調味料を入れる順は「さしすせそ」。酒とみりんはいつ入れる?

スポンサーリンク




料理を作るときに調味料を入れる順番は、「さしすせそ」がいいって聞いたことがあるんだけど、酒とみりんはさしすせそに入ってないんだよね。

酒とみりんは、どのタイミングで入れればいいの?ってか、そもそも「さしすせそ」ってなんだっけ?

 

こんなふうに、調味料を入れる順番で迷ったことはありませんか?

 

そこで今回は、

  • 調味料の「さしすせそ」が何なのか
  • 酒とみりんはどのタイミングで入れるのか

について解説します。

記事の信頼性

栄養士 赤石美波

栄養士の資格を持ち、料理教室の講師や、栄養士として現場で働いてきた経験のある私が、調味料を入れる順番とタイミングについてお伝えします。

 

読者さんへの前置きメッセージ

この記事を読んだあとは、調味料の「さしすせそ」が何なのかと、みりんと酒も含めた、調味料を料理に入れる順番ついて、ふだんの料理にいかせる知識を身につけることができますよ。

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

料理を作るとき、調味料は「さしすせそ」の順で入れる

さばの味噌煮

料理を作るとき、調味料を入れる順番は、「さしすせそ」の順で入れます。

  • さ・・・砂糖
  • し・・・塩
  • す・・・酢
  • せ・・・醤油(昔は醤油のことを「せうゆ」と表記していました)
  • そ・・・味噌(味噌の「そ」)

この順に入れます。

 

調味料を「さしすせそ」の順番で入れる理由

まず、最初に入れる砂糖。

砂糖は、分子が大きいので、素材に味がゆっくりと染み込みます。

 

ちなみに塩は、砂糖よりも分子が小さいので、素早く食材に味が入ります。
塩を先に入れてしまうと、後からいくら砂糖を入れても、甘みが素材の中に入っていきません。

mina
最初に砂糖を入れることで、砂糖の大きな分子が、食材の中に先に入っていくことができます。

 

「バスケットボール」が砂糖の分子

「卓球のボール」が塩の分子

と思い浮かべると、わかりやすいかと思います。

 

四角い箱があったとして、

卓球のボール(塩)を先に口いっぱいまで入れてしまったら、

後からバスケットボール(砂糖)は入ることができませんね。

 

逆に、バスケットボール(砂糖)を先に箱いっぱいに入れたとしても、

卓球のボール(塩)が入る隙間はたくさんあります。

だから、砂糖を先に入れるんですね。

 

酒とみりんを入れるタイミングはいつ?

みりん

酒を入れるタイミングはいつ?

酒は、アルコールを飛ばさなければならないため、砂糖を入れる前に加えます。

アルコールを飛ばさないと、仕上がった料理がお酒臭くなってしまいます。

 

私は普段この料理酒を使っています。

 

みりんを入れるタイミングはいつ?

 

「本みりん」は、酒と同じく、アルコールを含みます。そのため、アルコールを飛ばす必要があります。

 

入れるタイミングは、酒と同時で、砂糖を入れる前です。

 

一方、「みりん風調味料」の場合は、アルコールが含まれていないため、風味づけとして、味噌や醤油と同じくらいのタイミング、つまりいちばん最後に入れます。

 

個人的には、みりん風調味料よりもうまみと風味がある「本みりん」がおすすめです。

いつもの料理がプロ級に。段違いに美味しくなりますよ。

三州三河みりん(700mL)【イチオシ】【d2rec】【rank】【三州三河みりん】

 

砂糖や酒が、素材をやわらかくするのに対して、塩は、素材を引きしめるはたらきがあります。

 

そのため、砂糖よりも後から加えます。

 

また、塩は、食材から水分を奪うはたらきがあります。

 

水分が抜けることで、味が染み込みやすくなるため、「さしすせそ」の「し」(2番目)。早い段階で入れます。

 

もちろん、先ほど書いたように、砂糖の分子よりも塩の分子の方が小さいので、砂糖よりも後に入れます。

 

 

酢、味噌、醤油は、香りが命です。

 

ちなみに酢は、塩以上に、食材に味が染みこむのを邪魔するので、砂糖や塩の後に加えましょう。

 

mina
「米酢」「穀物酢」なら、どんな料理にも比較的使えるので、「家にお酢がない」という方は、まずは米酢か穀物酢を買ってみてください。

 

ちなみに、私はいつも米酢を使っています。

 

最近は、村山造酢の「千鳥酢」を愛用中です。

 

 

酢、味噌、醤油は、早い段階で入れて長時間煮こんでしまうと、風味や香りがとんでしまいます。

 

そのため、砂糖や塩の後に入れましょう。

 

 

醤油と味噌は、味付けというよりは、風味づけと考えた方がいいです。

 

発酵食品なので、長時間火を通しすぎてしまうと、味が変わってしまいます。

 

おすすめの基本の調味料はこれ

醤油

一人暮らしで、最低限そろえたいのは、塩・醤油・砂糖・味噌・酢・みりん・酒・油です。

 

たくさんありますが、これらを一度買いそろえれば、おおよそ基本的な料理は作れます。

 

下の記事では、それぞれの調味料の選び方を解説していますので、興味のある方はチェックしてみてくださいね!

>>健康に良い、醤油の選び方の3つのポイント【栄養士が解説!】

>>健康に良いみりんの選び方【本みりんならOKとは限らない】

>>健康で安全な、味噌の選び方【栄養士がわかりやすく解説!】

>>健康で安全な、塩の選び方【栄養士がわかりやすく解説!】

>>安全で健康な、お酢の選び方の3つのポイント【栄養士が解説!】

>>健康に良い油の選び方【栄養士がわかりやすく解説!】

 

栄養学や食・料理の勉強におすすめの本を紹介

栄養学や食事、料理のことをもっと詳しく学びたい方に、おすすめの本をまとめてみました。

今回の記事と合わせて、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>【実際に読んでみた】栄養学と食の勉強・独学におすすめの本10選

>>【実際に読んでみた】料理が上手くなるための勉強におすすめの本12選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

3年間のOL生活を経て、栄養士の専門学校に入学。学校を首席で卒業し、栄養士の資格を取得後、栄養士として勤務。 健康セミナーの実施や料理教室講師、食育活動、調理の仕事やケータリングなど幅広く経験。美容・健康と食の専門知識をいかして、ブログを書いています。