食育アドバイザーと食育インストラクターの違いは何?【おすすめは?】

ユーキャンの「食育アドバイザー」と似ている資格に「食育インストラクター」がありますが、どちらも似たような資格名で、何が違うのかわかりにくいですよね。

そこで、今回は「食育アドバイザー」と「食育インストラクター」の資格の違いをまとめました。

この記事でわかること
  • 料金やサポート期間、教材内容などそれぞれの資格の特徴
  • それぞれの資格のメリット・デメリット
  • 結局おすすめは?どっちがお得に受講できる?
資格選びで損をしたくない方は要チェックです!
タップで移動できる目次

食育アドバイザーと食育インストラクターの違いは何?

まずは、キャリカレの「食育アドバイザー」とがくぶんの「食育インストラクター」の資格を表で比較しました。

スクロールできます
食育アドバイザー食育インストラクター
資格認定一般財団法人
日本能力開発推進協会
NPO日本食育
インストラクター協会
食育アドバイザー
上級食育アドバイザー
プライマリー
1〜4級
受験資格特になしプライマリーは特になし
受講費用28,600円39,900円
受験料5,600円試験なし
(講座修了で資格取得)
受講方法通信教育
(キャリカレ)
通信教育
(がくぶん)
学習期間3ヶ月6ヶ月
試験筆記試験
(在宅受験)
試験なし
(講座修了で資格取得)
※資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。
がくぶんの講座で取得できるのは「食育インストラクター プライマリー」です。

食育アドバイザーとは?

食育アドバイザーの資格講座

食育アドバイザーは、日本能力開発推進協会(JADP)が主催する民間の資格です。

キャリカレが取り扱っているのは、「食育アドバイザー」の資格講座で、資格を取るためにはキャリカレの講座を受講することが必須条件となります。

mina
食育を学びたい方なら誰でも受けることができますよ!受験資格は特にありません。

「食育アドバイザー」の試験概要はこちらです。

項目説明
資格講座食育アドバイザー
資格認定日本能力開発推進協会(JADP)
受験資格特になし
試験日程いつでもOK
試験会場自宅(在宅受験)
試験科目キャリカレの講座内容から出題
試験方法筆記試験
受講費用38,600円28,600円
(ネット申込で1万円割引)
受験料5,600円
学習期間3ヶ月
受講期限700日(約2年)
合格基準全体の70%以上
合格率非公開
※試験概要は変更になる場合があります。最新情報はキャリカレ公式サイトでご確認ください。

キャリカレの食育アドバイザー資格講座のポイント

  • 子育てや仕事をしながらでも挑戦しやすく、食育の勉強が初めての方も安心
  • サポート期間が700日(約2年)とたっぷりあるので、余裕を持って勉強できる
  • 自分の好きな時間に、在宅で学習・受験までできる

食育アドバイザーの資格試験は、「食育アドバイザー」と「上級食育アドバイザー」の2つに分かれています。

いきなり「上級食育アドバイザー」を受けるのもいいですが、食の勉強が初心者の方はまずは「食育アドバイザー」から勉強を始めるのがおすすめです。

実際の資格試験は、自分の好きなタイミングで在宅受験ができるので、リラックスして試験に臨めます。

外出しなくても勉強や試験が受けられるから、便利ですね!

>>【無料】この講座を資料請求する

>>1万円割引でおトクに申込む

食育アドバイザーの資格試験や難易度は、こちらの記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【食育アドバイザー資格の試験難易度と合格率】独学で取れる? 食育アドバイザー資格の難易度や合格率はどのくらいなのかわからないと、なかなか受講に踏みきれませんよね。 そこで今回は、この3つを記事で解説します。 食育アドバイ...

>>【食育アドバイザー資格の試験難易度と合格率】独学で取れる?

食育インストラクターとは?

