米国セレブ女性が 「KIMONO」を下着ブランド名にしようとしている件【署名で反対しよう】

スポンサーリンク




こんにちは。着物が好きなminaです。

 

昨日、youtubeで人気の着付講師すなおさんの動画を見たのですが、なんだか大変なことが起きていると感じました。

 

 

アメリカのキム・カーダシアンさんという、1億人以上フォロワーのいる人気者の人が、「KIMONO」という下着ブランドを作ろうとしているらしいです。

 

 

何のことだかよくわからない・・・という方は、この動画を見てください。今何が起きているのかが、よくわかります。

米国セレブ女性が 「KIMONO」を下着ブランド名にしようとしている件【署名で反対しよう】


キム・カーダシアンは誰なのか?


キム・カーダシアンさんは、アメリカのセレブで実業家の女性です。

 

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、総資産は400億円近くあるとも言われ、彼女を含むセレブ集団のカーダシアン一家は、「カーダシアン帝国」と呼ばれるほど、影響力は大きいそうです。

 

 

キムさんのインスタグラムのフォロワー数は、1億4000万人を超えています(日本の総人口以上という恐ろしい数字・・・)。ツイッターは6000万人以上。もはや芸能人を超えるレベルです。

 

 

この人が、最近新しく下着ブランド「kimono」を立ち上げて、「kimono」という名前で、商標登録まで申請しているのだとか。

 

参考:AERAニュース

KIMONOイコール補正下着と刷り込み 米国セレブは「ブランド名を変えるつもりない」と宣言

 

 

 

商標登録は独占権を得るためのものなので、登録がされていなくても、補整下着を「kimono」ブランドとして販売することはできるようです。

 

 

なんと、早くもキム・カーダシアンさんは、kimono.comとしてウェブサイトを開設し、ツイッターでは@kimonobody、フェイスブックとインスタグラムではkimonoアカウントでPRを開始しています。

 

 

いや、もうなんというか、強気すぎるでしょ・・・。

 

 

これって「文化の私物化」ですよね。着物は下着じゃないのに、勝手に「kimono」という名前で自分の下着ブランドを発売しようとしている。

 

キム・カーダシアンさん自身はどう答えているのか?

 

カーダシアンさんは、27日付のニューヨーク・タイムズ紙に「日本の文化における着物の重要性を理解し、深い敬意を持っている」とコメントしつつ、「ブランド名を変えるつもりはない」と宣言しています。

 

 

キムさんはインスタグラムでkimonoアカウントを作っていますが、6月29日時点でフォロワー数が11万8000に達したそうです。(めっちゃ速いな・・・さすがインフルエンサー)

 

 

しかも、コメント欄に「kimonoで商標登録するな」などと書き込まれた抗議のコメントは、彼女が全部削除しているそうです。

 

 

「着物は世界に広く知られているでしょ。着物を下着と勘違いする人はいないはず」と思うかもしれませんが、日本人が思っているほど、着物の世界的な認知度は高くありません。

 

 

私たち日本人は、どうすればいい?

 

署名をしましょう。Change.orgによる署名です。私も昨日の夜、すぐにしました。

 

名前とメールアドレスと、住んでいる都道府県だけで署名ができます。(サイト上での公開非公開も設定できるので安心してください)

 

>>署名はこちらからできます

 

 

京都で着付講師をされていて、今回の問題について素早く拡散してくださっている「すなお」さんのブログ内容も、すごく参考になります。ぜひ見ていってください。

>>すなおさんのブログはこちら

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事