【がくぶんの食育インストラクターの口コミ】資格試験難易度と試験内容

食育インストラクターの資格を取りたいけど、受講した人の口コミが知りたい!

資格取得の際、実際に受講した人の口コミや感想がわからないと、なかなか受講に踏みきれないですよね。

そこで今回は、この3つを記事で紹介します。

  • 「食育インストラクター」の資格とは?試験内容や勉強方法
  • 「食育インストラクター」と「食育アドバイザー」の違い
  • 「食育インストラクター」を実際に受講した人の感想や口コミ

一つでも知りたい内容があれば、ぜひチェックしてみてくださいね!

タップで移動できる目次

【試験内容や難易度は?】がくぶんの食育インストラクターの資格とは

がくぶんの食育インストラクタープライマリー資格講座

食育インストラクターは、NPO日本食育インストラクター協会が主催する民間の資格です。

資格自体は、プライマリー>4級>3級>2級>1級の順で、資格が分かれています。

mina
食育を学びたい方なら誰でも受けることができますよ!受験資格は特にありません。

「食育インストラクター」の試験概要を、表にまとめました。

↓スマホの方へ:表は横にスクロールできます。

資格名 食育インストラクター
資格認定団体 NPO日本食育インストラクター協会
階級 プライマリー>4級>3級>2級>1級
受験資格 プライマリーは特になし

【4級】
1)協会推進校の通学講座で調理技術基礎6単位取得。
食育授業6単位取得した者
2)NPO協会主催「食育インストラクター4級資格認定研修会」1日受講(含む実技)した者

【3級】
・NPO日本食育インストラクター 4級取得者
・プライマリー取得者(※食育筆記試験免除)
・食育に関する国家資格取得者
・食育に関する国・地方公共団体からの特別業務就業者
上記該当者でNPO日本食育インストラクター3級資格認定研修会6単位履修 又は、推進校にて食育授業6単位履修で受験可能

【2級】
・NPO日本食育インストラクター3級取得者
・プライマリー+食育に関する国家資格等取得者(※食育筆記試験免除)
・全料協「助教員」以上取得者(※食育筆記試験免除)
上記該当者でNPO日本食育インストラクター1級・2級
資格認定食育研修会12単位履修で受験可能

【1級】
NPO日本食育インストラクター2級取得者または栄養教諭で
NPO日本食育インストラクター2級取得後1年の実務経験を有する者
上記該当者で
1)食育活動報告書提出(抱負に関する論文形式含む)
2)食育メニュー提案
3)NPO日本食育インストラクター1級・2級
資格認定合同研修会12単位履修で受験可能。

試験日程 【プライマリー】
試験なし(最終課題の提出が試験の代わり)
※4級から上の資格は公式サイト参照
>>公式サイト
試験会場 【プライマリー】
在宅(通信教育で最終課題を提出)【1,2,3,4級】
協会指定の会場で受験
試験内容・
合格基準
【プライマリー】
試験なし
【4級】
・範囲:食育調理技術の基礎
・試験内容:(推進校通学者)食育筆記試験
・試験内容:調理実技試験(80点以上で合格)、
食育筆記試験(60点以上で合格)
【3級】
試験内容:調理実技筆記試験(80点以上で合格)、
食育筆記試験(60点以上で合格)
【2級】
試験内容:調理実技筆記試験(80点以上で合格)、
食育筆記試験(60点以上で合格)
【1級】
試験内容:食育筆記試験(70点以上で合格)
出題形式 最終課題の提出が受験の代わり
※プライマリーの場合
受験料 【4級】:
(推進校通学者)食育筆記試験 ¥2,100
(通学者以外)食育筆記¥5,250、実技筆記¥5,250
【3級】:筆記試験・食育筆記・実技筆記 各¥5,250
【2級】:食育筆記・実技筆記 各¥5,250
【1級】:食育筆記¥10,500
※各種受講料や申請料が別途必要。
1,2,3,4級・プライマリー
※がくぶんの講座は「プライマリー」に該当
合格率 非公開

