社会人を経験してから栄養士専門学校に入った私が語る、学校に入るメリットとデメリット

こんにちは。赤石美波です。

 

私は、大学卒業後は金融機関の職員として働きました。

 

3年間働いてから、一念発起して栄養士の専門学校に入学しました。

 

なぜ進路を変えようと思ったのか、こちらに詳しく書いています。

 

 

栄養士の学校に入るメリット


食の国家資格「栄養士」が取れる

栄養士は国家資格です。

よく「資格を取っただけでは意味がない」と言われますが、

資格を持った人の言うことには説得力があります。

 

 

たとえば、

建築マニアの人が語る建築の話は面白いかもしれない。

 

でも、一級建築士の人が語る建築の話には、

より説得力が増すと思いませんか。

 

食と健康の専門家を名乗り

正しい食事のとり方や、健康と食の関係を人に伝えるとき、

「栄養士」という資格には説得力があると、私は思います。

 

 

集中して勉強ができる

私は2年制の専門学校を選びました。

 

2年間、指定の学校に通うと、「栄養士」の資格がもらえます。

 

栄養士より上の資格である「管理栄養士」の資格をとるためには、

指定の大学か専門学校を4年間卒業して国家試験に合格するか、

実務経験3年以上ののち、国家試験に合格する必要があります。

 

 

働きながら資格を取るのは大変ですが、

実際に合格している人もいるので、
不可能な話じゃないな…と思い、

 

私は「管理栄養士を取る前に、まずは栄養士の学校に2年間通って
もし管理の資格を取るなら、働きながら試験勉強をしよう」

と思って、2年制の専門学校に入学しました。

 

時間とお金に余裕があるならば、
思い切って4年制の大学に入学してしまうのもありですが、

 

栄養士を取ってから、実務経験を経て管理栄養士を目指すことも、
決して不可能なことではないと思います。

 

志の高い友人ができる

私は、家族や周囲の人の協力があって、

学校に入り直すことができました。

 

 

いったん社会人になると、

勉強できることがいかにありがたいことか

学生が、いかに恵まれているのか

が痛いほどにわかるので、勉強にも熱が入りました。

 

(自分の大学時代を振り返ると、時間の大切さをわかっていなくて
本当にもったいないです。)

 

また、専門学校で同じクラスになった仲間の中には、

私と同じように、社会人経験を経てから入学してくる人たちも一定数います。

 

 

 

カフェ勤務の経験を経てから学校に入り直す人、

主婦で生活していたけれど、食のことをきちんと勉強したくて入学してくる人、

海外勤務を経て、食のことを学ぶために入学してくる人、

 

 

きっかけは様々ですが、みんな強い意志を持って入学してくる上に、

食や健康に興味のある人たちが多いので、話が弾みます。

 

私は、一生大切にしたいと心から思える仲間に、
学校で出会うことができたと感じています。

 

人との繋がりは、人生の財産ですからね^^

 

学校に入るデメリット


資格を取るのに時間がかかる

栄養士の資格を取るためには、最短でも2年かかります。

栄養士の他にも「フードコーディネーター」「発酵マイスター」など、

食に関連する資格は山ほどあります。

 

自分がやりたいことは何なのか、

本当に学校に入る必要まであることなのか、

体験入学などに参加してみて、慎重に考えてみることをおすすめします。

 

 

通学中は収入がない

 

私は、学校に通う間、
家賃と生活費は妹とシェアハウスをして折半しました。

 

アルバイトは、1年目は精力的にやっていましたが、
学校との両立が難しく

2年目は勉強に集中するためにアルバイトをやめて
単発のアルバイトに切り替えました。

 

学校に通っている間は、勉強に集中するならば収入がない前提でいた方が良いでしょう。

 

私は、会社員時代に毎月の給料やボーナスをほぼ全て貯金して、

学費をコツコツためていました。

 

2年間学校に通うならば、
300万くらいは学費でかかることを想定しておいた方が良さそうです。

 

栄養士は夜間の学校がないので、仕事をやめなければならない

栄養士の資格は、夜間では取れません。

(一部取れるという噂も聞いたことがありますが…)

 

夜間の学校がないのです。

 

調理師は夜間でも取れるのですが、

栄養士の場合、昼間の学校に通うしか選択肢がありません。

 

私は、栄養士の学校に通うために
会社をやめました。

 

でも、人生一度きりだからやりたいことをやったら良い


やりたいことをやったら良いんです。

 

でも、やりたいことをやるには
入念な準備や、周りの協力が必要なこともあります。

 

周りに迷惑をかけたり、借金したりしなければ
私はやりたいことをやってみて良いんじゃないかと思います。

 

私は、職業とはその人の人生を物語るものであり、

 

自分の人生は「料理と栄養学で人の役に立つ人生」でありたいと考えているので、

学校に入って真剣に勉強した2年間を、後悔はしていません。

 

もちろん、周囲の協力があったからできたことなので
家族や友人には本当に感謝してもしきれないほどです。

 

もし、あなたが「栄養士の学校に入ろうか迷っている」のだとしたら、
ぜひ相談に来てください。

 

メルマガに登録していただき、そこから返信いただければと思います^^

 

 

*************

食とアンチエイジングについての役立つ情報を、

メルマガで配信しています。

良かったら登録してくださいね^^

(いつでも登録解除できます)

 

◆◇◆無料メール講座◆◇◆

 

私が会社をやめて料理の道へ進路変更しようと思ったきっかけは、

この記事に書いています。

取付カンタン!手軽に浄水へ切り替え!
いつまでも最高品質のお水で!浄水シャワー