保育園栄養士に転職してみた感想【定時で帰れてホワイト】

保育園栄養士の転職サイト

スポンサーリンク




こんにちは。栄養士のminaです。

 

今栄養士やってて、転職したいんだけどどこがいいのかな?

今の職場は、シフトが不規則で休日出勤もあって、残業も多いしなあ…。

栄養士の資格をせっかくとったし、栄養士以外の仕事をするのはもったいない気がするんだよね。

将来のことも考えると、定時で帰れて、休みもカレンダー通りの職場がいいけど、栄養士でそんな職場あるのかな?

 

こんなふうに考えたことはありませんか?

 

 

結論、定時で帰れて不規則なシフトもない栄養士の仕事をするなら、

  1. 一般企業で栄養士として入る
  2. 小学校の栄養教諭になる
  3. 保育園栄養士に転職する

 

このどれかがいいと思います。

 

 

ただ、一般企業で栄養士の募集をしている企業はあまりなく、かといって学校の栄養士の先生になるには、公務員試験に受からないといけません。

 

 

転職するために、公務員試験対策の勉強をするのも、ちょっと大変ですよね。

 

 

とすると、「保育園栄養士になる」という道が、栄養士で転職するとき、割とチャンスも多いと思います。

 

 

今回は、この3つのテーマに絞ってお話をしていきます。

 

  1. 保育園栄養士に転職するのがおすすめな理由
  2. 保育園栄養士に転職するメリットとデメリット
  3. 保育園栄養士を目指す人におすすめの転職サイト

 

私自身、保育園栄養士に転職して、シフト勤務なしの毎日定時で終わる生活をすることができていました。

 

そこで今回は、実際に保育園栄養士に転職した、私の経験も交えて、保育園栄養士に転職する方法をまとめてみます。

 

3分ほどで記事は読み終わります。3分後には、今までよりも「保育園栄養士に転職するイメージ」がつかめるようになっているはずです。

 

保育園栄養士に転職するのがおすすめな理由2つ



栄養士が保育園栄養士としてはたらくのがおすすめな理由は、

 

  • 定時で帰れる
  • 土日祝休める

 

この二つです。

 

もし、保育園以外の場所で栄養士としてはたらくとなると、病院か老人福祉施設ですよね。

 

こういった場所は、24時間稼働なので、「今日は朝ごはんを作らない」「今日は夕ご飯を作らない」ってわけにいきません。

 

 

なので、不規則な勤務体系になってるのかなと思います。

 

 

どうして保育園栄養士が定時で帰れて、休みがカレンダー通りなのか。

 

理由は、昼ごはんとおやつしか作らないのと、保育園は土日祝は休みだからです。

 

 

もちろん、園によっては「うちは夕ご飯も作っている」という場所もあるとは思いますが、ほとんどの園で、お昼の給食を作るのがメインです。

 

 

私が転職した保育園栄養士の現場は、朝8時半に入って、園児のお昼ごはんと3時のおやつを作ったら、

 

食材の管理や書類作成をして、毎日17時15には必ず上がれました!

 

 

栄養士学校で一緒だった、ほかの友人に聞いてみると、保育園栄養士になった友人も同じように、定時で帰れている人がほとんどなんですよね。

 

 

もちろん、中には、なぜか「栄養士が、残業で保育士の手伝いをする」という園もあるみたいですが、私の周りだとあまり聞いたことがありません。

 

 

あとは、学校給食でもお昼しか作らないから、学校給食専門でやっている委託会社に入ればいいんじゃないか?って声も聞きますが、

 

 

実際に委託で学校栄養士をやっている友人の話を聞いてみると、「朝は6時に出勤している」など、朝がめちゃくちゃ早いんですよね。

 

 

 

しかも、委託で学校給食を専門でやっている会社も少ない上に、学校よりも圧倒的に老健や病院の数の方が多いので、

運よく学校給食の現場に配属されることも、確率的に低いです。

 

 

 

これが保育園栄養士なら、保育園に直接応募することになる(中には保育園栄養士に特化している委託給食会社もありますが)ので、

保育園栄養士以外になる、ってことはないので安心です。

 

 

 

私の経験や、周りの栄養士の友人の話を聞いていても、やっぱり保育園栄養士が一番はたらきやすいですし、辞めてる人も少ないんですよね。

 

 

たまに栄養士の友達と集まってごはん行くんですけど、「カレンダー通り休めて、定時で帰れるのがいい」と、保育園栄養士の友達がよく言ってます。

 

 

保育園だと、子どももかわいいので、毎日癒されます。一緒にお昼ごはん食べたり、クッキーや餃子作りしたり、楽しい行事がたくさんですね。

 

 

私も保育園栄養士をやってましたが、土曜勤務が月に1回ほどで、あとはカレンダー通りに土日祝、休みがとれて、休みの日やアフターファイブを充実させることができました!

