トロ、赤身、血合いで何が違う?【マグロの栄養素について調べみた】

スポンサーリンク




この間、ネットで見かけた高級なツナ缶が気になっていたので、取り寄せて食べました。

 

 

一本釣りのビンチョウマグロが原料だそうです。✨

 

 

食べてみると、
水煮なのに
全然水っぽい感じがしなくて、
肉厚で食べごたえがありましたよ^^

 

 

せっかくなのでマグロについて、調べてみました。

 

トロ、赤身、血合いで何が違う?【マグロの栄養素について調べみた】

マグロは、部位によって
含まれる栄養素が異なります。

 

1)トロに含まれる栄養素

トロなら、不飽和脂肪酸のEPAやDHAがたっぷり。

 

トロは魚の「脂」が乗っていますからね。
魚の「脂」にはEPAやDHAが多いんです。

 

EPAは血液をサラサラにしたり、

DHAは学習能を高めたり。

 

 

mina

そう考えると、
「脂質」は敵じゃなくて、

いい脂を取れば、脂を味方につけられるってわけですね。

 

2)赤身に含まれる栄養素

 

また、赤身には
たんぱく質や、セレンが入っています。

 

ちなみにセレンは聞き慣れない栄養素ですが、
ガンの抑制効果があるそうなんですよ。

 

3)血合いに含まれる栄養素

そして、
マグロの血合いの部分には
タウリンや鉄がたくさん含まれます。

 

タウリンは、あなたもよく聞いたことがあると思います。

 

肝臓の働きを高めて、
二日酔いを防いでくれるんですよ。

 

 

居酒屋に行ったら、
刺身のマグロは必須ですね!

 

 

マグロを食べるなら気をつけたいポイント

1)トロばかり食べない

そしてマグロといえば寿司ネタ!

 

脂が乗っているから!と
トロばかり食べるのではなく、

 

赤身や血合いの部分も食べるようにしましょう。

 

また、マグロは総じて高タンパクですが、
トロは脂が乗っているぶん、
カロリーも高く肥満を招きやすいです。

 

 

2)マグロは生で食べる

魚の栄養素を取るにはが一番。

生ということはつまり。。お刺身ですね。

 

 

刺身にして、赤身もトロもバランスよく食べる。

 

これが正解です。

 

お刺身を買うときに、ぜひ思い出してみてくださいね。

 

栄養学や食・料理の勉強におすすめの本を紹介

栄養学や食事、料理のことをもっと詳しく学びたい方に、おすすめの本をまとめてみました。

今回の記事と合わせて、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>【実際に読んでみた】栄養学と食の勉強・独学におすすめの本10選

>>【実際に読んでみた】料理が上手くなるための勉強におすすめの本12選

 

チップをいただけると、心から喜びます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

3年間のOL生活を経て、栄養士の専門学校に入学。学校を首席で卒業し、栄養士の資格を取得後、栄養士として勤務。 健康セミナーの実施や料理教室講師、食育活動、調理の仕事やケータリングなど幅広く経験。美容・健康と食の専門知識をいかして、ブログを書いています。