【違いは何?】食育インストラクターと食育アドバイザー、どっちがおすすめ?

食育

スポンサーリンク




1児のママ
食育の資格を取りたくて調べてたら、「食育インストラクター」「食育アドバイザー」の2つの資格が有名らしいんだけど、

名前も似てるし、何がどう違うのかな?どうやって選べばいいんだろう?

 

こんなふうに、食育に関する資格を取りたいけれど、似たような名前がたくさんありすぎて、迷ってしまったことはありませんか?

 

今回は、こういった疑問に答えます。

 

本記事のテーマ

「食育インストラクター」と「食育アドバイザー」の資格は、それぞれ何がどう違うのかがわかります。

 

  • 食育の資格に興味があって検討中だけど、違いがわからなく受講に踏み切れない
  • 食育インストラクターか、食育アドバイザー、どっちを取ろうか迷っている
  • 自分に合っていない資格を間違って選ばないようにしたい

 

と考えている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

記事の信頼性

赤石美波

栄養士の資格を持ち、料理教室の講師や、栄養士として現場で食育の仕事も行ってきた私が、「食育インストラクター」と「食育アドバイザー」は何が違うのか、また、それぞれどういった人に向いているのか、お伝えします。

 

読者さんへの前置きメッセージ

この記事を読んだあとは、食育インストラクターと食育アドバイザーの資格それぞれの違い・いちばん安く簡単に取れる資格も知ることができますよ!

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

食育インストラクターと食育アドバイザーの違いは?

mina
まずは、見やすいように表にまとめてみました!

食育インストラクターは、資格が5つの等級に分かれているのに対し、食育アドバイザーは2つの級に分かれています。

受講費用のほかにも、教材送料や受験料金など、追加でかかってくる費用もあるので注意して見たいところですね。

 

食育インストラクター 食育アドバイザー
資格認定団体 NPO日本食育インストラクター協会 日本能力開発推進協会(JADP)
受験資格
  • がくぶんの「食育インストラクター」講座修了で、「食育インストラクター」のプライマリーを取得できる。
  • 4級から上の資格は条件あり
キャリカレの「食育アドバイザー」の講座を受講済み
受講費用(税込) ¥39,900 ¥38,800
¥450(教材送料)
受験料 受講料に含む ¥5,600
受講方法 通信教育
(がくぶん)
通信教育
(キャリカレ)
受講期間 3〜6ヶ月 4ヶ月
(サポート期間700日)
試験 講座修了で
資格取得
筆記
(在宅受験)
種類 1,2,3,4級・プライマリー
※がくぶんの講座は「プライマリー」に該当
食育アドバイザー・上級食育アドバイザー

資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。
※当記事の表内の食育インストラクターの内容は「食育インストラクター プライマリー」に該当します
当記事の表内の食育アドバイザーの内容は「食育アドバイザー」の資格に該当し、「上級食育アドバイザー」の内容ではありません。

 

それぞれ、詳しく解説していきますね。

 

食育インストラクターと食育アドバイザーの違い【資格認定団体と資格の種類】

まず、資格を認定している団体が違います。

食育インストラクター 食育アドバイザー
資格認定団体 NPO日本食育インストラクター協会 日本能力開発推進協会(JADP)
種類 1,2,3,4級・プライマリー
※がくぶんの講座は「プライマリー」に該当
食育アドバイザー・上級食育アドバイザー

食育インストラクター

食育インストラクターは、NPO日本食育インストラクター協会が認定している資格です。

テレビでもよく見かける、料理評論家の服部幸應さんが代表をしている団体ですね。

 

プライマリー>4級>3級>2級>1級の順で、資格が分かれています。

 

食育インストラクターの資格一覧

※食育インストラクターの公式サイトより引用させていただきました

 

食育アドバイザー

食育アドバイザーは、日本能力開発推進協会(JADP)が認定している資格です。

食育インストラクターと同じように階級がありますが、「食育アドバイザー」「上級食育アドバイザー」の2つだけです。

1児のママ
形式的なことはなんとなくわかったわ!

費用とか、受験方法とかは何が違うのかしら?家計のこともあるし、できるだけ費用は抑えつつも、講座内容が充実してる方がいいな。

mina
確かに、料金など具体的なところも知りたいですよね!

次に、講座や受験の概要や、料金について解説しますね!