 

 

保育園栄養士に転職するデメリット

保育園栄養士になるデメリット

ここまで、保育園栄養士の魅力を話してきましたが、デメリットはないのかな?と心配している方も多いと思います。

 

 

私が保育園栄養士をやっていて感じたデメリットは、「給料が少し低め」。これですかね。

 

 

定時で帰れたり、不規則な勤務体系じゃないのが魅力ですが、保育園栄養士の手取りの給料は17万円くらいです。

 

 

ただ、私の場合は、区から家賃補助が全額出ていたので(プラス8万円)、生活に余裕はありました。

 

 

でも、病院や老健に勤めた場合と給料はほぼほぼ一緒で、そこまで額が変わるわけじゃないので、

だとしたら、「定時帰り・シフト勤務がなく、カレンダー通り」が叶えられる方がいいのかなとは思いますね。

 

 

保育園栄養士を目指す人におすすめの転職サイト



保育園栄養士に、実際になる、ならないは後から決めればいいので、まずは転職サイトに無料で登録してみるのが良いと思いますよ!

 

 

私も、自分で保育園栄養士の求人を見つけるのは大変だと思ったので、転職サイトにいくつか登録をしてみました。

 

 

「栄養士の転職サイト」と言ってもたくさんありますが、中でもおすすめなのがきらぽんJOB

 

保育園栄養士の転職サイト「きらぽんJOB」

 

保育園の求人に特化した転職サイトで、保育園栄養士の求人の中から、自分の希望に合うところを探してくれます。

 

>>【無料!!】理想の条件で職場を探してみる【登録も相談も無料】

 

保育園栄養士の転職に有利な「きらぽんJOB」に登録する方法

 

まずは、下のリンクをクリックします。

>>きらぽんJOBでカンタン転職 月収30万以上、完全週休2日、残業なしなど、好条件求人を多数公開中!

すると、この画面に移ります。

保育園栄養士の転職サイト「きらぽんJOB」

 

この画面で、「栄養士」を選んで、「希望雇用形態」の部分にチェックを入れます。

 

保育園栄養士の転職サイト「きらぽんJOB」

 

次に生年月日と、性別を入力する欄があるので入力&選択したら、「次へ」ボタンをクリックします。

 

保育園栄養士の転職サイト「きらぽんJOB」

 

その後、必要事項を入力して、最後に「登録する」ボタンを押します。

 

お疲れさまでした。これで登録完了です!

 

 

無料だし手続きもすごく簡単で、1分もあればできてしまうので、「保育園栄養士に転職しようかな」と思ってる方は、ぜひ登録してみてくださいね。

 

>>【無料!!】とりあえず登録しておく【1分で完了】

あとは、プロフィールを編集したり、実際に求人を探すだけです。

 

プロフィール欄を充実させておくと、スカウトされる確率が上がるので、時間のあるときにプロフィール欄をまとめて書いておくといいですね。

 

保育園栄養士の転職サイト「きらぽんJOB」

 

保育園栄養士の転職サイト「きらぽんJOB」

 

履歴書や職務経歴書の作成機能なども充実しているので、メールや郵送での書類のやり取りもいりません。早めに登録しておくことをおすすめします。

 

>>【無料!!】とりあえず登録しておく【1分で完了】

 

きらぽんJOBは、自分のペースで転職活動ができる

 

「きらぽんJOB」は、人材紹介サービスではないので、しつこい電話連絡などは一切なく、自分のペースで転職活動を行うことができますよ。

 

応募から面接設定、内定通知まで、全ての転職活動が「きらぽんJOB」内で完結するのも魅力的ですね。

 

登録だけなら無料なので、

 

  • 今の職場に不満があるな・・・
  • 栄養士の仕事を転職しようか迷ってるんだよね・・・」

 

って人は、まずは登録しておけば、「今の職場以外にも、選択肢がある」と、心に少し余裕ができると思いますよ。

>>【無料!!】とりあえず無料で登録しておく【1分で完了】

 

私も、保育園栄養士で「毎日定時帰り・土日祝がちゃんと休める」生活を手に入れたので、

 

ブラックな職場で悩んでる栄養士さんには、栄養士の中でも働きかたがホワイトな「保育園栄養士」を特におすすめしたいなと思ってます。

 

ぜひ、栄養士の転職のときの参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事