【幼児食インストラクターの口コミ】資格試験難易度・仕事に役立つ?

キャリカレの幼児食インストラクターの資格講座の教材

スポンサーリンク




ママ
キャリカレの「幼児食インストラクター」の資格を取りたいと思ってるんだけど、独学できるのかな?

実際に受講した人の口コミが知りたい!

キャリカレの「幼児食インストラクター」の資格を取ろうと思っているものの、実際に受講した人の口コミや感想がわからないと、なかなか受講に踏みきれないですよね。

私も小さい子供の食事の勉強に興味があり資格が気になっていたので、実際に講座を申し込んでみました!この記事ではテキストのレビューなど、感想をお伝えします。

キャリカレの幼児食インストラクターの資格講座の教材

ほかにも、この4つを記事で紹介します。

  • 「幼児食インストラクター」の資格は、独学でも取れるのか?
  • 「幼児食インストラクター」と「乳幼児食指導士」の違い
  • 「幼児食アドバイザー」と「幼児食インストラクター」の違い
  • 「幼児食インストラクター」を実際に受講した人の感想や口コミ

一つでも知りたい内容があれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

こちらは、幼児食インストラクター講座を実際に受講した方の体験談の映像です!合わせてチェックしてみてください。

幼児食インストラクターとは【合格率や難易度は?】

キャリカレの幼児食インストラクター資格講座

幼児食インストラクターは、日本能力開発推進協会(JADP)が主催する民間の資格です。

キャリカレが取り扱っているのは、「幼児食インストラクター」の資格講座で、資格を取るためにはキャリカレの講座を受講することが必須条件となります。

mina
子供の食事を学びたい方なら誰でも受けることができますよ!受験資格は特にありません。

「幼児食インストラクター」の試験概要を、表にまとめました。

資格名 幼児食インストラクター
資格認定団体 日本能力開発推進協会(JADP)
受験資格 特になし
試験日程 いつでも可
試験会場 在宅受験
試験科目 キャリカレの講座内容から出題
出題形式 筆記試験
試験時間 在宅受験のため、特になし
受講費用
(税込)
¥38,600 → ◎¥28,600
(ネット申込で1万円オフ)
受験料
(税込)
¥5,600
種類 幼児食インストラクター
上級幼児食インストラクター
合格基準 全体の70%以上
合格率 非公開

※試験概要は変更になる場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

幼児食インストラクターの資格試験は、「幼児食インストラクター」「上級幼児食インストラクター」に分かれています。

はじめて子どもの食事を勉強するという方は、「上級幼児食インストラクター」より前に、まずは「幼児食インストラクター」から受講を始めるのがおすすめです。

自分の好きなタイミングで在宅受験OKなので、試験も安心して臨めます。

ママ
都合のいいときに、リラックスして受験できるのね!

\ネット申込みで1万円オフ!/

割引価格で申し込む

※割引が適用になるリンクはこちら

幼児食インストラクターの教材を買ってみた

資料請求で内容が良さそうだったので、教材を買ってみました!資格取得までの手順はこんな感じです。

受講の流れ

1.ネット申込

まずはネット申込をします。

>>幼児食インストラクター講座の申込はこちら

右上の「受講申し込み」と書かれたピンク色のボタンをクリックして、名前や住所などの情報を入力します。

申し込んだら、あとは教材が届くのを待つだけ!一括払い(28,600円)でもいいし、予算が厳しい…という方は、分割払い(1,380円×24回)でもOKです。

2.教材到着

申し込んでから1週間くらいすると、教材が届きます。

届いた教材は、公式サイトに書いてあるとおりのラインナップです。

  • テキスト4冊
  • キャリカレノート
  • 添削課題集
  • 学習ガイドブック
  • DVD1巻
  • 質問用紙

3.テキストと映像で学習

教材が届いたら、テキストとDVDで学習開始!空き時間を見つけてコツコツ進めてもいいし、休みの日などまとまった時間が確保できそうなら、一気に進めます。

4.添削問題を解いて提出(3回)

