知っておくと得する豆乳の話

スポンサーリンク




こんにちは。ミーナです。

 

最近、私の中で豆乳ブームが来ています。

この間は、豆乳クリームシチューを作りました。

 

 

シチューは小麦粉とバターと牛乳でいつも作ってるんですが、

この牛乳を、豆乳に変えるだけ

 

最初は、「ん、めっちゃ大豆臭いな…」と思っていましたが、

慣れてくるとそんなに気にならないです。

 

 

しかも「美容にいい」となると、俄然飲む気がしてきます。

 

豆乳は何からできているの?

豆乳は、豆腐からできる大豆製品で、

女性ホルモンと似た働きをします。

 

 

美肌を作る大豆イソフラボンをはじめ、

良質の植物性たんぱく質

 

抗酸化成分、ファイトケミカル、カルシウム、

ビタミンB群、オメガ3脂肪酸、オリゴ糖などが含まれます。

 

 

こうやって見てみると、

たくさんの栄養素を含んでいる、優秀な飲み物ですよね。

 

 

日本人に多い「乳糖不耐症」

日本人の多くは、

牛乳や乳製品に含まれる「ラクトース」(乳糖)を消化できる酵素が少ない

「乳糖不耐症」の人が多いと言われています。

 

 

周りに、

「牛乳を飲むとお腹を壊す」と言っている人がいませんか?

 

私は何人か、聞いたことがあります。

 

豆乳の料理への取り入れ方

豆乳は、意外にも海外でよく知られている食材で、

牛乳アレルギーを持つ人やビーガン(菜食主義者)の人の間で、

豆乳がよく飲まれているようです。

(日本人だけが飲むものだと思ってた!(°▽°))

 

 

例えば、豆乳マヨネーズや豆乳ヨーグルト、豆乳アイスといった商品など。

 

 

豆乳をドレッシングに加えたり、

ホワイトソースやプリン、クッキー、パンケーキなどを作るときに牛乳代わりに加えたりと、

アレンジの幅は広いです。

 

調製豆乳と無調整豆乳、どっちがいいの?

 

日本で市販されている豆乳には、

調製豆乳と無調整豆乳がありますが、

 

調製豆乳には、砂糖や人工甘味料などが含まれていることが多いので、

やっぱり無調整豆乳がおすすめかな。

 

 

あとは、ホットココアに加える牛乳を豆乳に変えてみたり

フルーツと一緒にスムージーにしたり。

 

(冬はスムージーだと体が冷えてしまうので、

体を冷やさないスープや温かい飲み物に入れる方がいいかもしれません)

 

 

あなたのおすすめの豆乳の使い方があれば、

ぜひ教えてくださいね^^

 

 

*************

今の年齢よりも若くみられるための食・生活習慣についての役立つ情報を、

メルマガで配信しています。

良かったら登録してくださいね^^

◆◇◆無料メール講座◆◇◆