーの水温

 

40度だと必要な皮脂も流れるから・・・といっても、「35〜36度」だと低すぎます。

 

 

頭皮には、おでこや鼻の頭の2倍の皮脂線があります。

 

そのため、ぬるすぎるお湯だと、本来はいらない皮脂まで残り、酸化した汚れがたまりやすくなってしまうんですね。

 

熱すぎても、ぬるすぎても髪の毛には良くないです。

 

髪と地肌に最適な水温は、37〜39度少しだけぬるめの水温が、髪の毛には最適と言われています✨

 

38度の水温はどのくらいなのか実際に測ってみた

 

シャワーのお湯をコップにとり、37〜39度がどのくらいに感じる温度なのか、測ってみました。

 

体感としては、「ぬるくないけど、熱くもない、ちょうどいい温かさ」かな〜という感じです。

 

体温よりもちょっと高いくらいの水温。温水プールくらいに入ったときの感じだと思います☺(たとえが難しい・・・!)

 

気になる方は、温度計で測ってみてください^^

 

 

シャワーヘッドがうまくつけられない場合

 

私の家のシャワーヘッドは、25年も前のものでしたが、付属アダプターがなくても取り付けができました。

 

シャワーヘッドによっては、付属のアダプターが必要な場合があります。

 

これは、買ったときについてきたものです。

 

最初からついてくる2つのアダプターがどちらもつかない場合、トレビーノに連絡をすると「ガスター用アダプター」を希望に応じて、向こうから送ってくれます。

 

もしどのネジ(アダプター)も合わなかった場合、30日以内なら返品ができるし、もちろん返金もしてもらえるので安心です☺

 

不安なことは、トレビーノの問い合わせセンターがあるので、そこに電話すると相談に乗ってくれます。

 

トレビーノの公式サイトはこちらから>>

 

そのまま取り付けられるタイプ

付属のアダプターなしでも、シャワーヘッドをそのまま取り付けられるのがこちら。

TOTO/KAKUDAI/SAN-EI/INAX(LIXIL)[バランス釜以外]/HVS/TBC/YUKO

 

私の家のシャワーのメーカはTOTOだったので、付属のアダプターなしでも取りつけができました。

 

 

トレビーノの浄水シャワー「トレシャワー」はこんな人におすすめ


 

私が使っている、塩素が除去できるシャワーヘッド「トレシャワー」は、こんな人におすすめします👌

・飲み水だけでなく、お風呂で浴びる水にも気を遣っている人

・肌や髪の美容に関心のある人

・アトピーなど皮膚疾患を持っている人

 

かかる費用は950円の月額レンタル費用のみ!
いつまでも最高品質のお水で!浄水シャワー

 

シャワーは毎日浴びるものなので、気を使いたいですね。

 

トレビーノのシャワーヘッドを見てみる>>

 

ちなみにシャンプーは『守り髪』というシャンプーを使っています。アミノ酸系シャンプーで、髪の毛にもダメージが少なくてすごく気に入っています。



 

 

 

*************

食とアンチエイジングについての役立つ情報を、

メルマガで配信しています。

良かったら登録してくださいね^^

(いつでも登録解除できます)

 

◆◇◆無料メール講座◆◇◆