【終活ライフケアアドバイザー資格口コミ】試験難易度・独学できる

ラーキャリ終活ライフケアアドバイザー資格講座の口コミや評判・試験難易度・独学できない

当サイトに掲載されている商品には、一部プロモーションが含まれます(詳しくはこちら)。記事作成方針は「暮らしを豊かにするブログ」のレビューガイドライン・運営理念をご覧ください。

スポンサーリンク
ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格は独学で取れる?口コミも知りたい。

資格取得の際、実際の受講の流れや学習カリキュラム、資格取得のメリット・デメリットがわからないと、なかなか申し込みに踏みきれないですよね。

そこで今回は、ラーキャリで講座を買って受講した私の体験談をもとに、試験難易度や合格率、学習の流れを解説します。

また、終活ライフケアアドバイザー以外で終活資格のおすすめ種類一覧の比較結果が気になる方は、「終活資格一覧と国家資格どれがいい?おすすめ10種類比較・通信講座」もご覧ください。

あわせて読みたい
終活資格一覧と国家資格どれがいい?おすすめ10種類比較・通信講座 終活に関する資格取得の際、「終活ライフケアプランナー」「終活アドバイザー」「終活カウンセラー」など種類が多すぎてどれがいいか迷ったことはありませんか? そこで...
ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格講座口コミ・評判をざっくり言うと
  • 添削課題は提出しなくてもOK。回数が少ないのでスピーディー
  • 質問回答が早いので、すぐに疑問が解決できる
  • 受講期限がないので、自分のペースで勉強できる
ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格講座のテキスト・教材

\ 最短3週間で資格が取れる! /

著者・記事監修の栄養士の赤石美波

記事の監修・執筆

終活ライフケアアドバイザー 赤石美波

小学校教諭第一種免許状・中学校教諭第一種免許状・栄養士免許取得。子育てや食育・実用など暮らしに役立つ講座を中心に、書籍や各種講座・通信教育の受講に総額800万以上をかけて徹底検証。資格取得のリアルな体験談を執筆中。
赤石美波のプロフィール詳細

記事監修・執筆:終活ライフケアアドバイザー 赤石美波

著者・記事監修の栄養士の赤石美波

小学校教諭第一種免許状・中学校教諭第一種免許状・栄養士免許取得。子育てや食育・実用など暮らしに役立つ講座を中心に、書籍や各種講座・通信教育の受講に総額800万以上をかけて徹底検証。資格取得のリアルな体験談を執筆中。

赤石美波のプロフィール詳細

スポンサーリンク
タップで移動できる目次

終活ライフケアアドバイザー資格講座の合格率や難易度・試験日程

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格講座のテキスト・教材

終活ライフケアアドバイザーは、通信教育のラーキャリが販売している講座で取れる資格です。

添削課題を提出しなくても試験に進めるため、資格取得を急いでいる方や、やりとりが面倒な方にはピッタリです。

資格講座終活ライフケアアドバイザー
資格認定一般社団法人
日本技能開発協会
販売ラーキャリ
受験資格特になし
費用【通信講座+試験】
49,500円
※時期により割引あり
【試験のみ】
11,000円
試験内容終活の基礎知識
終活の進め方
終活の準備と注意点
ほか
学習期限制限なし
※講座概要は変更になる場合があります。最新情報はラーキャリ公式サイトでご確認ください。
ラーキャリ終活ライフケアアドバイザー資格講座のポイント
  • 受講期限がないので、自分のペースでゆっくり学びたい方におすすめ
  • 【通信講座+試験】と【試験のみ】の2パターンから選べる
  • 添削課題を提出しなくても本試験に進めるため、資格取得を急いでいる方におすすめ。申込から資格取得まで最短約3週間

\ 最短3週間で資格が取れる! /

ラーキャリ終活ライフケアアドバイザー資格講座を口コミレビュー

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格講座のテキスト・教材
  • テキスト品質
    1
  • 仕事への役立ち度
    1
  • 受講期限
    5
  • 添削課題
    2
  • Web学習機能
    1