テキスト1冊目が終わったら、添削問題→テキスト2冊目が終わったら、添削問題、というように、テキストと添削問題を交互にやっていきました。

この時点で間違えた問題をピックアップしておいて、理解しておけば試験は大丈夫です。

5.資格試験を受験

試験は、添削課題が終わってから5,600円を振り込むと受けることができます。

受験料は、郵便局に行って払込をしました。1〜2週間くらいで、試験問題が自宅に送られてきます。

 

問題用紙と解答用紙、送付用の封筒と説明のチラシが入っていて、自宅で受験ができる形式になっています。

試験自体は、練習問題や添削課題でまちがえたところを復習しておき、テキストの内容を理解しておけば大丈夫です。

6.資格取得

1ヶ月ほどで、資格認定証が入った合格通知書が届きます。自分の勉強したことが形になるのは、独学では得られない、通信教育のメリットですよね。

勉強

基本的に家で空き時間に勉強していましたが、集中して教材を進めたいときは、近所のカフェに行ったりしました!

 

最後まで学び終わって、受講してよかったと感じました。テキストはイラストや図解が多いからわかりやすいし、添削サポートで自分の理解度も確認できるから知識がしっかりと身につきます。

独学だと、どこから始めてどの範囲まで学べばいいのか悩んでしまいますが、通信教育で教材としてまとまっていると、「これだけ知っておけば大丈夫」というところだけ勉強できるので、すごく効率的に学べました。

>>【無料】この講座を資料請求する

>>1万円割引で申し込む

幼児食インストラクターの教材で勉強して感じたデメリット

勉強

ここまで、実際に受講して感じたことでプラスの内容を書いてきたので、次にデメリットもお話しますね。

実際に受講して感じたデメリットは、この2つです。

  • 質問してから返信がすぐに返ってくるとは限らない
  • 一括だと28,600円なので、少し大きい出費になる

質問はメールと郵送のどちらかの方法ですることになるのですが、すぐに返信が返ってくるとは限りません。

回答には一週間くらいかかる想定でいた方がいいですね。そのためにも、質問がある程度まとまってからするのがおすすめです。

 

あとは、費用面ですね。一括だと28,600円かかるので、負担に感じる方もいると思います。「一括で28,600円は少しきついな…」という方は、分割で1,380円x24回でもOK!

分割払いの場合、通常は1,860円×24回(一例)ですが、インターネットからのお申し込みの場合、ネット限定価格1,380円×24回(一例)なので、電話申し込みではなく、安くなるネット申し込みがおすすめです。

>>【無料】この講座を資料請求する

>>1万円割引でおトクに申し込む

幼児食インストラクターの資格は独学できる?

勉強

結論からいうと、幼児食インストラクターは独学ができません。

キャリカレの講座を受講することが、資格取得の条件となります。

mina
自分で本を買って幼児食のことを独学してもいいのですが、勉強の範囲や大事なポイントがわからずに、途中で勉強をやめてしまう人も多いです。

「重要なポイントをプロに教わって、最後まで勉強をやりきる」「体系立てて学ぶ」ことができるのが、通信教育のメリットです。

わからないことがあったらいつでも質問できるので、存分に活用してみましょう!

>>【無料】この講座を資料請求する

>>1万円割引でおトクに申し込む

【幼児食インストラクターと乳幼児食指導士の違い】は何?

乳幼児食指導士

幼児食インストラクターに似た資格で、「乳幼児食指導士」があって、違いがよくわからないですよね。

今回は、「幼児食インストラクター」と「乳幼児食指導士」の違いを、わかりやすいように表でまとめました。

料金は幼児食インストラクターの方がおトク

幼児食
インストラクター
乳幼児食指導士
資格認定団体 日本能力開発推進協会
(JADP)
日本乳幼児食指導士協会
受験資格 特になし 特になし
受講費用(税込) ¥38,600 → ◎¥28,600
(ネット申込で1万円オフ)
◯¥39,800
資格更新料 ◎無料 ◎無料
受講方法 通信教育
(キャリカレ)
楽学ネット
(東京カルチャーセンター)
受講期間 3ヶ月
(◎サポート期間700日=約2年)
6ヶ月
試験 筆記
(在宅受験)
講座修了で取得
学べる内容 幼児食のみ 離乳食・幼児食
種類 幼児食インストラクター
上級幼児食インストラクター
級は分かれていない