がくぶんの食育インストラクター養成講座

食育インストラクターは、NPO日本食育インストラクター協会が主催する民間の資格です。

資格自体は、プライマリー>4級>3級>2級>1級の順で、資格が分かれています。

mina
食育を学びたい方なら誰でも受けることができますよ!受験資格は特にありません。

「食育インストラクター」の試験概要はこちらです。

スクロールできます
項目説明
資格講座食育インストラクター
資格認定NPO日本食育
インストラクター協会
階級プライマリー>4級>3級>2級>1級
※がくぶんの講座は「プライマリー」に該当
受験資格プライマリーは特になし

【4級】
1)協会推進校の通学講座で調理技術基礎6単位取得。
食育授業6単位取得した者
2)NPO協会主催「食育インストラクター4級資格認定研修会」1日受講(含む実技)した者

【3級】
・NPO日本食育インストラクター 4級取得者
・プライマリー取得者(※食育筆記試験免除)
・食育に関する国家資格取得者
・食育に関する国・地方公共団体からの特別業務就業者
上記該当者でNPO日本食育インストラクター3級資格認定研修会6単位履修 又は、
推進校にて食育授業6単位履修で受験可能

【2級】
・NPO日本食育インストラクター3級取得者
・プライマリー+食育に関する国家資格等取得者(※食育筆記試験免除)
・全料協「助教員」以上取得者(※食育筆記試験免除)
上記該当者でNPO日本食育インストラクター1級・2級
資格認定食育研修会12単位履修で受験可能

【1級】
NPO日本食育インストラクター2級取得者または栄養教諭で
NPO日本食育インストラクター2級取得後1年の実務経験を有する者
上記該当者で
1)食育活動報告書提出(抱負に関する論文形式含む)
2)食育メニュー提案
3)NPO日本食育インストラクター1級・2級
資格認定合同研修会12単位履修で受験可能。
試験日程【プライマリー】
試験なし(最終課題の提出が試験の代わり)
※4級から上の資格は公式サイト参照
>>公式サイト
試験会場【プライマリー】
在宅(通信教育で最終課題を提出)

【1,2,3,4級】
協会指定の会場で受験
試験内容
合格基準
【プライマリー】
試験なし

【4級】
・範囲:食育調理技術の基礎
・試験内容:(推進校通学者)食育筆記試験
・試験内容:調理実技試験(80点以上で合格)、
食育筆記試験(60点以上で合格)

【3級】
試験内容:調理実技筆記試験(80点以上で合格)、
食育筆記試験(60点以上で合格)

【2級】
試験内容:調理実技筆記試験(80点以上で合格)、
食育筆記試験(60点以上で合格)

【1級】
試験内容:食育筆記試験(70点以上で合格)
出題形式最終課題の提出が受験の代わり
※プライマリーの場合
受講費用39,900円(プライマリー)
※がくぶんの場合
受験料【4級】
(推進校通学者)食育筆記試験 ¥2,100
(通学者以外)食育筆記¥5,250、実技筆記¥5,250

【3級】
筆記試験・食育筆記・実技筆記 各¥5,250

【2級】
食育筆記・実技筆記 各¥5,250
【1級】
食育筆記¥10,500
※各種受講料や申請料が別途必要。
学習期間3ヶ月
受講期限700日(約2年)
合格基準全体の70%以上
合格率非公開
※試験概要は変更になる場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

食育インストラクターの資格試験は、1,2,3,4級とプライマリーに分かれています。

まずはプライマリーを取得してみて、徐々に次の級を目指していくかたが多いです。

食育インストラクターの階級

がくぶんで受講できるのは「プライマリー」の講座で受験自体がなく、最終課題を提出し合格することで、「食育インストラクター プライマリー」の資格取得ができます。

自分の好きなタイミングで勉強を進められるし、受験の必要がないからリラックスして勉強できるわね!