数値の算出基準・根拠はこちら

終活ライフケアアドバイザー
総合評価
( 1.4 )
メリット
  • 添削課題は提出しなくてもOK。回数が少ないのでスピーディー
  • 質問回答が早いので、すぐに疑問が解決できる
  • 受講期限がないので、自分のペースで勉強できる
デメリット
  • Web学習・添削課題提出機能がない
  • テキストが白黒でカラーではない
  • 映像教材がない
テキスト品質
白黒
1
2
3
4
5
カラフル
Web学習機能
なし
1
2
3
4
5
充実
添削課題
なし
1
2
3
4
5
充実
試験難易度
1
2
3
4
5
仕事への役立ち度
趣味
1
2
3
4
5
仕事
スクロールできます
終活ライフケアアドバイザー
総合評価
( 1.4 )
メリット
  • 添削課題は提出しなくてもOK。回数が少ないのでスピーディー
  • 質問回答が早いので、すぐに疑問が解決できる
  • 受講期限がないので、自分のペースで勉強できる
デメリット
  • Web学習・添削課題提出機能がない
  • テキストが白黒でカラーではない
  • 映像教材がない
テキスト品質
白黒
1
2
3
4
5
カラフル
Web学習機能
なし
1
2
3
4
5
充実
添削課題
なし
1
2
3
4
5
充実
試験難易度
1
2
3
4
5
仕事への役立ち度
趣味
1
2
3
4
5
仕事

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格取得までの手順は以下の4ステップで、学習したら任意で添削課題を提出し、在宅で資格試験を受ける形になります。

ラーキャリの資格講座の受講の流れ
ラーキャリの資格講座の受講の流れ

1.ネット申込

まずはネット申込をします。

>>終活ライフケアアドバイザー講座の申込はこちら

右下の「講座を申し込む」と書かれた黒色のボタンをクリックして、名前や住所などの情報を入力します。

申し込んだら、あとは教材が届くのを待つだけ!思い切って一括払いでも良いですし、予算が厳しい…という方は、クレジットカードの分割払いでもOKです。

2.ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格講座の教材到着

申し込んでから1週間くらいすると、教材が届きます。私がコーヒープロフェッショナル資格講座を申し込んだときは、5日で届きました。

ラーキャリの資格取得講座のテキスト・教材の箱

届く教材は、公式サイトに書いてあるとおりのラインナップです。

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格取得講座のテキスト・教材
スクロールできます

教材の箱

ラーキャリの資格講座の箱

教材はクリックポストで薄めのコンパクトな箱で届きます。

メインテキスト

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

終活の基礎知識や終活の進め方、終活の準備と注意点の解説もあります。写真ではなく白黒のイラストでまとまっていました。

問題集

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

問題集は10回分あり、1回につき10個の問題があるので、全部で100個の問題を解くことができます。

添削課題

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

テキストや問題集の総まとめとして添削課題があります。添削課題は提出はしてもしなくてもOK!

本試験と提出用封筒

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

試験問題は、記述式・択一式などさまざまで、記号で選ぶものや記述するもの、単語を書くものがありました。

LINE質問

ラーキャリのLINE質問サポート

LINEやメールで質問ができます。メール返信は、平日の10時〜18時が基本となりますが、LINEの場合は時間外にも返信してもらえる場合があります。

合格認定証

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格合格認定証

合格通知は本試験の採点結果つき。自分が解いた問題用紙ごと返ってくるので、間違えた部分が明確にわかります。認定証は、かためのしっかりとしたファイルに入っており、紙自体も厚みがあって高級感がありました。