※試験概要は変更になる場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

食育インストラクターの資格試験は、1,2,3,4級とプライマリーに分かれています。

まずはプライマリーを取得してみて、徐々に次の級を目指していくかたが多いです。

食育インストラクターの階級

がくぶんで受講できるのは「プライマリー」の講座で受験自体がなく、最終課題を提出し合格することで、「食育インストラクター プライマリー」の資格取得ができます。

[voice icon=”https://kugizukefood.com/wp/wp-content/uploads/woman-happy.jpg” name=”食好きママ” type=”l”]自分の好きなタイミングで勉強を進められるし、受験の必要がないからリラックスして勉強できるわね![/ふきだし]

>>【無料】この講座の資料請求をする

>>この講座を今すぐ申込む

がくぶんの食育インストラクター資格は独学できる?

結論からいうと、食育インストラクターは独学ができません。

食育インストラクターの4級以上の資格(1,2,3,4級)は、協会が指定する研修を受ける必要があります(今、研修会はオンライン開催となっています)。

試験も、協会が指定した会場で受験しなければいけないので、1〜4級は通信講座では資格を取ることができません。

しかし、いちばん階級が下の「食育インストラクター プライマリー」は、がくぶんの通信講座を受講し最終課題を提出することで資格を取得できます。

>>【無料】この講座の資料請求をする

>>この講座を今すぐ申込む

食育インストラクター「プライマリー」の資格講座で学べる内容

がくぶんの食育インストラクターの資格講座で学べる内容は、主に以下の内容です。

  • 食生活の基礎知識:日本が抱えている食生活の問題点や食育の重要性について。キレやすい子供が増えていることなど。
  • 安全な食材の選び方:安全な野菜や肉・魚の選び方。食品表示の見方や遺伝子組み換え食品について。美味さの前に安全に着目しているのがポイント。
  • 食材についての知識:畜産品・穀物・加工食品など毎日の生活で使う100品目についての知識。健康を増進できるような保存方法や調理方法について。

食育インストラクター(プライマリー)は、食の知識全般を学べるのが特徴です。

私は栄養士の学校に通っていましたが、食育インストラクターで学べる内容は栄養士の学校でも勉強したことがたくさんあります。

栄養士の学校で2年と300万かけて学ぶ内容を、浅く広く習得できるのがメリットです。

食育インストラクターと食育アドバイザーの違いは何?

食育に関する資格はたくさんあって、違いがよくわからないですよね。

そこで今回は、食育の資格で代表的な食育インストラクターと食育アドバイザーの違いをまとめました。

教材の違いはほとんどなし

まずは、教材を比べてみました。

◆食育インストラクターの教材

  • テキスト5冊
  • 食育レシピ集
  • DVD3巻
  • 質問用紙
  • 指導課題集
  • 学習のためのガイドブック

◆食育アドバイザーの教材

  • テキスト4冊
  • 食育レシピ集
  • DVD6巻
  • 添削関連書類一式
  • 学習ガイドブック

教材はどちらもテキストが4〜5冊と、レシピ集・ DVDつきです。

どちらの資格講座も、同じような教材内容で大きな差はありません。

料金は食育インストラクターの方がおトク

料金など教材以外の内容も、わかりやすく表にまとめてみました。

食育インストラクターは、資格が5つの等級に分かれているのに対し、食育アドバイザーは2つの級に分かれています。

受講費用のほかにも、教材送料や受験料金など、追加でかかってくる費用もあるので注意して見たいところですね。

↓表は横にスクロールできます。

食育
インストラクター
食育
アドバイザー
資格認定団体 NPO日本食育
インストラクター協会
日本能力開発推進協会
受験資格 プライマリーはなし
4級から上の資格は条件あり
キャリカレ「食育アドバイザー」の
講座を受講済み
受講費用
(税込)
◎¥39,900 ¥38,600
受験料
(税込)
無料 △¥5,600
送料
(税込)
無料 △¥450
総額
(税込)
◎¥39,900 △¥44,650
受講方法 通信教育
(がくぶん)
通信教育
(キャリカレ)
受講期間 3〜6ヶ月
◎(サポート期間10ヶ月)
4ヶ月
◎(サポート期間700日)
試験 講座修了で
資格取得
筆記
(在宅受験)
種類 1,2,3,4級・プライマリー
※がくぶんの講座は
「プライマリー」に該当
食育アドバイザー・
上級食育アドバイザー

資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。
※当記事の表内の食育インストラクターの内容は「食育インストラクター プライマリー」に該当します
当記事の表内の食育アドバイザーの内容は「食育アドバイザー」の資格に該当し、「上級食育アドバイザー」の内容ではありません。

食育インストラクターと食育アドバイザーは、どっちがいいの?