資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

ママ
学習期間も教材内容も同じくらいのボリュームだから、あとは比較するなら料金やサポート期間ね。
mina
比べると、幼児食インストラクターの方が、料金が少し安くサポート期間も700日とたっぷりあります

結論、おすすめは、料金が抑えられてサポート期間も約2年と長いキャリカレの「幼児食インストラクターです。

幼児食インストラクターは、テキストのほかに、レシピブックやDVDなど教材も充実しています。

  • サポート期間が約2年あるので、途中で忙しくて勉強が中断してしまっても安心
  • 総額の料金を抑えられる(ネット申込みで1万円割引)
  • 資格の更新料金がかからない
  • 教材やサポート内容が充実している

この4点から、キャリカレの「幼児食インストラクター」の方がおトクです。

>>【無料】この講座を資料請求する

>>1万円割引で申し込む

【幼児食アドバイザーと幼児食インストラクターの違い】は何?

幼児食アドバイザー養成講座

幼児食インストラクターと幼児食アドバイザーの資格も、名前が似ていて違いがわかりにくいですよね。

そこで、両方の資格試験の概要を表にまとめました。

料金は幼児食インストラクターの方がおトク

幼児食
アドバイザー
幼児食
インストラクター
資格認定団体 一般社団法人
母子栄養協会
日本能力開発推進協会
(JADP)
受験資格 特になし 特になし
受講費用(税込) ¥41,000 ¥38,600 → ◎¥28,600
(ネット申込で1万円オフ)
資格更新料 ◎無料 ◎無料
受講方法 通信教育
(母子栄養協会)
通信教育
(キャリカレ)
受講期間 2時間半×2日間 3ヶ月
(◎サポート期間700日=約2年)
試験 筆記・調理課題
(在宅受験)
筆記
(在宅受験)
学べる内容 幼児食のみ 幼児食のみ
種類 妊産婦食アドバイザー
離乳食アドバイザー
幼児食アドバイザー
学童食アドバイザー
母子栄養指導士
>>公式サイト
幼児食インストラクター
上級幼児食インストラクター

資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

ママ
幼児食アドバイザーは、2時間半と2日間だけで、少し短い気がします。
mina
講義時間自体は短いですが、ZOOMで講師の先生のお話を直接聞いて学べる点はメリットですね。

総合的に見ると、おすすめは、料金が抑えられる・かつサポート期間も約2年と長いキャリカレの「幼児食インストラクターです。

幼児食インストラクターは、テキストのほかに、レシピブックやDVDなど教材も充実しています。

  • サポート期間が約2年あるので、途中で忙しくて勉強が中断してしまっても安心
  • 総額の料金を抑えられる(ネット申込みで1万円割引)
  • 通信教育でも添削サポートがあり続けやすい
  • 教材やサポート内容が充実している

この4点から、総合的に見るとキャリカレの「幼児食インストラクター」の方がおトクです。

>>【無料】この講座を資料請求する

>>1万円割引で申し込む

 

離乳食や幼児食に関する資格は、幼児食インストラクターが有名どころですが、それ以外にも資格はたくさんあります。

こちらに一覧でまとめているので、「全部の離乳食や幼児食の資格を見たい」という方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

離乳食・幼児食の資格

【離乳食・幼児食の資格を一覧比較】種類・通信で取れるおすすめ3選

2020年9月15日

>>【離乳食・幼児食の資格を一覧比較】種類・通信で取れるおすすめ5選

幼児食インストラクターと栄養士と独学の場合で比較

勉強

幼児食など、食のプロといえば「栄養士」という職業を思い浮かべる人も多いですよね。

ただし、栄養士の資格は国家資格なので、国が指定する栄養士の学校に通わなければいけません。

 