  • 教材テキスト1冊
  • 問題集
  • 添削課題
  • 添削課題返送用封筒
  • 本試験
  • 本試験返送用封筒

3.テキストと問題集で学習

教材が届いたら、教材テキストと問題集で学習開始!空き時間を見つけてコツコツ進めてもいいし、休みの日などまとまった時間が確保できそうなら、一気に進めます。

人によっては、毎日コツコツやるよりも、モチベーションが上がったときや土日など余裕のあるタイミングで、一気に進める方が効率がいい場合があります。

自分に合ったやり方を見つけられると良いでしょう。

試験対策テキストを一通り読んで頭に入れたら、次は問題集に取り組みます。

ブログ管理人
私は、読んでばかりだと飽きてしまうので、テキストを読み進めつつ問題集も同時並行で進めました。
ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

問題集は10回分あり、1回につき10個の問題があるので、全部で100個の問題を解くことができます。

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

テキストを全部読み終わって問題集も終わったら、本番の試験に移ってもOK!「これで試験を受けるのは不安…もうちょっと対策したい」という方は、試験前に添削問題を解いて提出できます。

終活ライフケアアドバイザー資格取得講座で学べる内容
  • 終活の基礎知識(終活とは/終活の背景/終活に必要なこと/終活のタイミングとは)
  • 終活の進め方(お金を誰に残したいか/生前整理(自分史)/生前整理/生前整理(その他)/介護について考える)
  • 終活の準備と注意点(終活の取りかかり方/銀行口座の凍結問題・詐欺や悪徳商法など終活の落とし穴)

4.添削問題を解いて提出(1回)

他社の通信教育「ユーキャン」や「キャリカレ」は、テキスト1冊目が終わったら、添削問題→テキスト2冊目が終わったら、添削問題、というように、テキストと添削問題を交互に行う仕組みになっている講座が多いです。

しかし、ラーキャリの場合は、「ここまでやったらこの添削問題をやる」のように明確に区切れているわけではなく、テキストや問題集の総まとめとして添削課題があります。

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

添削課題は提出はしてもしなくてもOKですが、私は本番の資格試験に向けてより準備をしておきたかったので、提出することにしました。

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

添削課題を提出すると、ラーキャリ運営事務局から試験評価シートを発行してもらえます。本番の試験に向けての復習に使えるので、添削課題が返送されてくるのを待ちます。

2週間半(私の場合は18日でした)くらいすると、ラーキャリから返送されてきます。

添削課題の採点結果と、採点をしてくれたスタッフによるコメントがもらえます。

このコメントをチェックしてから資格試験にのぞめば、間違ったところがわかるので確実です。

5.終活ライフケアアドバイザー資格試験を受験

添削課題が全部終わって返送されてくる講評をチェックしたら、次は資格試験です!

ただし、添削課題が返ってくるまでに20日ほどかかるので、その間に学んだ内容を忘れてしまいがち…なので、テキストや問題集、添削課題を復習してから本試験に臨むのが良いと思います。

ラーキャリの資格取得講座のテキスト・教材

本番の試験問題は、のりづけで封がしてあり、はさみで切ると中身が出てきます。

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

試験問題は、記述式・択一式などさまざまで、記号で選ぶものや記述するもの、単語を書くものがありました。

ブログ管理人
難易度は、そこまでむずかしくはないものの、全くテキストを読まずノー勉だときついと思います。

試験問題は、記述問題の答えを考えるのにやや時間が取られましたが、1時間もあれば全部解けるかと思います!私がコーヒープロフェッショナル試験を受けたときは、1時間以内で解けました。

問題を解いたら、ついてきた返信用封筒に解答用紙を入れて郵送します。他社では切手代が自己負担のケースが多いですが、ラーキャリではその必要はないので好印象でした。

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

試験自体は、問題集や添削課題でまちがえたところを復習しておき、テキストの内容を理解しておけば大丈夫です。

ブログ管理人
再受験もできますが、1回あたり再試験料が5,000円かかるので、できるだけ一発合格できるよう心がけましょう!

