お味噌汁のネタが切れたらこれ!アレンジ味噌汁5選

スポンサーリンク




お味噌汁のアレンジ方法ってどんなのがあるのかな?

 

ちょっとお味噌汁に変化を出したいな、と思ったとき、どんなふうにアレンジしていいか悩んでしまいますよね。

 

そこで今回は、普段のお味噌汁のアレンジ方法をお伝えします。

 

夏におすすめ!トマト・なす・そうめんの味噌汁

 

夏野菜のなす、トマトにそうめんを入れました。

 

そうめんの余りが冷蔵庫にあったら、お味噌汁に入れてみてください。意外と合います。

 

トマト・なす・そうめんの味噌汁の作り方

今回は、撮影のため、そうめんをあらかじめ茹でました。

お湯が湧いてから2分茹でます。

(パッケージの茹で時間を見てくださいね。)

 

トマトは一口大に切ります。

湯むきする必要はないように感じたので、

湯むきはせずにそのまま味噌汁へ入れます。

 

なすも薄切りにし、水にさらしてアクを抜きます。

 

その後、鍋になすと水を入れます。

今回、時間がなかったので

出汁はとりませんでした。

 

なすが柔らかくなったら、

トマトを入れます。

 

茹で上がり、水で冷やしたそうめんを入れます。

なんだかいい感じ!

そうめんは茹でてあるので、

グラグラ煮立てないようにします。

火を消して、味噌を時入れます。

 

出来上がり!

 

mina
そうめんと味噌汁、合います!

なす、トマトの組み合わせも良いです。

 

洋風アレンジの味噌汁

大根、玉ねぎ、トマト、小ねぎを使いました。

 

洋風味噌汁の作り方

まずはじめに、鍋にオリーブ油を熱し、

弱火で玉ねぎと大根を炒めます。

 

しんなりするまで炒めたら、水を注ぎます。

水と一緒に、ブイヨンも少し入れます。

市販のブイヨンを使いました。

大根と玉ねぎが柔らかくなったら、

トマトを入れて少し温め、

最後に火を止めて味噌を時入れます。

 

mina
洋風の味にも、味噌が合います!

味噌を入れなければ、野菜スープ。

味噌を入れれば、洋風仕立ての味噌汁!

変幻自在です。

 

豆乳入り味噌汁

正直これがいちばんおすすめですね。味噌と豆乳の相性がいいです。

 

具には、ゴーヤーとかぼちゃを使いました。

ゴーヤーは苦味が目立つので、甘みのあるかぼちゃと合わせました。

 

ゴーヤーとかぼちゃの豆乳味噌汁の作り方

 

まずは、ゴーヤーを半分に切って中のわたを取り、

端から薄く切っていきます。

苦いのが好きな人は厚く。

苦手な方は、薄く切り、

塩を振って10分ほど置いておきます。

時間が経つと、ゴーヤーがしんなりとしてきます。

水で全体を洗ってから、水気をよく絞り、

かぼちゃ・水とともに鍋に入れて加熱します。

5分もすると、かぼちゃが柔らかくなります。

私は、かぼちゃに楊枝をさして、

固さを確認しています。

 

かぼちゃが柔らかくなったら、豆乳を入れます。

周りがふつふつとしてきたら、火を止めます。

 

mina
蓋をして煮込むと、豆乳が吹きこぼれるので、温めすぎには注意してくださいね!

最後に味噌をといて完成です。

 

絶品です!!

これが正直、一番おいしかった。

 

 

ゴーヤーの苦味がありますが、

かぼちゃが甘いのと、

豆乳と味噌のおかげで味がまろやかになっているので、

苦いゴーヤーも食べやすいです。

 

 

甘酒入り味噌汁

具は、大根とわかめ。

水の半量を、甘酒に置き換えました。

 

甘酒味噌汁の作り方

 

まず、薄く切った大根と水を鍋に入れて、火にかけます。

大根が柔らかくなるまで煮ます。

 

甘酒を用意!

国産有機玄米を使用した、

濃縮タイプの甘酒を使いました。

 

 

 

冷汁の味噌汁

「冷汁」(ひやじる)は、宮崎県の名物です。

 

ごはんの上に、水でといた味噌とごまといりこ、

(味噌・ごま・いりこは事前にすり鉢ですり、

少し焼いて香ばしくします)

きゅうり、ミョウガ、しそを

順番にのせていって、完成です。

 

見た目も爽やかで、美しい仕上がりですね!

 

かんたん冷や汁の作り方


 

まず、きゅうりを小口切りにして、塩少々をまぶして

軽くもんで全体に塩を行き渡らせ、

そのまま10分ほど置いておきます。

 

その間にミョウガを小口切りにします。

しそは千切りに。

ミョウガとしそを切り終わったら、水に放します。

アク抜きをして、シャキッとさせます。

 

すり鉢にいりこ、ごま、味噌を入れて

よく擦ります。

 

すり鉢がなければ、ボウルでも大丈夫。

ただし、ボウルの場合は

いりごま→すりごま

いりこ→煮干し(粉末)

に変えた方が、混ぜやすいかと思います。

 

いりこ(煮干し)も、粉々になるまで擦ります。

そのあと、アルミホイルの上に塗り、

フライパンかオーブントースターで軽く焼きます。

 

今回は、弱火で2〜3分焼いて、

香ばしくしました。

 

これを水でときます。

 

汁椀に、下から

ご飯→味噌・いりこ・ごまを水でといたもの→

きゅうり→ミョウガ&しそ

の順にのせて完成です。

 

 

おまけ:味噌の種類を変えるのもあり

味噌の種類を変えてみる

 

麦味噌

 

いつもは米味噌(田舎味噌)・白味噌を使っていますが、

今回、麦味噌を使ってみました。

 

独特の味わい!また普段とは違った味になります。

 

 

いかがでしたか?

普段作る味噌汁に、少しアレンジを加えてみると、新しい発見がありますね。

 

特に、豆乳と味噌の相性は抜群でした。

 

気に入ったものがあれば、試してみてくださいね。

 

栄養学や食・料理の勉強におすすめの本を紹介

栄養学や食事、料理のことをもっと詳しく学びたい方に、おすすめの本をまとめてみました。

今回の記事と合わせて、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>【実際に読んでみた】栄養学と食の勉強・独学におすすめの本10選

>>【実際に読んでみた】料理が上手くなるための勉強におすすめの本12選

 

チップをいただけると、心から喜びます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

3年間のOL生活を経て、栄養士の専門学校に入学。学校を首席で卒業し、栄養士の資格を取得後、栄養士として勤務。 健康セミナーの実施や料理教室講師、食育活動、調理の仕事やケータリングなど幅広く経験。美容・健康と食の専門知識をいかして、ブログを書いています。