「老化を防ぐ理想の二度寝」とは?

スポンサーリンク




こんばんは。minaです。

 

最近、学校が始まって、やっと生活のリズムが戻ってきました。

 

 

今の学校のクラスが本当に楽しいので、冬休み最後の方は、学校に行きたくて行きたくて仕方がありませんでした(笑)

 

 

私は平日は毎日、9時から授業が始まります。

 

 

学校に間に合うように、毎日6時に起きています。

 

「老化を防ぐ理想の二度寝」とは?

寝だめは体に悪い?

アンチエイジングの勉強をするようになってからは、

休みの日も、起きる時間に気をつけるようになりました。

 

 

あなたは、休みの日、二度寝をしますか?

 

二度寝、気持ちがいいですよね〜!

 

特に、冬は布団があったかいし、二度寝が至福のひとときですよね。

 

 

でも、二度寝をして、かえって調子が悪くなったことありませんか?

 

 

「普段、睡眠が足りていないから、休みの日くらい、寝だめする!」

 

 

これは、実は大きな間違いです。

 

 

寝だめしようとして10時間以上眠り、お昼に起床したとすると、体内時計のリズムが崩れます。

 

 

 

体内時計が乱れると、自律神経やホルモンも同時に乱れて、体の不調を招きます。

 

 

お昼まで二度寝をしてしまうと、疲れが取れるどころか調子が狂って、かえって疲れがたまってしまいます。

 

 

私たちは、毎日規則正しく十分な睡眠をとることでしか、心身の健康を保つことはできないのです。

 

 

普段睡眠不足なら、寝坊ではなく早寝をしよう

もし、平日はどうしても睡眠不足になりがちなら、

 

寝坊による寝だめではなく、「早寝して定時に起きる」のがおすすめです。

 

 

いつもは深夜1時に寝て、朝7時に起きているなら、

 

休日はいつもよりちょっと早めの21時に寝て、朝はいつも通り7時に起きる。

 

 

つまり、寝る時間だけを早めればいいんですね。

 

こうすれば、体内時計が乱れることなく、睡眠不足を取り返すことができます。

 

 

「老化を防ぐ理想の二度寝」とは?まとめ

*睡眠負債返済の鉄則*

(1)だらだら寝ない

体内時計のリズムが狂い。

不調や老化の原因になります。

(2)起きる時間を変えない

(3)いつもより早く寝る

 

 

 

寝坊ではなく早寝をしましょう。

 

 

特に疲れている時は、いつもより3時間ほど早く眠りましょう。

 

どうしても二度寝がしたい!そんな時はこうしよう

 

どうしても二度寝したいとき。

こんなふうにするといいですよ^^

 

 

*理想の二度寝*

OK

目覚めても起き上がらずに

そのまま90分までの二度寝にとどめる

 

二度寝は最高でも90分。

私も、二度寝するときは自分に言い聞かせています。

 

 

NG

朝日を浴びる、朝食をとる、テレビを見るなど

覚醒モードになった後に再び眠る

 

いったん覚醒モードになったら、

そのあとはもう一回寝ないようにしましょう。

よかったら試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事