>>【無料】この講座の資料請求をする

>>この講座を今すぐ申込む

食育アドバイザーと食育インストラクター【料金の違い】

料金で比較すると、キャリカレの食育アドバイザー資格講座の方がお得です。

一括払いの場合

スクロールできます
食育アドバイザー食育インストラクター
受講費用28,600円39,900円
受験料5,600円試験なし
(講座修了で資格取得)
教材送料450円無料
認定証費用無料7,040円
総額34,650円46,940円
※資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

一括払いの場合、表で比べると、がくぶんの「食育インストラクター」資格講座の方が、総額の料金が1万円以上高いことがわかります。

mina
費用面でお得に受講するなら、キャリカレの食育アドバイザーがおすすめです。

>>【無料】この講座を資料請求する

>>1万円割引でおトクに申込む

食育アドバイザーと食育インストラクター【教材の違い】

食育アドバイザーの教材

キャリカレの食育アドバイザー資格講座の教材
食育アドバイザーの教材
  • テキスト3冊
  • 楽してチンして楽しいレシピ
  • 添削問題集
  • DVD6巻
  • 学習ガイドブック
  • 添削関連書類一式

キャリカレの食育アドバイザー資格取得講座のテキストは、フルカラーのテキスト。

キャリカレの食育アドバイザー講座に比べてテキストが2冊少ないですが、DVDが6巻とレシピ集もついてくるので、十分な量です。

これから食育活動をしたいという方にも、キャリカレの食育アドバイザー講座はおすすめです。

実際に行われた30の食育活動事例を7つのグループに分け、活動準備、集客方法といった具体的なノウハウを詳しく解説。

誰でも確実に、実践的な食育スキルを身につけることができます。

>>【無料】この講座を資料請求する

>>1万円割引でおトクに申込む

食育インストラクターの教材

食育インストラクターの教材内容
食育インストラクターの教材
  • テキスト5冊(食育の基礎知識 / 選食力を養う / 選食力を養う~食材の知識 / 食育ではじめるエコライフ / 地球の食を考える / 世代別食育のすすめ)
  • DVD3巻
  • 食育レシピ集
  • 学習のためのガイドブック
  • 指導課題集
  • 質問用紙

がくぶんの食育インストラクター資格講座では、「安心安全な食材の選び方」「基礎的な人格を養う食のマナー」「食べ物への感謝と世界的な視野で考えるエコロジー」を中心に心身を健康にする食生活が実践できます。

食や健康、さらには教育に関わる分野と、食育インストラクターはさまざまなシーンで活躍できます。

まずは無料の資料請求で、どんな内容が学べるのか、スケジュールや費用感をぜひチェックしてみてください。

>>【無料】食育インストラクターを資料請求する

食育アドバイザーと食育インストラクター【受講期間とサポート期間・サポート内容の違い】

サポート期間の長さで見ると、キャリカレの食育アドバイザー講座の方がお得です。

スクロールできます
食育アドバイザー食育インストラクター
平均受講期間3ヶ月6ヶ月
サポート期間700日(約2年)無料で6ヶ月延長可
(実質12ヶ月)
質問制限なし1日3問まで
質問方法1.受講生ページからメールで質問
2.質問用紙に記入・郵送
1.受講生ページからメールで質問
2.質問用紙に記入・郵送
※講座の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

平均受講期間は、どちらの資格も3〜6ヶ月でほぼ変わりませんが、サポート期間が大きく違います。

キャリカレの魅力はサポート期間が長いこと。

学習できる期間が長いので、仕事や家族のことなど急な都合で勉強ができなくなってしまっても、約2年間あるので安心です。

>>【無料】この講座を資料請求する

>>1万円割引でおトクに申込む

食育アドバイザーと食育インストラクターの違いと比較まとめ【どっちがおすすめ?】

食育アドバイザーの資格講座
結局、どっちを選んだらいいのかしら?

キャリカレの「食育アドバイザー」の方がこの点からおすすめです。

  • 総額の費用が8,000円近く抑えられる
  • 教材のクオリティが高いわりに値段が安い
  • サポート期間が長いので急な都合で勉強できなくなっても余裕が持てる

「いきなり受講をするのが不安」という方も、申し込んで教材が届いてから8日以内なら返品ができます。

もちろん「返金」もできるので、(返品の送料だけは支払う必要があります)気になったら申し込んでみて、届いた教材をチェックしてみるといいですね!

気に入れば受講、もし想像していたものと違えば、教材到着後8日以内ならキャンセルできるので安心して申し込めます。

>>【無料】資料請求で講座内容をチェックする

>>1万円割引でおトクに申込む

ぜひ、資格選びに役立ててくださいね!

シェアしてね!
タップで移動できる目次
閉じる