6.終活ライフケアアドバイザーの資格取得

試験に合格すると、資格認定証が入った合格通知書が2〜3週間で届きます。自分の勉強したことが形になるのは、独学では得られない、通信教育のメリットですよね。

合格通知の中には、本試験の採点結果が入っています。自分が解いた問題用紙ごと返ってくるので、どこを間違ったのか明確にわかります。

認定証は、かためのしっかりとしたファイルに入っており、紙自体も厚みがあって高級感があります。

他社ではペラペラの紙一枚で来るところもありますが、ラーキャリの認定証は資格の証明らしく質が良いと感じました。

基本的に家で空き時間に勉強しましたが、集中して教材を進めたいときは、近所のカフェに行ったりしました!

最後まで学び終わって、受講してよかったと感じました。テキストは簡潔にまとまっていてわかりやすいし、LINEでいつでも質問ができ、添削課題や問題集で自分の理解度も確認できるから知識がしっかりと身につきます。

独学だと、どこから始めてどの範囲まで学べばいいのか悩んでしまいますが、通信教育で教材としてまとまっていると、「これだけ知っておけば大丈夫」というところだけ勉強できるので、効率的に学べました。

\ 最短3週間で資格が取れる! /

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格講座のメリット・デメリット

メリットとデメリットの口コミ

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格講座のメリット・デメリットをまとめました。

メリット
デメリット
  • 添削課題は提出しなくてもOK。回数が少ないのでスピーディー
  • 質問回答が早いので、すぐに疑問が解決できる
  • 受講期限がないので、自分のペースで勉強できる
  • Web学習・添削課題提出機能がない
  • テキストが白黒でカラーではない
  • 映像教材がない

メリット・デメリット両方ありますが、それぞれ見ていきましょう!

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格講座のデメリット

まずは、私がラーキャリで実際に受講してみて感じた3つのデメリットを紹介します。

  • Web学習・添削課題提出機能がない
  • テキストが白黒でカラーではない
  • 映像教材がない

【デメリット①】Web学習・添削課題提出機能がない

ラーキャリでは、スマホ・パソコン・タブレットで映像学習ができたり、テキストを見られたり、添削課題の提出ができるなどのWebサービスがありません。

以前とは異なり、添削課題の切手代を受講料金とは別で用意する必要がなくなった(通信講座の料金に含まれる)のは良い点です。

切手代が自己負担→無料に!

しかし、ラーキャリでは、スマホ・パソコン・タブレットで映像学習ができたり、テキストを見られたり、添削課題の提出ができるなどのサービスはありません。

他社のように、Web機能が追加されると良いと思いました。

【デメリット②】映像教材がない

ラーキャリの通信講座の教材には、映像がつきません。テキストのみの学習となります。

他社の教材では映像講義があり、テキストだけではイメージしにくい部分も動画で見ることで理解を深めることができます。今後ラーキャリにもこういった映像教材が追加されると良いのではないかと思いました。

【デメリット③】テキストが白黒でカラーではない

教材のクオリティで比較すると、同じ通信教育の会社キャリカレ・SARAスクールと同じくらいですが、大手ユーキャンのクオリティの高さにはかないません。

ラーキャリとユーキャンの野菜講座を両方買って比較しましたが、テキストがラーキャリでは白黒で1冊なのに対し、ユーキャンはフルカラーで3冊など、差があります。

ラーキャリでは資料請求ができませんが、ユーキャンやキャリカレ・SARAスクールなど資料請求ができるものはしてみたり、ネット上の口コミをよく見て比較検討したうえで、申し込むのが良いかもしれません。

料金も講座によって違うので、予算とも相談しながら選んでみてください。

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格講座のメリット

次に、私がラーキャリで実際に受講してみて感じた3つの良い口コミを紹介します。

  • 添削課題は提出しなくてもOK。回数が少ないのでスピーディー
  • 質問回答が早いので、すぐに疑問が解決できる
  • 受講期限がないので、自分のペースで勉強できる

