まだ枝豆を茹でてるの?「蒸し焼き」ならビタミンCが約2倍残る!

スポンサーリンク




こんにちは。栄養士のminaです。

 

普段、枝豆を買ってきたら、食べるときに茹でている人が多いと思います。

 

グラグラと沸騰したお湯に入れて、一気に茹でますよね。

 

しかし、枝豆は茹でずに「蒸し焼き」にすることで、茹でたときよりも甘みが出て、栄養価もアップするんです。

 

 

今回お話することを、5つにまとめました。

 

  1. 野菜なのに、タンパク質もビタミンCも同時にとれるスゴい食材「枝豆」
  2. 枝豆の蒸し焼きで「栄養価アップ」するのはなぜ?
  3. 枝豆の蒸し焼きで「甘み」が増える理由
  4. 実際の、枝豆の蒸し焼きのやり方
  5. 枝豆は買ってきたらすぐに調理しよう!1日で甘みが半減します。

 

 

今回は、この5つのポイントに絞って、解説していきます。

 

では、まず枝豆の驚くべき栄養価について、みていきましょう。

 

野菜なのに、タンパク質もビタミンCも同時にとれるスゴい食材「枝豆」

まず、枝豆が非常に優秀な食材であることについて、お話します。

 

 

夏の風物詩ともいわれる枝豆は、「畑の肉」とも言われる大豆と同じように、良質なタンパク質を含み、ビタミンB1や葉酸、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維などがたくさん含まれています。

 

 

また、枝豆以外の大豆には「ビタミンCが含まれませんが、このビタミンC、枝豆には入っているんですね。

 

 

野菜でありながら、タンパク質もビタミンB群も同時にとれる。まさに、豆と野菜の長所を兼ね備えた、すばらしい食材です。

 

 

枝豆の蒸し焼きで「栄養価アップ」するのはなぜ?

普通にお湯で茹でると、枝豆のビタミンCは、半分近くが流れていってしまいます。

 

 

しかし、蒸し焼きにすることで、ビタミンCを約2倍残すことができるんですね。

 

 

これに加えて、ビタミンB群などの水溶性ビタミンや、むくみをとるカリウムなどのミネラルも、茹でると水に流れていってしまいますが、

枝豆を蒸し焼きにすることで、これらの栄養素もそのまま残ります。

 

 

 

 

代謝を上げる効果がある「モリブデン」も、枝豆には含まれるのですが、茹でた場合、ほとんど水に流れていってしまいます。

 

 

しかし、枝豆を蒸し焼きにすることで、茹でたときにおよそ300倍もの量のモリブデンが残るんですね。

 

枝豆の蒸し焼きで「甘み」も増える理由

蒸し焼きにすることで、栄養価がアップするだけではなく、枝豆の甘みもぐっと増しますよ。

 

 

枝豆を茹でる時は、お湯の中に入れて一気に熱を入れていきますよね。

 

 

一方で、蒸し焼きにした場合、フライパンなどでじっくりと火を通していくため、枝豆の中の酵素が糖を作ってくれるので、甘くなるんです。

 

 

じっくりと火を通した焼き芋が甘くなるのと同じことですね。

 

 

枝豆の蒸し焼きのやり方

では、実際に枝豆の蒸し焼きの方法を説明します。

 

 

1、枝豆に塩をもみこみ、フライパンで焦げ目がつくまで、そのまま焼きます。特に油などは引かなくて大丈夫です。

 

 

2、フライパンにふたをして、弱火で5分ほど、蒸し焼きにします。

 

 

3、枝豆にオリーブオイルをふり、全体になじませたら完成です。

 

 

オリーブオイルで炒めることで、脂溶性ビタミン(油に溶けるビタミン)のビタミンKもとれます。

 

枝豆は買ってきたらすぐに調理しよう!1日で甘みが半減します。

収穫した後も、枝豆は呼吸を続けていますが、その際に、枝豆の豆の中の「ショ糖」が使われます。これが、枝豆の甘みのもとなんですね。

 

 

このショ糖は、収穫してから1日たつだけで、甘みは半分以下まで減ってしまいます。

 

 

枝豆を買う時は、枝が取られているものではなく、枝が付いているものを選べば、甘みの減少を半分まで抑えることができます。

 

 

また、スーパーで売られている冷凍枝豆は、旬にとれたものを急速に冷凍しているので、栄養価は旬のものに近く、おすすめです。

 

 

まとめ

 

  1. 枝豆は蒸し焼きすることで、栄養価と甘みがアップする
  2. より鮮度が良く、甘い枝豆を食べたいなら、枝つきのものを買う。
  3. 枝豆を、買ってきたらすぐに調理する

 

最低限、この3つは意識してみてくださいね。

 

 

 

これから夏を迎え、枝豆がスーパーにもたくさん並ぶようになってくると思います。

ぜひ、枝豆はゆでずに「蒸し焼き」をしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事