【口コミ】独学できる?離乳食・幼児食コーディネーターの資格の取り方と難易度

ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーターの資格講座の教材

スポンサーリンク




一児のママ
ユーキャンの「離乳食・幼児食コーディネーター」の資格を取りたいと思ってるんだけど、独学できるのかな?

実際に受講した人の口コミが知りたい!

 

妊娠中や育児の合間の時間でユーキャンの「離乳食・幼児食コーディネーター」の資格を取ろうと思っているものの、

実際に受講した人の口コミや感想がわからないと、受講になかなか踏み切れないですよね。

 

そこで今回は、この3つを記事で紹介します。

  • 「離乳食・幼児食コーディネーター」の資格は、独学でも取れるのか?
  • 「離乳食・幼児食コーディネーター」を実際に受講した人の感想や口コミ
  • 「離乳食・幼児食コーディネーター」とほかの似た資格の違い

一つでも当てはまれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

【合格率や難易度は?】離乳食・幼児食コーディネーターの資格とは

離乳食・幼児食の資格

離乳食・幼児食コーディネーターは、一般社団法人 日本味育協会が主催する民間の資格です。

ユーキャンが取り扱っているのは、「離乳食・幼児食コーディネーター」の資格講座で、資格を取るためにはユーキャンの講座を受講することが必須条件となります。

 

mina
離乳食や幼児食を学びたい方なら誰でも受けることができますよ!受験資格は特にありません。

 

「離乳食・幼児食コーディネーター」の試験概要を、表にまとめました。

資格名 離乳食・幼児食コーディネーター
資格認定元 一般社団法人 日本味育協会
受験資格 特になし
受験日程 いつでも可
受験会場 在宅受験
受験科目 ユーキャンの講座内容から出題
出題形式 マークシート方式
試験時間 在宅受験のため、特になし
受験料 無料
(受講料に含まれる)
受講料
(税込)
¥32,000
学習期間 4ヶ月
特に分かれていない
合格基準 全体の70%以上
合格率 非公開

※試験概要は変更になる場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

離乳食・幼児食コーディネーターの資格試験は、食生活アドバイザーのように2級・3級などと分かれていません。

テキストを見ながら在宅受験OKなので、自分のペースで進められます。試験に苦手意識がある方も安心して取り組めますよ。

 

一児のママ
自分の好きなタイミングで、リラックスして受験ができるから安心ですね!

>>【無料】この講座を資料請求する

>>この講座を今すぐ受講する

 

離乳食・幼児食コーディネーターの資格は独学できる?

勉強

結論からいうと、離乳食・幼児食コーディネーターは独学ができません。

ユーキャンの講座を受講することが、資格取得の条件となります。

 

mina
自分で本を買って、離乳食や子どもの食事のことを独学してもいいのですが、勉強の範囲や大事なポイントがわからずに、途中で勉強をやめてしまう人も多いです。

 

「重要なポイントをプロに教わって、最後まで勉強をやりきる」「体系立てて学ぶ」ことができるのが、通信教育のメリットです。

わからないことがあったらいつでも質問できるので、存分に活用してみましょう!

>>【無料】この講座を資料請求する

>>この講座を今すぐ受講する

 

【違いは何?】離乳食・幼児食コーディネーターと乳幼児食指導士

離乳食・幼児食の資格

離乳食や幼児食に関する資格はたくさんあって、違いがよくわからないですよね。

そこで今回は、この2つの違いをわかりやすくまとめました。

  • 「離乳食・幼児食コーディネーター」と「乳幼児食指導士」の違い
  • 「離乳食・幼児食コーディネーター」と「幼児食アドバイザー」の違い

 

教材の違いはほとんどなし

まずは、教材を比べてみました。

 

◆離乳食・幼児食コーディネーターの教材

  • テキスト3冊
  • 離乳食・幼児食レシピ集58
  • 食材・外食ハンドブック
  • DVD「離乳食・幼児食 調理のポイント」
  • ガイドブック
  • 添削関連書類一式