【メリット①】添削課題は提出しなくてもOK。回数が少ないのでスピーディー

ラーキャリの資格講座の添削課題提出は、必須ではありません。

テキストのほかに「問題集」がついてくるので、添削課題を提出しなくても試験対策はできますが、添削問題に取り組むことでより試験への不安を解消できます。

○×問題で解けて手軽!ちなみに、「×」の問題は、どこが間違っていて、どう直すと良いかまでわかっておくと、より試験への準備ができます。

【メリット②】質問回答が早いので、すぐに疑問が解決できる

ラーキャリの講座は、LINEやメールで質問ができます。

メール返信は、平日の10時〜18時が基本となりますが、LINEの場合は時間外にも返信してもらえる場合があります。

ブログ管理人
私が質問したときは祝日でしたが、1時間かからず返信をいただけたこともありました。

通信教育は独学で本を読むのとは異なり、わからない箇所があったときに、質問できる環境があるので便利です。

【メリット③】受講期限がないので、自分のペースで勉強できる

通信教育は、時期によっては仕事や育児・家事などとの両立がむずかしく、気がついたら受講期限を過ぎていた…なんていうこともありますよね。気持ちが焦ると、勉強が中途半端になってしまうことも。

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

しかし、ラーキャリには学習時間の制限はありません。申し込みから試験まで、期限を気にせずに自分のペースで進めていけるので、じっくり知識を深めることができます。

\ 最短3週間で資格が取れる! /

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー以外の資格講座

終活資格はどれがいい?比較・種類一覧・通信おすすめ人気講座

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー以外にも、終活に関する資格はたくさんあります。比較しやすいよう表にまとめました。

