寝すぎると老ける?【栄養士がわかりやすく解説!】

スポンサーリンク




こんにちは。minaです。

 

理想の睡眠時間は何時間?

 

あなたは、理想の睡眠時間は何時間だと思いますか?
ちょっと考えてみてください。

 

 

正解は、人によっても多少違いますが、
「7時間」です。

 

中には、毎日2〜3時間しか寝なくても
全く問題ない人もいるようですが、
こういった人はまれです。

 

寝すぎても老化する

アメリカで、100万人を対象に
「睡眠時間と寿命」についての調査が行われたとき、

 

1)3〜4時間睡眠
2)7時間睡眠
3)8時間半睡眠

 

の中で、(1)と(3)の人の
死亡率が高かったという結果が出ています。

 

睡眠は大事ですが、
寝れば寝るほど良いわけでもなさそうですね。
(体内時計も乱れやすくなります)

 

 

特に、脳機能は長すぎる睡眠で老化が進みます。

 

また、睡眠時間が短いと、
アンチエイジングホルモンがしっかり働きません。

 

(寝ている間に、
体の修復のためのホルモンが
たくさん出るので)

 

私は、11時くらいには布団に入り、
6時くらいにいつも起きるようにしています。
(これでちょうど7時間!)

 

7時間寝ると、体の調子がいつも良いので、
これを続けたいなと思っています。

 

睡眠不足だな、と感じる方は「7時間」を
ぜひ意識してみてくださいね。

 

遅く起きるより早く寝よう

ちなみに、すごく疲れた日は、
2時間遅く起きるよりも
2時間早く寝て、いつも通り起きる方が

 

体内時計も乱れにくく、疲れが取れやすいそうですよ。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

栄養学や食の勉強におすすめの講座を紹介

栄養学や食事のことをもっと詳しく学びたい方に、おすすめの講座を探してみました。

  • 「家族のごはんをもっと栄養バランスのとれたものにしたい!」
  • 「栄養学を学びたいけど、学校に通うのはむずかしい」
  • 「通信で食関連の資格をとりたい」

 

一つでも当てはまるなと思った方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>栄養学と食の勉強におすすめ!人気講座ランキング5選【主婦の方もOK!】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事