◆乳幼児食指導士の教材

  • テキスト4冊
  • 子どもが喜ぶ食物アレルギーレシピ100
  • 子どもがよろこぶ乳幼児食かんたんレシピ
  • 乳児・幼児のための食育ブック
  • 受講ガイドブック
  • 添削関連書類一式

教材はどちらもテキストが3〜4冊と、レシピ集つき。

ユーキャンの「離乳食・幼児食コーディネーター」は、離乳食や幼児食の調理のポイントがわかるDVDつきですが、

「乳幼児食指導士」の方は、DVDはなく、テキストのみです。

 

また、「乳幼児食指導士」にある食物アレルギーレシピ集は、ユーキャンの「離乳食・幼児食コーディネーター」にはありませんが、

ユーキャンでは3冊あるメインテキストの中で、食物アレルギーのことが学べます。

 

料金は離乳食・幼児食コーディネーターの方がお得

料金など教材以外の内容も、わかりやすいように表にまとめてみました。

↓スマホの方へ:表は横にスクロールできます。

離乳食・幼児食
コーディネーター
乳幼児食指導士
資格認定団体 日本味育協会 株式会社日本フローラルアート
受験資格 特になし 特になし
受講費用
(税込)
◎¥32,000 △¥39,800
(認定証は別料金)
受験料 受講料に含む 受講料に含む
受講方法 通信教育
(ユーキャン)
通信教育
(東京カルチャーセンター)
受講期間 4ヶ月
(◎サポート期間12ヶ月)
6ヶ月
試験 マークシート
(在宅受験)
講座修了で
資格取得
種類 級は特に分かれていない 級は特に分かれていない

資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

 

離乳食・幼児食コーディネーターと乳幼児食指導士は、どっちがいいの?

結論、同じくらいの教材ボリュームで、添削サポートや教材が充実しているユーキャンの「離乳食・幼児食コーディネーター」の方がおすすめです。

 

料金で比べると、ユーキャンの「離乳食・幼児食コーディネーター」の方が安いですね。

サポート期間も12ヶ月と、ユーキャンはたっぷり期間があります。

  • 送料や受験料が無料
  • 総額の料金を抑えられる
  • 料金が安いが、教材やサポート内容が充実している

この3つから、ユーキャンの「離乳食・幼児食コーディネーター」の方がおトクです。

>>【無料】離乳食・幼児食コーディネーターの資料請求をする

>>離乳食・幼児食コーディネーターを今すぐ受講する

 

【違いは何?】離乳食・幼児食コーディネーターと幼児食アドバイザー

離乳食・幼児食コーディネーターと幼児食アドバイザーの違いも、名前が似ているので、何が違うのかパッと見ではわからないですよね。

料金は離乳食・幼児食コーディネーターの方がお得

幼児食アドバイザーの教材は非公開だったので、資格の概要を表にまとめました。

↓スマホの方へ:表は横にスクロールできます。

離乳食・幼児食
コーディネーター
幼児食
アドバイザー
資格認定団体 日本味育協会 一般社団法人 母子栄養協会
受験資格 特になし 特になし
受講費用
(税込)
◎¥32,000 △¥41,000
受験料 受講料に含む 受講料に含む
受講方法 通信教育
(ユーキャン)
通信教育
(座学は開講見合わせ中)
受講期間 6ヶ月
◎(サポート期間12ヶ月)
(2時間半×2日間)5時間
試験 マークシート
(在宅受験)
筆記
(在宅受験)
種類 級は特に分かれていない 離乳食アドバイザー
幼児食アドバイザー
学童食アドバイザー

資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

 

離乳食・幼児食コーディネーターと幼児食アドバイザーは、どっちがいいの?

