かんたん和のレシピ!とうもろこしごはんの作り方

こんにちは。とうもろこしごはんを作ろう、作ろうと思っているミーナです。

 

夏休みに作ろう!!

と思っている間に、早くも秋の気配が・・・🍁

 

でも大丈夫。まだスーパーにとうもろこしがありました。

 

では、早速レシピを書きますよ〜!

 

とうもろこしごはんの作り方

 

 

材料(2合分)

 

・米 2合

・とうもろこし 1本

・塩 小さじ1

 

作り方

 

(1)米をとぎ、30分以上水につけて吸水させます。

水に漬けないで、ざるにあげておくだけでもOK。

 

(2)とうもろこしを横半分に切り、実を包丁でこそげとります。

見えますか??

こんな感じで、包丁で丁寧に一周切ってくださいね^^

 

(3)炊飯器に米を入れ、分量の線まで水を注ぎ、塩を加えて軽く全体を混ぜます。

その上から、とうもろこし、とうもろこしの芯を乗せて、スイッチオン!

 

できました!!

 

(4)炊けたら、芯は取り出し、全体をさっくりと混ぜます。

 

(5)盛りつけて完成!

 

えっと、本当はおひつとか土鍋とかあるとかっこいいんですが、

ないのでわっぱ弁当箱に入れてみました。

 

わっぱ弁当箱は、河童橋道具街で書いました〜!

 

ご飯の水分をほどよく吸収して、木のいい香りもします。

 

料理写真の撮り方〜撮影のポイント〜

 

最初、撮影をした時はこんな感じに写りました。

これでもいいんですが、全体的にオレンジ色っぽくて、

とうもろこしの爽やかさが伝わってきません。

 

 

この日は、昼間すごく晴れていて、強い日差しが部屋に入ってきていて、

部屋が肉眼でもオレンジ色っぽい色をしてました。

 

 

この状態で、ホワイトバランス「太陽光モード」で撮影すると、写真全体がその場で見た状態と同じように、オレンジっぽくなります。

 

このオレンジっぽい色を消して、写真に青みを加えたかったので、

ホワイトバランスを電球モードにして撮りました。

 

するとこんな感じに!

パッと爽やかな色になりました。

前の写真と比べてみましょう。

 

いかがですか?

 

こんな風に、部屋が黄色っぽいようなオレンジがかった色をしている時は、

 

ホワイトバランスを電球モードに変えると、写真に青みが加わってスッキリとした色になります。

 

今回は爽やかに見せたかったので、青みがかった電球モードにしましたが、

 

温かい料理など、オレンジ色を強調したい料理なら、そのまま撮ってもいい雰囲気が出るかもしれません。

 

状況に応じて使い分けましょう^^

 

 

 

とうもろこしごはんのレシピのまとめ

 

材料(2合分)

 

・米 2合

・とうもろこし 1本

・塩 小さじ1

 

作り方

 

(1)米をとぎ、30分以上水につけて吸水させます。

水に漬けないで、ざるにあげておくだけでもOK。

 

(2)とうもろこしを横半分に切り、実を包丁でこそげとります。

 

(3)炊飯器に米を入れ、分量の線まで水を注ぎ、塩を加えて軽く全体を混ぜます。

その上から、とうもろこし、とうもろこしの芯を乗せて、スイッチオン!

 

(4)炊けたら芯は取り出し、全体をさっくりと混ぜて完成。

 

 

*********

 

いかがでしたか?

 

まだ間に合います!だってまだ9月!

 

ぜひ、ブログのレシピを見て作ってみてくださいね〜^^