知ったらもっと大豆を料理に使いたくなる!大豆をラクに戻す裏技

こんにちは。

大豆料理が好きなミーナです。

 

大豆は、五目ひじきに入れたり、五目豆にしたりすることが多いかな〜。

 

前回の記事では、大豆を丁寧に煮る方法について書きましたが、

 

今回は、もっと簡単に大豆を戻す方法をお伝えします!

 

 

大豆を簡単に戻す方法

 

材料

・大豆(乾物) 1袋

・お湯 1ℓくらい

・魔法瓶の容器(水筒や、口の広い容器など)

 

戻し方

 

(1)まずは乾燥大豆を用意します。

 

(2)ざっと洗って汚れを落とします。

(ほとんど汚れはないのですが、念のため)

 

 

(3)魔法瓶の容器に大豆を入れます。

本当は、もっと口が広い方が大豆が入れやすいのですが、

家に水筒と、スープジャーがあったので、この2つを使いました。

 

 

大きい容器の方が冷めにくいので、できるだけ大きな魔法瓶があるといいです。

 

あとは、口が広い方が取り出しやすいかな。

 

こんな感じのスープジャーがあると便利!

 

 

(4)お湯を注ぎ入れます。

ふちまでたっぷりと注ぎましょう。

 

 

(5)フタをして、およそ8時間放置して完成!

 

8時間後・・・

魔法瓶を開けてみると、こんな感じ。

ふっくらとした大豆が見えますね。

 

できた豆は、そのままサラダや煮物へ。

 

「今すぐ使わないけど、とっておきたい」という場合は、冷凍してしまいましょう!

 

冷蔵でもいいですが、冷凍の方がいたみにくいですね。

 

冷凍の方法はこちら。↓

 

戻した大豆の保存方法(冷凍)


ふっくらと戻した大豆を、ざるに取り出します。

 

水気を切って、バットに平らに並べ、

この状態で冷凍庫へ。

10分〜20分くらいして表面が少し固まったら、

ジッパー付きの保存袋に入れて冷凍庫で保存します。

 

保存するときの注意点

バットに並べずに、ゆでたてを保存袋に入れて冷凍すると、

大豆どうしがくっつきやすくなるので、

 

こんなふうにして一度バットに広げて表面を少し凍らせてから、保存袋に入れるとパラパラとして扱いやすくなります。

 

 

冷凍庫にあまり長く入れておくと臭いが移るので、1ヶ月以内を目安に使い切るようにしています。

 

 

**********

 

いかがでしたか?

せっかくなら水煮の大豆じゃなくて、乾燥大豆を戻してから使った方が、

取れる栄養素も多くなるし、何よりおいしいです。

 

 

時間のある休みの日などに、ぜひ試してみてくださいね^^

 

 

大豆はやっぱり国産のものが安心。

 

 

大豆を使った、栄養素たっぷりの「五目ひじき」のレシピはこちら。

知っておきたい!ひじきの戻し方と、戻し終わりの見極め方!簡単「五目ひじき」のレシピ

2017.05.29