表を見るとわかりますが、幼児食アドバイザーの方は、「離乳食アドバイザー」と資格が分かれているので、勉強できる範囲が幼児食に限られます。

これに比べ、ユーキャンの講座では「離乳食・幼児食」のどちらも勉強できるので、ユーキャンの方がおすすめです。

 

mina
「これから子供が産まれるから、離乳食のことも勉強したい」という方には、離乳食・幼児食どちらもカバーしている、ユーキャンの講座を選ぶといいですよ!

 

>>【無料】この講座を資料請求する

>>この講座を今すぐ受講する

 

離乳食や幼児食に関する資格は、離乳食・幼児食コーディネーターが有名どころですが、それ以外にも資格はたくさんあります。

こちらに一覧でまとめているので、「全部の離乳食や幼児食の資格を見たい」という方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>【離乳食・幼児食の資格を一覧比較】どんな種類がある?通信で取れるおすすめは?

離乳食・幼児食の資格

【離乳食・幼児食の資格を一覧比較】どんな種類がある?通信で取れるおすすめは?

2020年9月15日

 

離乳食・幼児食コーディネーターと栄養士と独学で比較

勉強

子供の栄養学といえば「栄養士」という職業を思い浮かべる人も多いですよね。

ただし、栄養士の資格は国家資格なので、国が指定する栄養士の学校に通わなければいけません。

 

実際に国家資格の栄養士を取得した場合と、ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーター、独学の場合で、取得費用や期間など違いを表でまとめて、比較してみました。

↓スマホの方へ:表は横にスクロールできます。

独学 離乳食・幼児食
コーディネーター
◎おすすめ
栄養士学校
形式 在宅で自分で勉強 ◎在宅で通信教育
△通学
期間 特になし ◎4ヶ月 △2年間
サポート期間 特になし ◎12ヶ月 ◎通学期間の2年間
試験 なし ◎在宅受験 卒業で免許取得
費用 ◎¥1,000〜
(テキスト代)
◯¥32,000 △300万円〜400万円
メリット 費用が抑えられる 費用を抑えつつ、
資格も取れる
国家資格が取れる
デメリット 資格は取れない
記録が残らない
栄養士学校のような
専門的内容は学べない
費用が高く、
期間も長い。
通学は昼間のみ

※レッスンの詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

独学は3つの中でいちばん費用は抑えられますが、どの範囲を勉強していいのかわからなかったり、期間の縛りがないので途中で勉強をやめてしまう人も多いです。

 

かといって栄養士の学校で栄養や健康の知識を学ぼうとすると、最低2年はかかりますし、費用も300万円以上と莫大な金額がかかるんですよね。

(私は社会人から栄養士学校に通って、リアルに2年と300万かかりました…)

学校

【実体験】社会人から栄養士専門学校に通うデメリットとメリット

2020年6月20日

 

ほかの離乳食・幼児食が学べる資格などと比較しても、

ユーキャンの「離乳食・幼児食コーディネーター」は、プロ監修の講座で離乳食や幼児食のことを勉強できて、コスパよく資格が取れるのでおすすめです。

>>【無料】この講座を資料請求する

>>この講座を今すぐ受講する

 

離乳食と幼児食の違いは何?

一児のママ
「離乳食・幼児食コーディネーター」とか「幼児食アドバイザー」とか資格名がいくつか出てきたけど、そもそも離乳食と幼児食は、何が違うの?

離乳食と幼児食は、「生まれてから何ヶ月までが、離乳食」などのように、具体的な時期で線引きできるわけではありません。

目安としては、こんな感じです。

離乳食生後5ヶ月から18ヶ月頃まで

幼児食生後12ヶ月(18ヶ月)から5歳くらいまで

mina
私も保育園の栄養士をしていた時期がありますが、成長は子どもによっても違うので、あくまで目安だと考えてくださいね。

離乳食・幼児食コーディネーターを資料請求してみた

実際に、ユーキャンで資料請求をしてみました。

2日くらいですぐに届きました!こんな感じのカラフルな資料で、学べる内容がわかりやすく書かれています。

資料請求したのは1月末だったのですが、次の月の2月をスタート地点として、どんなスケジュールで勉強が進められるのか、イメージしやすくなっています。

お客さんが申し込んだ月によって、その人にぴったりのプランになるように内容を変えているんですよね。すごい企業努力…なんだか感動しました。

教材の内容がとてもわかりやすく紹介されていて、ワクワクしてきます。

資料請求は無料です!