食育インストラクターと食育アドバイザーの違い【講座・受験の概要と費用】

かかる費用は、総額で比べると、食育インストラクターの方が少し安いですね。

食育インストラクター 食育アドバイザー
受講申込先 通信教育
(がくぶん)
通信教育
(キャリカレ)
受講期間 3〜6ヶ月
(サポート期間12ヶ月)
4ヶ月
(サポート期間700日)
受講費用 ¥39,900 ¥38,800
¥450(教材送料)
受験資格
  • がくぶんの「食育インストラクター」講座修了で、「食育インストラクター」のプライマリーを取得できる。
  • 4級から上の資格は条件あり
協会指定の認定教育機関等が行う教育訓練において、その全カリキュラムを修了した者。
※キャリカレは、協会指定の認定教育機関に該当する。
受験費用 なし ¥5,600
試験方法 講座修了で資格取得 筆記(在宅受験)
テキストを見てOK
総額(税込) ¥39,900 ¥44,850

食育インストラクター

食育インストラクターの「プライマリー」は、がくぶんが販売している講座を受講すると、取得ができます。

食育インストラクターの4級から先は、推進校に通学or協会主催研修会に参加等、条件が必要になってきます。

食・栄養に関する国家資格(栄養士・管理栄養士・調理師等)を持っていると、3級以上の上位級から受験することができますよ。

食育インストラクターの公式サイトはこちら

 

食育アドバイザー

食育アドバイザーの資格試験を受けるには、日本能力開発推進協会(JADP)が指定する認定教育機関等が行う教育訓練で、その全カリキュラムを修了していることが条件になります。

キャリカレは、協会指定の認定教育機関なので、キャリカレの「食育アドバイザー」を受講すれば、資格試験に挑戦することができます。

 

試験内容も、テキストを見ながら受験して良いし、在宅受験なので、「受ければほぼ合格する」という感じですね!

「食育アドバイザー」の公式サイトはこちら

 

食育インストラクターと食育アドバイザーの違い【合格率と再試験料・期限】

合格率や再試験料、期限も気になるところですよね。こちらも、表を作って比べてみました。

食育インストラクター 食育アドバイザー
合格率 試験がないので講座が終われば資格が取れる テキストを見ながら受験可能なので、受ければほぼ合格
合格基準 講座を修了すること 得点率70%
再試験料 試験がないので講座が終われば資格が取れる 無料・何度でも受験してOK
期限 受講開始から1年以内に講座修了すること 受講開始から700日以内に講座修了・試験に合格すること

 

1児のママ
がくぶんの「食育インストラクター」講座は、受験しなくても資格が取れるのね!

試験とか、大人になってからしばらくやってなくて自信ないし、受験がないのはいいわね。

mina
そうですね。がくぶんの「食育インストラクター」は、講座を終えると資格が取れるので、試験があまり得意でない…って方も安心です。
>>【無料】がくぶん「食育インストラクター」の資料請求をしてみる

食育インストラクターと食育アドバイザー、結局どっちを取ればいいの?

mina
結論、費用も抑えて学べて、講座が終わると資格がついてくる「食育インストラクター」がおすすめです。
食育インストラクター
※おすすめ
食育アドバイザー
費用 ¥39,900 ¥38,800+¥450(教材送料)+¥5,600(受験料)=総額¥44,850
試験 講座が終われば資格がついてくる 受験あり
受講形式 通信教育(がくぶん) 通信教育(ユーキャン)

私が通っていた栄養士の学校でも、学校の先生が「食育インストラクター」の資格をクラスの生徒にすすめていたので、信頼ができますね。

「食育インストラクター」の方が、プライマリーから1級まで5段階あるので、いったんがくぶんの「プライマリー」で勉強してみて、もしその次も資格が取りたくなれば、上を目指していっても良いと思います。

>>【無料】がくぶん「食育インストラクター」の資料請求をする

食育インストラクターと食育アドバイザーの違いまとめ

今回、食育インストラクターと食育アドバイザーの資格の違いや、向いている人、選び方を紹介しました。

  • 食育初心者なので、できるだけ費用を抑えつつ、とりあえず勉強をしてみたい
  • 試験を受けずに、食の資格を取りたい
  • 栄養士など食にかかわる仕事をしていて、もっとスキルアップしたい

こんな方には、食育インストラクターがおすすめです。

 

一つでも「当てはまるな」と思ったら、資料請求で教材内容などを確認してみてくださいね。

 

>>【無料】がくぶん「食育インストラクター」の資料請求はこちら

食育インストラクターは教材到着後でも返品OK

mina

ちなみに、今回紹介した、がくぶんの「食育インストラクター」は、教材が到着した後でも返品ができます。

変な話、教材を一回購入してみて、テキストなど中身を見て気に入らなければ、8日以内なら送料のみ負担で返品できます。

なので、「どんなことを勉強するのか、いったん教材をみてから確認したい」って方は、ためしに買ってみても良いと思いますよ^^

 

資料請求は無料なので、気になるかたは取り寄せてみてくださいね。

>>【無料】がくぶん「食育インストラクター」の資料請求はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事