【実体験】社会人を経験してから栄養士専門学校に入った私が語る、学校に入るメリットとデメリット

スポンサーリンク




こんにちは。赤石美波です。

 

私は、4年制大学を卒業したあと、金融機関の職員として働きました。

 

金融機関では窓口業務やローンの貸し出しの仕事などをして3年間働いてから、一念発起して栄養士の専門学校に入学しました。

 

なぜ進路を変えようと思ったのか、こちらに詳しく書いていますので、興味のある方は読んでみてください。

 

 

 

栄養士の学校に通うメリット3つ


メリット1:食の国家資格「栄養士」が取れる

栄養士は国家資格です。

よく「資格を取っただけでは意味がない」と言われますが、資格を持った人の言うことには説得力がありますよね。

 

 

たとえば、建築が好きな人は、建築のことを普通に話せるでしょう。

 

 

でも、ここに「一級建築士」という資格が加わったら、その人が語る建築の話には、より説得力が増すと思いませんか。

 

 

食と健康の専門家を名乗り、正しい食事のとり方や、健康と食の関係を人に伝えるとき、「栄養士」という資格には説得力があると、私は思います。

 

 

 

私も今、栄養士としてwebサイトの会社で、健康と食のコラムを書くライターの仕事をしていますが、募集のときに会社が「栄養士の資格を持っている人で、文章を書ける人を探している」と公表していました。

 

 

この場合、健康コラムを書く仕事は、どんなに食のことに興味があって好きな分野だったとしても、資格がなければこの仕事は受けられなかったわけですから、「栄養士の資格を取っておいてよかった」と思いました。

 

 

また、特定の施設での就職(保育園栄養士、老人福祉施設、病院など)は、栄養士の資格が必須なところがほとんどです。

 

 

将来やりたいことの内容にもよりますが、「栄養士」と名乗って仕事をしたいなら、資格は取っておいて損はないのかなと思います。

 

>>栄養士の専門学校を比較してみる

 

メリット2:集中して勉強ができる

栄養士の資格が取れる学校は山ほどありますが、私は2年制の専門学校を選びました。

 

 

栄養士仲間の話を聞いていると、社会人から栄養士を目指す人は、専門学校か短大に2年間通って、資格をとる人が多い印象です。

 

 

2年間指定の学校に通って卒業すると、「栄養士」の資格が自動的に(申請の作業が必要ですが)もらえるんですね。

 

 

栄養士より上級の資格である「管理栄養士」の資格をとるためには、指定の大学か、4年制専門学校(東京食糧栄養専門学校など)を4年間卒業して国家試験に合格するか、

 

実務経験3年以上ののち、国家試験に合格する必要があります。

 

 

 

働きながら管理栄養士の資格を取るための勉強をするのは大変ですが、実際に合格している人もいるので、不可能な話じゃないな…と思い、

 

 

私は「管理栄養士を取る前に、まずは栄養士の学校に2年間通って、もし管理の資格を取るなら、働きながら試験勉強をしよう」と思って、2年制の専門学校に入学しました。

 

 

 

時間とお金に余裕があるならば、思い切って4年制の大学に入学してしまう(学費も期間も2倍かかりますが)のもありですが、

 

 

2年間で栄養士の資格を取ってから、実務経験を経て管理栄養士を目指すことも、決して不可能なことではないと思います。

 

>>自分に合う栄養士の専門学校を調べてみる

メリット3:食の分野で友人ができる

私は、家族や周囲の人の協力があって、学校に入り直すことができました。

 

学費(およそ300万円)は自分の貯金でまかないましたが、生活費の一部は家族から少し協力してもらっていました。

 

 

いったん社会人になると、

◆まとまった時間をとって勉強できることがいかにありがたいことか

◆学生という身分が、いかに恵まれているか

 

が痛いほどにわかるので、勉強にも熱が入りました。

 

(自分の大学時代を振り返ると、時間の大切さをわかっていなくて本当にもったいないです笑)

 

 

また、専門学校で同じクラスになった仲間の中には、私と同じように、社会人経験を経てから入学してくる人たちも一定数います。

 

 

◆カフェ勤務の経験を経てから学校に入り直す人

◆主婦で生活していたけれど、食と健康に興味があり、栄養士になりたくて入学してくる人

◆海外勤務を経て、食の分野で手に職をつけたくて入学してくる人

 

きっかけはさまざまですが、みんな強い意志を持って入学してくる上に、食や健康に興味のある人たちが多いので、話が弾みます。

 

 

社会人経験をへて、学校に入り直すこと自体かなり勇気のいることだと思いますが、その選択をしているという共通点で、学校でも早く仲良くなれた気がしています。

 

 

