料理写真をきれいに撮るときのコツ【おしゃれに撮れる!】

スポンサーリンク




 

 

 

料理写真について気をつけていることを話す前に、前に撮っていた写真を振り返っていきます。

 

5年前の写真

 

ちなみに

5年前の写真は、こんな感じです。

 

??

 

mina
おそらく、ハヤシライスが作りたかったのでしょう!

 

次の料理写真です。

ひじきの炒め煮

ひじきなのに白っぽい写真で、ひじきらしさが出ていません。

 

次の写真。

??

おそらく、グラタンです。

 

最初はこんな感じでした。

 

「おいしそう〜!」とはなかなか言えるレベルではありません。

 

2年前の写真

 

撮り続けるうちに、こんな感じになりました。

 

 

かぼちゃグラタンです。

おいしそう!

 

 

チーズハンバーグ。

これもけっこうおいしそうです。

 

今の料理写真

いろいろ工夫したり練習した結果、こうなりました。

キャラメルバナナマフィン

スタイリッシュな写真になりました。

お弁当を撮ったり、

 

 

お正月にお煮しめを作って撮ったことも。

このお煮しめは、今年の1月の写真です。

 

きんぴらごぼうもおいしそうに撮れてます。

 

料理写真をきれいに撮るために私がやったこと

一眼レフを買う

 

最初は、料理に近づいてアップで撮ったり、ちょっと角度を変えて撮ってみたりしていましたが、

5年前に私が持っていたスマホには、「おいしそうに撮れるアプリ」や、おいしそうに撮れる写真機能はありませんでした。

 

 

そこで、一眼レフを使いました。

 

もともと、花や人、風景を撮る目的で購入したのですが、

 

「料理も一眼レフで撮ってみよう」と思いました。

 

やってみた結果、もちろん一眼レフの方が画質がよく、

料理写真のきめ細やかさ、見た目の美しさが格段にアップしました。

 

 

後ろもボケるので、雰囲気が出しやすいです。

 

使用したレンズ

 

私が使っているレンズはこちらです。

 

 

ほとんどの料理を、このマクロレンズで撮っています。

 

かなり明るいレンズで、夕方でも窓際からの自然光が入れば、

 

まるで昼間のように撮れます。

 

 

ちなみにここに載せたレンズはニコン用です。

私は、ニコンのカメラを使っています。

 

 

一眼レフの中でも軽く、女性でも持ちやすいです。

 

撮影ガイドも内蔵されていて、初心者向け

 

キットレンズが2個ついているので、料理だけではなく普段使いにも可能。人や風景もきれいに撮れます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

3年間のOL生活を経て、栄養士の専門学校に入学。学校を首席で卒業し、栄養士の資格を取得後、栄養士として勤務。 健康セミナーの実施や料理教室講師、食育活動、調理の仕事やケータリングなど幅広く経験。美容・健康と食の専門知識をいかして、ブログを書いています。