簡単手作りハヤシライスの作り方〜市販のルウを使わず、絶品のハヤシライスを作る方法

スポンサーリンク




「ハヤシライスを、ルウを使わずに作れたらかっこいいな」

「市販のルウは食品添加物も多いから、ルウを使わずにハヤシライスを作りたい」

 

 

そんなふうに考えていませんか?

 

今回は、市販のルウを使わずに、おいしいハヤシライスを作る方法を紹介します。

 

個人的には、市販のルウが使えなくなるくらいのおいしさです。

 

 

作り置きにも重宝しますよ^^

 

 

簡単!ルウを使わなくてもおいしい、ハヤシライスのレシピ

材料(3〜4人分)

  • 牛こま切れ肉 200g
  • 塩コショウ 少々
  • 薄力粉 大さじ2
  • 玉ねぎ 1個
  • カットトマト缶 1缶
  • バター 20g
  • 米油(サラダ油でも) 大さじ1/2
  • 赤ワイン 1/3カップ(70mlくらい)
  • 中濃ソース 大さじ3
  • 塩 適量
  • グリンピース(缶詰)小1缶(20粒もあればOK)

 

作り方

1、牛肉に塩胡椒をふる。

玉ねぎは2〜3mm厚さの薄切りにする。

牛肉と玉ねぎをそれぞれ別のポリ袋に入れ、薄力粉を入れて軽く揉み込む。

 

2、鍋にバターと油を入れて玉ねぎを入れる。

玉ねぎがしんなりしてきたら、牛肉を加える。

 

3、肉の色が8割くらい変わったら、トマト缶を加える。

5分煮てから、赤ワインを入れてひと煮立ちさせ、中濃ソースを加える。

 

4、味見をして、塩で味を調整する。

煮詰まりすぎて味が濃くなってしまった場合は、水を少しずつ加えて味を調整する。

 

 

完成です。

 

一度に多めに作ったので、余った分はiwakiの保存容器へ。

 

 

ちなみに、iwakiの保存容器は使いやすくて大のお気に入りです。

 

 

いかがでしたか?

よかったら作ってみてくださいね^^

 

 

栄養学や食・料理の勉強におすすめの本を紹介

栄養学や食事、料理のことをもっと詳しく学びたい方に、おすすめの本をまとめてみました。

今回の記事と合わせて、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>【実際に読んでみた】栄養学と食の勉強・独学におすすめの本10選

>>【実際に読んでみた】料理が上手くなるための勉強におすすめの本12選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

3年間のOL生活を経て、栄養士の専門学校に入学。学校を首席で卒業し、栄養士の資格を取得後、栄養士として勤務。 健康セミナーの実施や料理教室講師、食育活動、調理の仕事やケータリングなど幅広く経験。美容・健康と食の専門知識をいかして、ブログを書いています。