【評判】コモンビートは宗教なのか?OLの私が実際に参加した感想

スポンサーリンク




こんにちは。24才、25才のとき、OLをやりながらコモンビートに参加したminaです。

 

 

  • 「友達からコモンビートの公演に誘われたんだけど、コモンビートってなに?なんの団体なの??」
  • 「コモンビートってなんか怪しそう。宗教じゃないのか心配」
  • 「コモンビートに参加した人の声が聞きたい」
  • 「コモンビートってなんなんだ??」

 

 

こんなこと、思いませんでしたか・・・?

 

 

私も最初は「めっちゃ怪しそう・・・「コモンビート 宗教」で検索してる人多いけど、ほんとに宗教なのかな?」って思ってましたが、友人に誘われて行ってみるとコモンビートは別に宗教じゃないことがわかりました。

 

 

今回は、私が二年連続でコモンビートのミュージカルに参加してみた感想を書いてますので、「コモンビートとはなんなのか」気になる方は、ぜひ読んでみてくださいね!

 

 

【評判】コモンビートは宗教なのか?OLの私が実際に参加した感想


 

コモンビートでは、年齢も職業も様々な100人が集まり、100日間(実際にみんなで練習するのは、3〜4ヶ月間で、土日のみ)ミュージカルを作り上げます。

 

 

私が東京公演に出た時は、19歳の大学生が最年少で、なんと68歳のおじいさんも参加していたんですよ。年齢幅広すぎですよね。

 

 

コモンビートってどのくらい練習をするの?

 

毎年スケジュールが若干変わりますが、東京公演では4月から練習が始まり、7月末か、8月上旬には公演の日を迎えます。

 

 

 

公演までの約100日間のうち、

毎週土日に決められた場所(地域のスポーツセンターや体育館など)に集まって、

10時くらいから17時くらいまで練習をします。

 

 

私も平日は普通に会社員をやりながらだったので、なかなか大変でした。

 

 

ただですね、大変なのは本番までの3〜4ヵ月だけ。それ以上に、コモンビート行くとめちゃくちゃリア充になれるんですよ!!

 

 

公演までの3〜4か月はほんとあっという間なんですが、毎週末がすごく楽しみでしたね。

 

コモンビートの出演者はほぼ全員、劇団員ではなくミュージカル未経験者

 

いやもうここがすごいところですよね。

ミュージカル経験者なんて、ほんとに数えるほどしかいません。

 

 

人生で初めて舞台に立った!という人が大多数です。

 

 

それなのに、

なぜ、公演が実現してしまうのか。

なぜ、観に来たお客さんが強く心を動かされるのか。

なぜ、観に来た人が次の年に参加する側にまでなるのか。

 

それは、ただひとつ「大人が、部活みたいに本気でやるから」だと個人的には思います。しかも、たった3〜4ヵ月で作品を仕上げるっていう制約もあるから、密度がかなり濃いです。

 

 

1週間しか生きられない、セミみたいな感じ・・・って例えたらいいんでしょうか?参加して思ったんですが、コモンビートの熱量すごいですよ。

 

 

「やりたい気持ちが参加資格」とホームページやチラシに書いてありますが、ほんとうに、この言葉通りだと思います。

 

 

やる気さえあれば、ミュージカルやったことなくても(見たこともなくても)全然OKなんです。

 

 

コモンビートがあまりに楽しかったので2年目も参加

 

人生観が変わるような人との出会いとあまりの楽しさに、結局私、二年連続で参加したんですよ。

 

 

コモンビートは四つのチームに分かれている

まず、コモンビートに入るとチーム分けがされるんですが、青、赤、緑、黄色のどこかに入ることになります。

 

 

これは、運営の人たちが、本人の印象や得意なことを見て、どこに振り分けるか決めてくれます。

 

 

青はかっこいい系で、赤は元気、緑は上品、黄色は穏やか、こんなイメージですかね?あくまで私の感覚ですが。

 

 

コモンビート【九州と東京の合同練習】

 

参加する年によっても違いますが、私が参加した年は九州のコモンビートとの合同合宿練習がありました。(コモンビートって全国にあるんですよ・・・東京だけじゃないんです。)

 

 

現地に住んでいる人に案内してもらう九州は格別でしたねえ。地元に住んでる人に案内してもらうと、ガイドブックには載ってない穴場を教えてもらえたりするからお得ですよね。

 

 

もちろん、コモンビートやってるっていう共通点があるので、すぐに仲良くなれましたし、練習も東京と九州でお互い見合ったりして、刺激になりました。

 

 

コモンビートの練習「海で発声練習」

 

本番までの約3ヶ月の間には合宿が何度かあり、海の近くで合宿をしたこともありました。

 

朝はみんなで海に出かけ、発声練習をします。

 

キャンプファイヤーを囲んだり。もうめっちゃ青春ですよ。ほんと楽しかった。

 

 

コモンビートの本番が楽しすぎる

 

一番楽しいのはやっぱり本番ですねえ。

本番前は、感極まって泣く人もいますね。

 

 

本番後よりも、むしろ本番直前に、これまでの練習のことを思い出してほとんどの人が泣きます。

(泣かされる演出もあったり。。)

 

 

一日めの本番が終わってからは、代表から挨拶があります。

 

アンケートもここでいくつか紹介され、

 

「感動した」

「自分も何かに挑戦したいと思った」

「思ったよりもクオリティが高かった」

 

という読み上げに、みんなが湧きます。

 

本番で見る、客席の景色は最高ですよ。最後はお客さんとの一体感が凄い。

 

公演終了後は打ち上げがあって、これがまた楽しい。朝まで飲みたい人は、ほとんどみんな次の日有給とってましたね(ちなみに私も有給とりました笑)。

なぜミュージカル未経験の私がコモンビートに参加したのか?

 

私は、ミュージカルがやりたい!というよりも、「他の人の生き方や考え方を知りたい」と考えて参加しました。

 

練習に通ううちに、あることに気づきました。

 

 

誰かが熱中症で倒れたら、「医師」「整体師」が本業の、参加者がケアをする。

 

合唱部だった人が、みんなに歌を教える。

 

本業がダンサーの人が、前でダンスのリードする。

 

人の気持ちを考えるのが得意な人が、落ち込んでいる人を励ます。

 

トークが上手な人がムードメーカーになる。

 

学校の先生で、人をまとめるのがうまい人がチームをまとめる。

 

映像の仕事をしている人が、クオリティが高いムービーを作る。

 

カラーコーディネーターが本業の人が、みんなの衣装作りのアドバイスをする。

 

みんな、自分の強みがあるんですよね。

 

「私には、なんの取り柄もないよ〜」と言っている人も、必ず何かしら、光っているところがある

 

そして本業とは、その人の一生を物語る、誇るべきものだと思いました。

 

私はコモンビートに参加して、仕事に対する概念がすっかり変わりましたね(で、この後実際にやりたいことを仕事にするために転職したわけですが)。

 

 

 

私は、コモンビートと、コモンビートに出会うきっかけを作ってくれた大学の友人に、本当に感謝したいと思ってます。

 

 

 

あなたがコモンビートに参加しようか迷っているなら、ぜひ体験会に行ってみてください。きっと、何か生きるヒントが見つかるはずです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事