栄養士の仲間や先生とつながることができるのも、学校に通う魅力なのかなと思います😃

 

 

学校に入るデメリット3つ


デメリット1:資格を取るのに時間がかかる

 

栄養士の資格を取るためには、最短でも2年かかります。

 

 

栄養士の他にも「フードコーディネーター」「発酵マイスター」など、食に関連する資格は山ほどあります。

 

 

自分がやりたいことは何なのか、本当に学校に入る必要まであることなのか、体験入学などに参加してみて、慎重に考えてみることをおすすめします。

 

 

学費は高い(私の場合は、2年間で280万円かかりました)ですからね!よくよく考えたほうがいいです。

 

 

転職サイトに登録して、進路相談をしてみるのもありかもしれません。

 

 

デメリット2:通学中は収入がほとんどない

 

私は、学校に通っているあいだ、家賃と生活費をできるだけ抑えるために、妹とルームシェアをしました。

 

 

アルバイトは、1年目は飲食店で週に4日ほど、学校終わりから深夜までやっていました。

 

 

しかし、アルバイトが終わってから帰る時間が深夜0時を過ぎることもよくあり、こうなってくると睡眠時間が取れずに授業中に寝てしまうなど、学校との両立が難しくなってきました。

 

 

そのため、2年目は勉強に集中するためにアルバイトをやめて、週末だけのバイトなど、単発のアルバイトに切り替えました。

 

 

短期・単発アルバイトは『ギガバイト』などからも探せるので、ぜひ活用してみてください👌

 

 

アルバイトをまったくしないと、生活費が厳しいと思いますが、学校に通っている間は、勉強の時間を取りたいならば、収入はほとんどない前提でいた方が良いでしょう。

 

 

私は、会社員1年目から「栄養士の学校に通いたい」と思って、毎月の給料やボーナスをほぼ全て貯金して、学費をコツコツためていました。300万円ほど学費でためておけば安心です。

 

 

 

2年間学校に通うならば、学費として300万くらいかかることを想定しておいた方が良さそうです。

 

 

 

デメリット3:栄養士は夜間の学校がないので、仕事をやめなければならない

栄養士の資格は、夜間では取れません。

(一部取れるという噂も聞いたことがありますが…)

 

 

私も残念に思いましたが、夜間の学校がないのです。

 

調理師は夜間でも取れるのですが、栄養士の場合、昼間の学校に通うしか選択肢がありません。

 

 

この事実に相当悩みましたが、やはり栄養士の勉強をする道を選びたくて、栄養士の学校に通うために会社をやめました。

 

 

 

まとめ:人生一度きりだからやりたいことをやったら良い


ここまで栄養士の学校に入学するメリット・デメリットをそれぞれお話しましたが、「やりたいと思ったことはやったほうがいい」ということは一番に私が伝えたいことです。

 

 

でも、やりたいことをやるには入念な準備や、周りの協力が必要なこともあります。それが可能であるならば、挑戦してみるのもありかなと思います😃

 

 

周りに迷惑をかけたり、借金したりしなければ、私はやりたいことをやってみて良いんじゃないかと思います。だって、人生一度きりじゃないですか。

 

 

 

私は、職業とはその人の人生を物語るものであり、自分の人生は「料理と栄養学で人の役に立つ人生」でありたいと考えています。

 

 

だから、学校に入って真剣に勉強した2年間を、後悔はしていません。

 

 

もちろん、収入の援助など、周囲の協力があったからできたことなので、家族や友人には本当に感謝してもしきれないほどです。

 

 

自分のやりたいと思っていることを形にしていくのは、勇気がいることかもしれません。お金を用意したり、場合によると引っ越しなどの準備も必要です。

 

 

 

でも、特にこの記事を読んでくださっている方がまだ20代、30代の方であるならば、やりたいことにどんどん挑戦したほうがいいかもしれません。

 

 

 

人生の中で自由に動ける期間って意外と短いですし、自分が背負うもの(家族、子どもなど)がない段階で、チャレンジしたほうがいいと思いますよ!本当に。

 

 

あなたの挑戦を応援しています😃!

 

>>【無料】栄養士専門学校の資料請求はこちら

 

 

******

 

シェアハウスで、お金を貯めるのもアリです👌私もシェアハウスに住んだ経験がありますが、普通の引っ越しで初期費用が30万円近くかかるところ、0円でした。

>>2万円台で始められる女性専用シェアハウス

 

 

あとは、栄養士の学校に通う以外にも、食の分野で仕事をすることはできるので、転職サイトで担当者に進路相談をしてみると、また新しい発見があるかもしれません。

 

>>やりたい仕事を探してみる

*******

 

 

 

◆こちらもどうぞ◆

【体験談】社会人から栄養士の資格を取るために私がやったこと3つ