「これから離乳食・幼児食コーディネーターを受講しようか迷っている」という方は、ぜひ取り寄せてみてくださいね。

>>【無料】この講座を資料請求する

>>この講座を今すぐ受講する

 

【口コミ】離乳食・幼児食コーディネーターを受講した人の感想

栄養学の勉強
一児のママ
離乳食・幼児食コーディネーターの資格で何が学べるのかは、だいたいわかったわ。

実際に受講した人の声や評判を聞きたいな!

 

「離乳食・幼児食コーディネーター」の受講体験レビュー

私の知り合いに、実際に受講をした人が感想をブログ記事に書いているので、参考にしてみてください。

>>【実際に受講してみた】離乳食・幼児食コーディネーターの口コミ【仕事にもいかせるの?】

 

「離乳食・幼児食コーディネーター」SNSの口コミ

ほかにも、SNSで離乳食・幼児食コーディネーターを実際に受講した人の口コミを調べてみました。

mina
女性だけではなく、男性のかたも資格取得のために勉強していますね!意識が高くて素晴らしいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Madoka58(@madoka721rito)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

旦那弁当(@ottottoloveben)がシェアした投稿

口コミを見ていると、妊娠中の時間をうまく使って、これから生まれてくる子どものために勉強している人も多いですね。

「離乳食・幼児食コーディネーター」とほかの似た名前の資格を比較しましたが、ユーキャンを選んでおけば、料金面でもお得なのでまず損をすることはないでしょう。

>>【無料】この講座を資料請求する

>>この講座を今すぐ受講する

 

離乳食・幼児食コーディネーターの資格まとめ

赤ちゃん
  • 「離乳食・幼児食コーディネーター」は独学できない。ユーキャンの資格講座の受講が必須
  • 「離乳食・幼児食コーディネーター」はほかの資格と比べて料金が安く教材も充実。最もコスパよく学べる

離乳食・幼児食を通信講座で学んでおけば、出産後もあわてることはありません。

また、出産後でも、小さい子どもの食事の悩みを解決することができたり、プロに食事の質問や相談をすることも可能。

 

受講を申し込んでも、8日以内なら送料負担のみで返品・返金もできます。

「実際にテキストを見ないと、どんな感じなのか不安…」という方も、安心して申し込めるので、この機会に資格試験にぜひチャレンジしてみてくださいね。

>>【無料】この講座を資料請求する

>>この講座を今すぐ受講する

 

子供の栄養学や食の勉強におすすめの本を紹介

子供の栄養学や食事、料理のことをまずは独学してみたい方に、おすすめの本をまとめてみました。

今回の記事と合わせて、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>【実際に読んでみた】子供の栄養学や食事の勉強のおすすめ本8選

>>【実際に読んでみた】栄養学と食の勉強・独学におすすめの本10選

こちらの記事もどうぞ!

離乳食・幼児食の資格

【離乳食・幼児食の資格を一覧比較】どんな種類がある?通信で取れるおすすめは?

2020年9月15日

>>【離乳食・幼児食の資格を一覧比較】どんな種類がある?通信で取れるおすすめは?

離乳食

【口コミ】幼児食インストラクターの資格の取り方・仕事に活かせる?

2020年9月9日

>>【口コミ】幼児食インストラクターの資格の取り方・仕事に活かせる?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

3年間のOL生活を経て、栄養士の専門学校に入学。学校を首席で卒業し、栄養士の資格を取得後、栄養士として勤務。 健康セミナーの実施や料理教室講師、食育活動、調理の仕事やケータリングなど幅広く経験。美容・健康と食の専門知識をいかして、ブログを書いています。