結論、費用が抑えられて、かつ同じくらいの教材ボリュームで添削サポートや教材が充実しているがくぶんの「食育インストラクター」の方がおすすめです。

受講期間内で終わらなくても、無料で6ヶ月延長できるので、何かあったときも安心。

総額の費用も食育アドバイザーに比べて抑えられるので、がくぶんの「食育インストラクター」の方がお得です。

>>【無料】この講座の資料請求をする

>>この講座を今すぐ申込む

こちらの記事で、食育アドバイザーと食育インストラクターの違いをさらに詳しく解説しているので、合わせてチェックしてみてくださいね。

あわせて読みたい
食育アドバイザーと食育インストラクターの違いは何? ユーキャンの「食育アドバイザー」と似ている資格に「食育インストラクター」がありますが、どちらも似たような資格名で、何が違うのかわかりにくいですよね。 そこで、...

>>食育アドバイザーと食育インストラクターの違いは何?

食育インストラクターと栄養士と独学で比較

食育といえば「栄養士」という職業を思い浮かべる人も多いですよね。

ただし、栄養士の資格は国家資格なので、国が指定する栄養士の学校に通わなければいけません。

実際に国家資格の栄養士を取得した場合と、がくぶんの食育インストラクター、独学の場合で、取得費用や期間など違いを表でまとめて、比較してみました。

↓表は横にスクロールできます。

独学 食育
インストラクター
◎おすすめ
栄養士学校
形式 在宅で自分で勉強 ◎在宅で通信教育
△通学
期間 特になし ◎3〜6ヶ月 △2年間
サポート期間 特になし ◎10ヶ月 ◎通学期間の2年間
試験 なし ◎受験なし 卒業で免許取得
費用 ◎¥1,000〜
(テキスト代)
◯¥39,900 △300〜400万円
メリット 費用が抑えられる 費用を抑えつつ、
資格も取れる
国家資格が取れる
デメリット 資格は取れない
記録が残らない
栄養士学校のような
専門的内容は学べない
費用が高く、
期間も長い。
通学は昼間のみ

※資格講座の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

独学は3つの中でいちばん費用は抑えられますが、どの範囲を勉強していいのかわからなかったり、期間の縛りがないので途中で勉強をやめてしまう人も多いです。

かといって栄養士の学校で栄養や健康の知識を学ぼうとすると、最低2年はかかりますし、費用も300万円以上と莫大な金額がかかるんですよね。

(私は社会人から栄養士学校に通って、リアルに2年と300万かかりました…)

あわせて読みたい
【社会人から栄養士専門学校に通った体験談】デメリットとメリット 社会人から栄養士の学校へ通い直したいけど、どうしたらいいのかな?いつか食と健康のことを、学校でちゃんと学んでみたい。栄養士の資格を取って、食関連の仕事がして...

