【味玉レシピ】絶対に失敗しない半熟とろ〜り味玉の作り方

ラーメン屋さんの味玉のような、あの半熟でトロトロの味玉ってどうやって作るんだろう…?

今回は、そんな疑問に答えます。

半熟とろとろの味玉を作る方法を研究したので、ぜひチェックしてみてくださいね。

味玉って、作り置きしておくとすごく便利ですよね。

ご飯のおかずにもなるし、煮物にトッピングしたり、ラーメンにトッピングしたり。おやつに味玉を食べたことがありますが、おやつにもいいなと思いました。

ぜひ、ここで半熟味玉の作り方をマスターしていってくださいね。

タップで移動できる目次

半熟味玉のレシピ

半熟味玉

【材料】(2人分)

  • 卵 2個
  • みりん 大さじ2
  • しょうゆ  大さじ2
  • かつお昆布だし(または水) 大さじ2

【作り方】

(1) 鍋に卵がかぶるくらいの水を入れる。

沸騰したら卵を入れ、8分茹でて水にとり、冷めたら殻をむく。

(小さな沸騰を保った状態で8分。

吹きこぼれそうなら、火を少し弱くして調整。)

●卵の殻を綺麗にむくコツ●

鍋のお湯を捨てるときに、卵どうしを軽くぶつけて細かいヒビをたくさん入れておきます。

この状態で冷まして皮をむくと綺麗にむけます。

(2) 調味料(みりん・しょうゆ・砂糖・だしまたは水を混ぜた液体)に漬けて完成。

一晩おいた方が味も色もよくしみておいしいです。

卵を食べると鉄分がとれる

鉄の吸収率ってものすごく低くて、動物性食品(肉、魚、卵など)に含まれる鉄は23%、植物性食品(青菜、大豆など)に含まれる非ヘム鉄は5%。こうやって見ても、鉄をとる目的で食品を選ぶなら、植物性よりも吸収率が約4倍多い動物性の食品を食べた方が効率的だということがわかる。レバー食べよう。

卵は普段不足しがちな栄養素である「鉄」も補給することができます。

普段の生活で、積極的に食べるようにすると良いですね!

↓ここからは、このレシピにたどりつくまでの話です。

時間のある方はどうぞ!

半熟味玉の作り方を研究しました

半熟味玉

沸騰してから4分、6分、8分、

この3パターンで実験してみました。

沸騰してから4分茹でた結果

まずは卵を用意。

研究のためたくさん買ってきました。

サイズはMを使いました。

まずは、

「冷蔵庫から出したての卵」「熱湯から入れて4分」ゆでます。

ゆで卵を思い通りの加減に茹でるなら、条件を常に同じにすることが必要です。

水から卵を入れて茹でると、水の量や、鍋の大きさによって、沸騰するまでの時間がそれぞれ異なります。

「冷蔵庫から出して常温においてから茹でる」と言っても、常温も、夏と冬とでは違いますよね。

だから、「冷蔵庫から出したての卵」「熱湯から入れて」茹でるということをします。

こうすれば、あとは茹でる時間を変えるだけで、思い通りの加減に作ることができますね。

まず、鍋にお湯を沸かし、沸騰したら卵を入れます。

手で入れると、鍋の底に強く当たって卵が割れるので、柳 宗理 レードル (おたま)M 日本製” rel=”noopener noreferrer”>おたまを使って入れるといいですよ!

タイマー4分セット。スタートです。

4分たったら、おたまで卵を引きあげて、水にとって急冷します。

5分くらい冷やしたら、水の中で殻をむきます。

流水でむいてもいいですが、水道料金の節約のために水の中でむきます。

結局、あまりにやわらかすぎたため殻は最後までむけずに、容器に卵を割り入れました。

(スプーンですくって食べてもいいかもですね)

こんな感じです!

うーん、なんだか失敗した温泉たまごみたいです。。。

ここで思いついたのが・・・

「卵かけご飯」!!

準備万端!

おしょうゆをたらしていただきます。おいしいですが、ゆで卵としては失敗!

熱湯から入れて8分茹でたら成功

さっきは4分で半熟どころかぐちゃぐちゃだったので、6分で試しました。

それでもまだ柔らかすぎるので、次は8分で試してみました。

手順はレシピと同じ。

タイマースタート!

8分後、卵を水に取ります。

5分くらいしたら、水中で殻をむきます。

最後まで殻がむけました。

液体の中に浸し、

キッチンペーパーを上からかぶせます。

こうすることで、卵全体が浸かっていなくても

全体に調味料が行き渡ります。

「落し蓋」みたいな感じです。

少ない調味料でも、全体に味を行き渡らせることができます。

1枚のキッチンペーパーを、1/4枚になるよう切って使いました。

さて一晩経ちました。冷蔵庫から出してみると・・・

こんな感じです。半熟を期待して切りました。

おおー!!見事に半熟!!

黄身がとろ〜っとしてます。

大成功です!

味玉に使う調味料は、しょうゆとみりん。調味料がおいしいと、味玉もやっぱりおいしく漬かります。

しょうゆは、いつも井上醤油店のおしょうゆを愛用しています。

みりんはこれを愛用。料理の味がグッと引き立ちます。

保存にはジッパー付き袋も便利

同じようにゆでた卵を、ジッパー付きの袋に入れてみました。

ひとばん寝かせて朝見てみると・・・

ちゃんと色が変わってます!

保存するときに、こんな感じでジッパー付きの袋に入れても良さそうです。

(袋に入れてからタッパーに入れれば、液が漏れる心配もなし!)

冷蔵庫から出したての卵を、熱湯から入れて8分間茹でてから、水にとって急冷。

これでうまく半熟卵ができます。

味付けは「しょうゆ:みりん=1:1」。

ここに、お好みの濃さになるまで水かだしを入れて薄めます。砂糖は入れても入れなくても大丈夫です。

今回は、卵2個に対し、しょうゆ、みりん、だし(水でもOK)を大さじ2ずつ入れました。

お好みで、自由に変えてみてくださいね。

半熟味玉レシピまとめ

【材料】(2人分)

  • 卵 2個
  • 水 たっぷり(卵をゆでる用)
  • みりん  大さじ2
  • しょうゆ   大さじ2
  • かつお昆布だし(または水) 大さじ2

【作り方】

(1) 鍋に卵がかぶるくらいの水を入れる。

沸騰したら卵を入れ、8分茹でて水にとり、冷めたら殻をむく。

(小さな沸騰を保った状態で8分。

吹きこぼれそうなら、火を少し弱くして調整。)

(2) 調味料(みりん・しょうゆ・砂糖・だしまたは水を混ぜた液体)に漬けて完成。

ひと晩おいた方が、味も色もよくしみます。

いかがでしたか?

半熟でおいしい味玉、ぜひ作ってみてくださいね。

栄養学や食・料理の勉強におすすめの本を紹介

栄養学や食事、料理のことをもっと詳しく学びたい方に、おすすめの本をまとめてみました。

今回の記事と合わせて、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>【実際に読んでみた】栄養学と食の勉強・独学におすすめの本10選

>>【実際に読んでみた】料理が上手くなるための勉強におすすめの本12選

シェアしてね!
タップで移動できる目次
閉じる