実際に国家資格の栄養士を取得した場合と、キャリカレの幼児食インストラクター、独学の場合で取得費用や期間など違いを表でまとめて、比較してみました。

↓表は横にスクロールできます。

独学 幼児食
インストラクター
◎おすすめ
栄養士学校
形式 在宅で自分で勉強 ◎在宅で通信教育
△通学
期間 特になし ◎3ヶ月 △2年間
サポート期間 特になし ◎700日 ◎通学期間の2年間
試験 なし ◎在宅受験 卒業で免許取得
費用 ◎¥1,000〜
(テキスト代)
¥38,600 → ◯¥28,600
(ネット申込で1万円オフ)
△300万円〜400万円
メリット 費用が抑えられる 費用を抑えつつ、
資格も取れる
国家資格が取れる
デメリット 資格は取れない
記録が残らない
栄養士学校のような
専門的内容は学べない
費用が高く、
期間も長い。
通学は昼間のみ

※資格講座の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

独学は3つの中でいちばん費用は抑えられますが、どの範囲を勉強していいのかわからなかったり、期間の縛りがないので途中で勉強をやめてしまう人も多いです。

かといって栄養士の学校で栄養や健康の知識を学ぼうとすると、最低2年はかかりますし、費用も300万円以上と莫大な金額がかかるんですよね。

(私は社会人から栄養士学校に通って、リアルに2年と300万かかりました…)

学校

【社会人から栄養士専門学校に通った体験談】デメリットとメリット

2020年6月20日

>>【実体験】社会人から栄養士専門学校に通うデメリットとメリット

 

ほかの幼児食の知識が学べる資格などと比較しても、キャリカレの「幼児食インストラクター」はコスパよく資格が取れるのでおすすめです。

>>【無料】この講座を資料請求する

>>1万円割引で申し込む

幼児食って何?離乳食と幼児食の違いは?

ママ
そもそも幼児食って何?離乳食と幼児食は、何が違うの?

離乳食と幼児食は、「生まれてから何ヶ月までが、離乳食」などのように、具体的な時期で線引きできるわけではありません。

目安としては、こんな感じです。

離乳食生後5ヶ月から18ヶ月頃まで

幼児食生後12ヶ月(18ヶ月)から5歳くらいまで

mina
私も保育園の栄養士をしていた時期がありますが、成長は子どもによっても違うので、あくまで目安だと考えてくださいね。

【口コミ】幼児食インストラクターを受講した人の感想

栄養学の勉強
ママ
幼児食インストラクターの資格で何が学べるのかは、だいたいわかったわ。

実際に受講した人の声も聞きたいな!

そこで今回は、実際に、SNSで幼児食インストラクターを実際に受講した人の口コミを調べてみました。

mina
なかなか外出ができない中で、勉強を始める方も増えてきているようですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nagisa.s(@n___g.s.h)がシェアした投稿

「幼児食インストラクター」の資格は、栄養士のように「その資格があれば特定の施設に就職できる」国家資格ではありませんが、ふだんの子供の食事作りではじゅうぶんに活かせる内容です。

>>【無料】この講座を資料請求する

>>1万円割引でおトクに申し込む

幼児食インストラクターの資格まとめ

キャリカレの幼児食インストラクターの資格講座の教材
  • 「幼児食インストラクター」は独学できない。キャリカレの資格講座の受講が必須
  • 「幼児食インストラクター」は国家資格ではないが、勉強しておくことで、子供の食事作りにはじゅうぶんに活かせる

受講を申し込んでも、8日以内なら送料負担のみで返品・返金もできます。

「実際にテキストを見ないと、どんな感じなのか不安…」という方も、安心して申し込めるので、この機会に資格試験にぜひチャレンジしてみてくださいね。

\ネット申込で1万円オフ!/

割引価格で申し込む

※割引が適用になるリンクはこちら

こちらの記事もどうぞ!

離乳食・幼児食の資格

【離乳食・幼児食の資格を一覧比較】種類・通信で取れるおすすめ3選

2020年9月15日

>>【離乳食・幼児食の資格を一覧比較】種類・通信で取れるおすすめ3選

ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーターの資格講座の教材

【離乳食・幼児食コーディネーター資格の口コミ】難易度・独学可能?

2021年7月10日

>>【離乳食・幼児食コーディネーター資格の口コミ】難易度・独学可能?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事