>>【実体験】社会人から栄養士専門学校に通うデメリットとメリット

ほかの食育が学べる資格などと比較しても、がくぶんの「食育インストラクター」は、プロ監修の講座で食育のことを勉強できて、コスパよく資格が取れるのでおすすめです。

>>【無料】この講座の資料請求をする

>>この講座を今すぐ申込む

食育関連の資格の一覧・値段・違いまとめ

がくぶんの食育インストラクター以外にも、食育・栄養学に関する資格はたくさんあります。

↓表は横にスクロールできます。

食育実践
プランナー
食生活
アドバイザー
食育
アドバイザー
食育栄養
コンサルタント
食育
インストラクター
管理健康栄養
インストラクター
食育健康
アドバイザー
食育メニュー
プランナー
教材 ユーキャンの食育実践プランナー資格講座の教材 ユーキャンの食生活アドバイザー講座の教材 食育アドバイザーの教材 紙の教材なし
(WEB上)
がくぶんの食育インストラクター資格講座の教材 SARAスクールの食育資格講座の教材 SARAスクールの食育資格講座の教材 たのまなの食育メニュープランナー資格講座のテキスト
おすすめ度 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆
講座運営 ユーキャン ユーキャン キャリカレ フォーミー がくぶん SARAスクール SARAスクール たのまな
料金(税込) ¥39,000 ¥39,000 ¥28,600 ¥34,100 ¥39,900 ¥79,000
(試験免除)
¥59,800
(受験必要)
¥79,000
(試験免除)
¥59,800
(受験必要)
¥22,000
学習期間 6ヶ月 4ヶ月 3ヶ月 1ヶ月 3〜6ヶ月 2〜6ヶ月 2〜6ヶ月 6ヶ月
サポート期間 12ヶ月 12ヶ月 700日(約2年) 180日(約半年) 無料で6ヶ月延長可能 6ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
特長 業界大手で安心 知名度がある 業界最長の
サポート期間
紙のテキストがないので
学習・受験は
スマホ・パソコン
認定証交付料¥6,600
+事務手数料¥880も
含めると総額¥47,380
一度に2つの資格取得可能 一度に2つの資格取得可能 認定証発行に
3,000円別途かかる
資料請求 >>無料資料請求 >>無料資料請求 >>無料資料請求 >>公式サイトで見る >>無料資料請求 >>無料資料請求 >>無料資料請求 >>公式サイトで見る
申込み >>今すぐ申込む >>今すぐ申込む >>今すぐ申込む >>今すぐ申込む >>今すぐ申込む >>今すぐ申込む >>今すぐ申込む >>今すぐ申込む

※当サイトの表・コンテンツの無断転載はご遠慮ください。
※資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

食育の資格は、こちらの記事で詳しく解説しているので、合わせてチェックしてみてくださいね。

あわせて読みたい
【発酵食品・腸活の資格を一覧比較】種類はどれがいい?通信・独学可能 腸活・発酵食品に関する資格を取りたいけれど、種類がたくさんあって、どれがいいのか迷ったことはありませんか? そこで今回は、発酵に関する資格をまとめて徹底比較し...

>>【食育資格を一覧比較】種類・独学できる通信講座はどれがいい?

食育インストラクターの資格取得にかかる費用

食育インストラクターの資格は「プライマリー>4級>3級>2級>1級」の順に分かれていますが、それぞれの階級でかかる費用が変わってきます。

そこで今回、わかりやすく表にまとめました。

↓表は横にスクロールできます。

プライマリー ¥39,900(受講料)+申請料¥6,480
4級 【推進校通学者の場合】食育筆記試験 ¥21,000

【非通学者の場合】食育筆記試験 ¥5,400+実技試験¥5,400

3級 ¥10,000(受講料)+¥5,400(受験料)
=総額¥15,400
2級 【会員で食育筆記80点以上の場合】
¥12,000(受講料)+¥5,400(受験料)=¥17,400
【非会員で食育筆記80点以上の場合】
¥24,000(受講料)+¥5,400(受験料)=¥29,400
【会員で食育筆記80点以上かつ食育活動報告提出の場合】
¥12,000(受講料)+¥1,080(受験料)=¥22,800
【非会員で食育筆記80点以上かつ食育活動報告提出の場合】
¥24,000(受講料)+¥10,800(受験料)=¥34,800
1級 【会員の場合】 ¥12,000(受講料)+¥10,800(受験料)

【非会員の場合】¥24,000(受講料)+¥10,800(受験料)

