一番わかりやすい「いかのさばき方」【動画あり】

スポンサーリンク




こんにちは。栄養士のminaです。

 

突然ですが、普段いかを丸々1杯(ぱい)買ってきたことがありますか?

 

 

 

私は、イカのさばき方を知らなかった昔、スーパーに売ってるイカを見て、

 

「こんなん買う人いるのかな?」って思っていました。

 

 

「一生いかなんてさばかないだろうな」と思っていましたが、一度覚えてしまえば意外と簡単です。

 

 

私は、学校で習ったり、動画を繰り返し見たりして覚えました。

 

 

「イカのさばき方がわからない!」

 

という人は、ぜひこの記事を読んでくださいね。

 

イカのさばき方


材料

するめいか 1ぱい

 

さばき方

1)胴体に指を入れ、内臓と胴がつながっている部分を手でやさしく切り離します。

 

切り離したら、ゆっくりと引いていきます。

 

2)次に、内側にある軟骨(白くて細い骨)を引き抜きます。

これもやさしくね!

 

3)イカの足の付け根を包丁で切り離します。

 

4)イカの足の先を切り落とします。

 

水で足をしごきながら洗い、吸盤(足についている、爪のような硬い部分)を取ります。

 

5)えんぺら(イカの先の三角の部分)をはがします。

 

6)表面の皮をはぎます。

 

タオルやキッチンペーパーを使うと、皮がむきやすいです。

 

全部皮をはいだら、全体を(中の部分も)洗い流します。

 

食べやすい大きさに切りましょう。

 

これで終わりです!

慣れてくると5分もあればできます。

 

 

今回は、イカのワタや目の周辺の部分は細かい処理をせず、使いませんでした。

 

あとは、えんぺらの部分(イカの上の方の三角の部分)も本当は皮をむいた方がいいのですが、今回は省略しました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事