健康的で体にいい無添加だしパックの選び方【栄養士おすすめ】

健康的で体にいい無添加出汁パックの選び方

スポンサーリンク




こんにちは。栄養士のminaです。

体にいい無添加のだしパックを買いたいんだけど、どうやって選んだらいいのかな?

 

こんなふうに、だしパックの選び方で悩んだことはありませんか?

 

スーパーや専門店に行くと、だしパックがたくさん売っていて迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は、体にいい無添加のだしパックを選ぶときの3つのポイントをお話します。

 

本記事のテーマ

「健康的で体にいい、無添加のだしパックの選び方」のポイント3つがわかります。

 

記事の信頼性

栄養士 赤石美波

栄養士 赤石美波

 

栄養士の資格を持ち、料理教室の講師や、栄養士として現場で働いてきた経験のある私が、健康的で体にいい無添加のだしパックの選び方についてお伝えします。

 

読者さんへの前置きメッセージ

この記事を読んだあとは、健康的で体にいい無添加のだしパックの選び方について、ふだんの買い物にいかせる知識を身につけることができますよ!

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

健康的で体にいい無添加だしパックの選び方【栄養士おすすめ】

健康的で体にいい無添加出汁パックの選び方

健康的で体にいい無添加だしパックの選び方1:化学調味料なし

健康的で体にいい無添加出汁パックの選び方

パッケージ裏側の原材料の欄を見て、酵母エキスや調味料(アミノ酸等)などの化学調味料が入っていないものを選んでみてください。

 

 

上の写真は、自然の原材料だけが書いてあり、酵母エキスや調味料(アミノ酸等)などの化学調味料が書いていないので良い例です。

 

 

だしパックの原材料欄を見て、「調味料(アミノ酸等)」「酵母エキス」などと書かれていないものが良いですね。

 

上の写真2つは、酵母エキスや調味料(アミノ酸等)が入っているので、できるだけ体にいいだしパックを選ぶなら、避けた方がいいです。

 

健康的で体にいい無添加だしパックの選び方2:食塩なし

体にいい塩の選び方

余分な塩分を取り過ぎないためにも、できれば、食塩が入っていないものが良いです。

 

 

食塩の種類も、日本の海塩を蒸発させて作ったもののように、昔ながらの製法でていねいに作られたものなら、ミネラルが含まれていて良いのですが、

 

塩化ナトリウム99%の食塩だと、ミネラルがほぼ抜けてしまっているので、あまり体にいいとはいえません。

 

 

健康のことを考えて、できるだけ体にいいだしパックを選ぶなら、できれば、食塩も入っていないものが良いです。

 

健康的で体にいい、おすすめの無添加だしパック

市販でも化学調味料無添加のだしが売っていて、私はこれをよく買っています。

健康的で体にいい無添加出汁パックの選び方

原材料がとてもシンプルで、調味料(アミノ酸等)、酵母エキスなどの化学調味料や、食塩や砂糖もいっさい入っていません。

 

いわし、かつお、昆布、しいたけの4種類のだしがミックスしてあって、奥深い味わいです。

 

 

いつも、お味噌汁や煮物に入れてますが、旦那さんが「おいしい!」と言って夢中になって食べています。

 

 

たくさんほしい方はこちらからどうぞ!↓

 

健康的で体にいい無添加だしパックの選び方まとめ

健康的で体にいい無添加出汁パックの選び方
  1. 化学調味料を入っていないもの
  2. 食塩が入っていないもの

 

原材料を見て、見たことのないカタカナの文字がなく、シンプルならOKです。

 

ぜひ、体にいいだしを選ぶときに参考にしてみてくださいね。

 

 

栄養学や食の勉強におすすめの講座を紹介

栄養学や食事のことをもっと詳しく学びたい方に、おすすめの講座を探してみました。

  • 「家族のごはんをもっと栄養バランスのとれたものにしたい!」
  • 「栄養学を学びたいけど、学校に通うのはむずかしい」
  • 「通信で食関連の資格をとりたい」

 

一つでも当てはまるなと思った方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>栄養学と食の勉強におすすめ!人気講座ランキング5選【主婦の方もOK!】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事