食育インストラクター資格講座の資料請求の口コミ

どんな講座か気になったので、ためしに無料の資料請求を申し込んでみました。

がくぶんの食育インストラクター資格講座の資料

1週間しないうちに、ポストに資料が届きました。

資格講座の進め方や講座内容がわかりやすく書かれています。

「食育のすすめ」という、新聞のような読み物がすごく面白かったです。食育の必要性を感じました。

平野レミさんのアシスタント、和田明日香さんのインタビューも面白かったです。

今やテレビで活躍する料理研究家の方ですが、食育インストラクターの資格を取ってたくさん勉強したそうです。

通信講座の指導部長からの温かいメッセージもついてきます。

無料の資料請求ですでにこのクオリティなので、実際の講座もとても期待ができそうな感じで、わくわくしました。

「いきなり受講するのは不安…」という方は、まずは無料で資料を取り寄せてみて、どんな感じかみてみるといいですよ!きっとイメージがつかめると思います。

>>【無料】この講座の資料請求をする

>>この講座を今すぐ申込む

【口コミ】食育インストラクターを受講した人の感想

[voice icon=”https://kugizukefood.com/wp/wp-content/uploads/woman-happy.jpg” name=”食好きママ” type=”l”]食育インストラクターの資格で何が学べるのかは、だいたいわかったわ。

実際に受講した人の声も聞きたいな![/ふきだし]

がくぶんの食育インストラクター資格講座のSNSの口コミ

SNSで食育インストラクターを実際に受講した人の口コミを調べてみました。

mina
子育てをきっかけに、食育に興味を持つ方も多いと聞きます。
この投稿をInstagramで見る

@foodai2020がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Kirari(@kiraribooks)がシェアした投稿

「食育インストラクター」の資格は、栄養士のように「その資格があれば特定の施設に就職できる」国家資格ではありませんが、食育について一定の知識を持っていることを証明できる資格です。

>>【無料】この講座の資料請求をする

>>この講座を今すぐ申込む

がくぶんの食育インストラクター資格講座の口コミまとめ

がくぶんの食育インストラクタープライマリー資格講座
  • 「食育インストラクター(プライマリー)」は独学できない。がくぶんの資格講座の受講が必須
  • 「食育インストラクター」はほかの資格と比べて料金が安く教材も充実。最もコスパよく学べる

がくぶんの「食育インストラクター」の講座は、申し込んでから教材到着した後でも、8日以内なら送料負担のみで返品・返金もできます。

「実際にテキストを見ないと、どんな感じなのか不安…」という方も、安心して申し込めるので、この機会に資格試験にぜひチャレンジしてみてくださいね。

>>【無料】この講座の資料請求をする

>>この講座を今すぐ申込む

こちらの記事もどうぞ!

あわせて読みたい
【食育アドバイザーの口コミ評判】テキストを買ってみた!資格試験難易度・独学できる? 資格取得の際、実際に受講した人の口コミや感想がわからないと、なかなか受講に踏みきれないですよね。 私も食育の勉強に興味があり資格が気になっていたので、実際に教...

>>【食育アドバイザーのテキストを買ってみた】口コミ・試験と合格率

あわせて読みたい
【ユーキャンの食育実践プランナーの口コミ】教材・テキストを買った感想 ユーキャンの「食育実践プランナー」を受講した人の口コミや感想がわからないと、なかなか申し込みに踏みきれないですよね。 私も食の勉強に興味があり資格が気になって...

>>【食育実践プランナーの教材を買ってみた】口コミ・資格試験と難易度

あわせて読みたい
【食育栄養コンサルタントの口コミ】資格の取り方と勉強方法・独学可能? 資格取得の際、受講した人の口コミや感想がわからないと、なかなか受講に踏みきれないですよね。 そこで今回は、この3つを記事で紹介します。 食育栄養コンサルタントの...

>>【食育栄養コンサルタントの口コミ】資格の取り方と勉強方法・独学可能?

あわせて読みたい
【白石麻衣さん合格の食生活アドバイザーの資格】テキストと合格率 「勉強しよう!」と一念発起して、食生活アドバイザーの試験に申し込んだものの、テキストの選び方や勉強方法がわからずに本番を迎え、試験に落ちてしまうことは意外と...

>>【白石麻衣さん合格の食生活アドバイザーの資格】テキストと合格率

あわせて読みたい
【通信で学べる】栄養学と食に関するおすすめ資格5選!独学・種類別 食に関する資格の取りかたや、栄養学の勉強のやり方で悩んだことはありませんか? そこで今回は、栄養学と食の勉強におすすめの資格を、たくさんある資格の中から5つに...

>>【通信で学べる】栄養学と食に関するおすすめ資格5選!独学・種類別

シェアしてね!
タップで移動できる目次
閉じる