おやつを食べるなら何時がいいのか

スポンサーリンク




こんにちは。栄養士のminaです。

 

今回は、おやつを食べる時間について書きたいと思います。

 

甘いおやつは15時に食べると

いちばん脂肪になりにくいんです。

 

同じものを食べていても、食べる時間によって太り方が違う?

「時間栄養学」という言葉を知っていますか?

 

これは、食事をとる時間によって

体への吸収率が異なることを研究するものです。

 

たとえば、

体に脂肪をせっせと蓄える

BMAL1(ビーマルワン)というたんぱく質があります。

 

このBMAL1は、

時間帯によって出る量が違います。

 

BMAL1がいちばん出るのが、

22時〜午前2時まで。

 

この時間帯は、

食べたものがいちばん吸収されやすい時間帯です。

 

 

残業で長くオフィスにいる人は

おやつの量も多くなりがちでは。

 

同じものを食べていても、

昼と夜では吸収率がまるで違います。

 

甘いものを食べるなら15時より前に

22時以降になると、

脂肪を蓄えるたんぱく質は

昼間よりも20倍も多く出ています。

 

「甘いものは3時までなら大丈夫なのか」

と希望がわくかもしれませんが、

 

 

朝起きて光を浴びる時間や

朝ごはんの体内時計が乱れている人は、

 

この時間帯に食べても太る可能性がありますので、

体内時計を正しくセットすることも意識しましょう。

 

よく「お肌のゴールデンタイム」と言うけれど

 

よく「肌をきれいにする成長ホルモンの分泌がピーク(お肌のゴールデンタイム)になる22時〜2時の間に寝るといい」と言われますが、実はこれは誤りです。

最近の研究では、時間に関係なく眠り始めた時から最初の3時間のうちに、成長ホルモンが特に分泌されることがわかっています。

まとめ

今回の記事をまとます。

脂肪をせっせと体にためこむタンパク質であるBMAL1がいちばん多く出るのが、22時〜午前2時くらいまで。この時間が最も「太りやすい」時間帯。

逆に、BMAL1がいちばん少ないのが午後3時。

太りたくないなら、甘いものは15時までに食べ終えておき、逆に22時〜午前2時は避ける。

 

おやつを食べる時間、ぜひ意識してみてくださいね!

 

 

栄養学や食の勉強におすすめの講座を紹介

栄養学や食事のことをもっと詳しく学びたい方に、おすすめの講座を探してみました。

  • 「家族のごはんをもっと栄養バランスのとれたものにしたい!」
  • 「栄養学を学びたいけど、学校に通うのはむずかしい」
  • 「通信で食関連の資格をとりたい」

 

一つでも当てはまるなと思った方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>栄養学と食の勉強におすすめ!人気講座ランキング5選【主婦の方もOK!】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事