ジョコビッチの生まれ変わる食事を再現してみた〜朝食編その1〜

スポンサーリンク




こんにちは。栄養士のminaです。

 

「ジョコビッチの生まれ変わる食事」という本を読んで、巻末に載っていたメニューを再現してみました。

 

 

この本です。

 

 

まずは朝食編から行きましょう。

 

「ジョコビッチの生まれ変わる食事」王者のレシピ〜朝食編〜


パワーボウルミューズリー

材料がわりと特殊で、富澤商店で購入しました。海外のレシピのせいか、少しいつもと違う感じがします。

 

本に書かれていたレシピはこちら。

材料(2人分):

オーガニックグルテンフリーロールドオーツ1.1/4カップ
ドライクランベリー1/2カップ
ゴールデンレーズン1/2カップ
ペピタ(かぼちゃの種)またはひまわりの種1/2カップ
スライスアーモンド1/2カップ
ライスまたはアーモンドのミルク(オプションで)
バナナ・ベリー・あるいはスライスされたリンゴ(オプションで)
天然甘味料(オプションで)

 

オプションでっていうのは、お好みで、という意味らしいです。

 

今回の再現では、「オーガニックグルテンフリーロールドオーツ」は、普通のオートミールで代用。

 

押し麦とは全く別物のようなので、気をつけてくださいね。

 

ゴールデンレーズンは、普通のレーズンで。
(お店にゴールデンレーズンに似たものがあったのですが、確か亜硫酸塩?が使われていたので尻込みしました。。。)

 

果物や天然甘味料は、特に入れませんでした。

 

 

作り方:

⑴中ぐらいのボウルか、もし旅行中であれば密封可能な袋にロールドオーツ・クランベリー・レーズン・タネ類、アーモンドを入れる。
⑵これにライスまたはアーモンドのミルクを加える。好みでバナナ、ベリー、スライスされたリンゴ及び天然甘味料を加えても良い。

「もし旅行中であれば」って文言があるのも、遠征の多いテニス選手らしいですね^^*

 

作り方は、材料を混ぜるだけなので簡単でした。

 

まずはオートミールを器に入れます。

 

それから、かぼちゃのタネ、ドライクランベリーやレーズンを入れていきます。

アーモンドミルクは別のコップに入れて、これで完成ですね。

 

なかなか日本には馴染みのない、ドライクランベリーやパンプキンシードなど、

材料は特殊な感じでした。

 

 

でも作り方は、材料を入れるだけなので簡単✨

アーモンドミルクを注いでいただきます。

 

 

味は、ちょっと好みが分かれる感じかな?と思いました。

個人的に、和食好みの私にはあまり好みではありませんでした・・・汗

まあ、栄養素の面から言えばすごく良いのかもしれません・・・。

 

さて、次のメニューへ。

ブルーベリーアーモンドバタースムージー

材料:(4人分)

冷凍ブルーベリー2.1/2カップ
冷凍バナナ1本
アーモンドバター大さじ2
新鮮なほうれん草1.1/4カップ
甘味料が入っていないアーモンドミルク2.1/2カップ

 

今回は、ブルーベリーとバナナは冷凍ではなく、生のものを使いました。

 

作り方:

大型のミキサーでブルーベリー・バナナ・アーモンドバター・ほうれん草・アーモンドミルクを完全に混ざって一体となるまでピューレにする。これをグラス4つに分けてすぐに飲むこと。

 

 

ミキサーはなかったので、材料を全てフードプロセッサーに入れて撹拌します。これだけで完成です。

 

見た目が食欲がわかなそうな色でびっくりしましたが、飲んでみたらバナナの味がして、飲めることには飲める味でした。

 

 

しかし、1/3くらいが限界で、なかなか飲み進めるのが難しい感じでした・・・( ;∀;)

 

 

うーん、理論的には体に良いんだろうけど、

やっぱり朝食べるなら、ご飯と味噌汁と納豆がいいな〜、と、

日本の朝ごはんがいつもより一層魅力的に感じた朝でした。

 

 

しかし、味の好みも人によって違うので、

スムージーが大好き!!なんて方にはいいのかもしれません。

 

 

また続編を書いてみようかなと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事