健康的で体にいい、安全な油の選び方【栄養士おすすめ】

加熱に強い油の選び方

スポンサーリンク




こんにちは。栄養士のminaです。

 

健康的で体にいい油の選び方が知りたいんだけど、どうやって選べばいいんだろう…。油って種類がいろいろありすぎて、どの油が安全なのかよくわからないんだよね…。

 

こんなふうに、健康のことを考えた油の選び方の選び方で悩んだことはありませんか?

 

 

油にもたくさん種類があって、どれを選んだらいいのかわからなくなってしまいますよね。

 

 

そこで今回は、健康的で体にいい、安全な油の選び方を、栄養士の視点から紹介します。

 

本記事のテーマ

健康的で体にいい、安全な油の選び方がわかります。

 

記事の信頼性

栄養士 赤石美波

栄養士 赤石美波

 

栄養士の資格を持ち、料理教室の講師や、栄養士として現場で働いてきた経験のある私が、健康的で体にいい、安全な油の選び方についてお伝えします。

 

 

読者さんへの前置きメッセージ

この記事を読んだあとは、健康的で体にいい、安全な油の選び方がわかって、ふだんのお買い物や料理にいかせる知識を身につけることができますよ。

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

 

 

健康的で体にいい、安全な油の選び方【栄養士おすすめ】

炒めものや揚げ物などに使う加熱用と、ドレッシングなど生で食べる非加熱用に分けてお伝えします。

加熱用には、バター・牛脂・純正ラード・米油・ごま油・オリーブオイル

体にいい本物のオリーブオイルの選び方

炒めものや揚げもの料理などの加熱用には、

  • バター
  • 牛脂
  • 純正ラード
  • 米油
  • ごま油
  • オリーブ油

 

このあたりがおすすめです。

 

「バターは値段が高いし、牛脂やラードはちょっと使いにくいし抵抗があるな…」って方は、米油を一つ持っておくと良いと思います。

 

 

私も、バターは値段が高いのでめったに料理には使いません。

 

米油はクセもなくてどんな料理にも合うので、キッチンに常備しておいて、いろいろな料理に広く使ってます。

 

 

ごま油も加熱に強いので、中華料理を作るときはよく使ってます。

 

 

オリーブオイルも加熱に強いのでおすすめですが、炒めものなど加熱用には、エキストラバージンオリーブオイルではなく「ピュアオリーブオイル」を選んでくださいね。

 

 

エキストラバージンオリーブオイルは、風味が豊かで値段も高いのですが、加熱すると風味がとんでしまいます。

 

せっかく高いお金を払って買ったのにもったいないので、エキストラバージンオリーブオイルを加熱用には使わない方が良いと思います。

 

オリーブオイルの選びかたについては、別の記事でくわしく解説してます。

>>体にいい本物のオリーブオイルの選び方【栄養士おすすめ】

 

 

非加熱用には、アマニ油・えごま油・エキストラバージンオリーブオイル

アマニ油

サラダのドレッシングなど、加熱せずに生で食べる油では、

 

  • アマニ油
  • えごま油
  • エキストラバージンオリーブオイル

 

この3つがおすすめです。

 

特に、アマニ油やえごま油は、加熱すると酸化してしまいます。

 

 

せっかく健康のことを考えて、高いお金を払ってアマニ油やえごま油を使うなら、加熱せずに生でいただくのがおすすめです。

 

 

健康的で体にいい、安全な油の選び方まとめ

加熱に強い油の選び方

まとめると、こんな感じです。

 

  • 加熱用には、バター・牛脂・ラード・米油・ごま油・オリーブオイル
  • 非加熱用には、アマニ油・えごま油・エキストラバージンオリーブオイル

 

もちろん、全部そろえなくても良いです。

私は、米油がどんな料理にも合って加熱にも強いので、米油をよく使っています。

 

 

いかがでしたか?

 

ぜひ、油を選ぶときの参考にしてみてくださいね。

 

 

栄養学や食の勉強におすすめの講座を紹介

栄養学や食事のことをもっと詳しく学びたい方に、おすすめの講座を探してみました。

  • 「家族のごはんをもっと栄養バランスのとれたものにしたい!」
  • 「栄養学を学びたいけど、学校に通うのはむずかしい」
  • 「通信で食関連の資格をとりたい」

 

一つでも当てはまるなと思った方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>栄養学と食の勉強におすすめ!人気講座ランキング5選【主婦の方もOK!】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事