資格講座費用申込先資料請求(無料)特長内容映像教材質問回答添削指導学習期間サポート期間資格認定講座販売
一般社団法人相続終活専門協会認定の相続終活専門士資格
相続終活専門士
12,000円今すぐ申込む>>詳しく見る・協会から予想問題、サブテキスト、資格試験テキストが郵送
・4択50題のマークシート形式
・終活の知識
・相続の知識
映像なし質問回答なし添削なし学習期間
約1ヶ月
期限なし一般社団法人相続終活専門協会認定一般社団法人相続終活専門協会
キャリカレの終活ライフケアプランナー養成講座の教材・テキスト
終活ライフケアプランナー
53,800円今すぐ申込む>>無料資料請求・業界最長のサポート期間
・認定証の見栄えが良い
・終末期ケアや死生観
・医療/介護/葬儀/お墓/相続などのライフプラン
映像あり
(受講生ページで視聴可)
質問回数制限なし
(メール/郵送)
添削3回
(郵送/web)
学習期間
約3ヶ月
期限700日(約2年)一般財団法人日本能力開発推進協会認定キャリカレ
終活アドバイザー資格講座の教材・テキスト
終活アドバイザー
35,000円今すぐ申込む>>無料資料請求業界大手で安心
・教材のクオリティが高い
・社会保険制度
・財産の管理や相続対策
・葬儀/供養/お墓
映像なし質問1日3回まで
(メール/郵送)
添削3回
(郵送/web)
学習期間
約4ヶ月
期限8ヶ月終活アドバイザー協会認定ユーキャン
フォーミーの終活ライフコーディネーター資格講座
終活ライフコーディネーター
35,200円今すぐ申込む>>詳しく見る紙のテキストがないので、学習・受験はスマホorパソコン
・認定証が英語
・お墓や葬儀/医療/遺産相続
・老化に伴う住替
・終末期医療の考え方
映像なし質問回数制限なし
(メール)
添削なし学習期間
約1ヶ月
期限180日(約半年)一般社団法人日本能力教育促進協会認定フォーミー
一般社団法人生前整理普及協会の生前整理アドバイザー2級認定講座のテキスト・教材
生前整理アドバイザー
2級:21,450円
準1級:27,280円
1級:38,280円
今すぐ申込む>>詳しく見る・オンライン開催あり(zoom,skype)
・認定指導員になるには1級が必要
・思い出の品整理
・エンディング情報の整理
・法律と写真整理
映像なし質問は講義中添削なし学習期間
1日
※10時-16時(300分)
受講期間中一般社団法人生前整理普及協会認定一般社団法人生前整理普及協会
一般社団法人相続診断協会の相続診断士資格
相続診断士
38,500円今すぐ申込む>>詳しく見る・2年ごとに16,500円の更新費用・贈与税や相続税
・遺言、成年後見制度
映像あり
(動画講義)
質問回答なし添削なし学習期間
約1ヶ月
受講期間中一般社団法人相続診断協会認定一般社団法人 相続診断協会
ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格取得講座のテキスト・教材
終活ライフケアアドバイザー
49,500円今すぐ申込む>>詳しく見る・期限がないので、ゆっくり学びたい人におすすめ
・試験のみ等、コース数種類あり
・財産別の整理方法
・介護と終末期医療
・生前整理
映像なし質問回数制限なし
(メール/LINE)
添削1回
(郵送)
※提出しなくても良い
学習期間
期限なし
期限期限なし一般社団法人日本技能開発協会認定ラーキャリ
一般社団法人終活協議会「想いコーポレーショングループ」終活ガイド資格講座の資料
終活ガイド
初級(3級):無料
2級:5,000円
1級:50,000円
今すぐ申込む>>詳しく見る・1級〜3級まで
・1級のみ年会費3,300円
・継続しての受講など知識のアップデート求められる
・介護/認知症
・健康/医療
・保険/相続
映像あり
(オンライン受講の場合)
質問は講義中添削なし学習期間
3級/2級:1日
1級:1ヵ月
受講期間中終活協議会認定終活協議会
終活カウンセラー協会の終活カウンセラー資格講座のテキスト・教材
終活カウンセラー
2級:15,000円
1級:48,000円〜53,000円
今すぐ申込む>>詳しく見る・2級は通学/動画視聴/オンライン講義の3通り
・初年度年会費5,000円
・1級は事前審査費3,000円がかかる
・お葬式/供養
・保険の知識
・相続の知識
映像あり
(動画講義)
質問は講義中添削なし学習期間
2級:1日
1級:2日
受講期間中終活カウンセラー協会認定終活カウンセラー協会
NPO法人相続アドバイザー協議会認定の相続アドバイザー資格養成講座
相続アドバイザー
165,000円今すぐ申込む>>詳しく見る・受講生の80%が士業
・21年の運営実績
・相続人/相続財産の確定
・相続手続き/不動産売却/登記
映像あり
(動画講義)
質問は講義中添削なし学習期間
1講座2時間×全18講座
(合計36時間分)
受講期間中NPO法人相続アドバイザー協議会認定NPO法人相続アドバイザー協議会
※当サイトの表・コンテンツの無断転載はご遠慮ください。
※資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。
ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格講座のテキスト・教材
他社と比較したラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格講座のポイント・強み
  • 受講期限がないので、自分のペースでゆっくり学びたい方におすすめ
  • 【通信講座+試験】と【試験のみ】の2パターンから選べる
  • 添削課題を提出しなくても本試験に進めるため、資格取得を急いでいる方におすすめ。申込から資格取得まで最短約3週間

終活ライフケアアドバイザー以外の関連資格は>>終活資格一覧と国家資格どれがいい?おすすめ10種類比較・通信講座

似ている資格の比較1>>終活ライフケアプランナーと終活アドバイザー違いは?両方受講してみた

似ている資格の比較2>>終活アドバイザーと終活カウンセラー違いは?両方買ってみた!

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格は独学できる

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

終活ライフケアアドバイザー資格は独学で取得できます

独学で資格試験のみ受けることはできます。
ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格講座を受講することで試験対策になりますが、対策なしで資格試験のみ受験してもOKです。

独学の場合、もともと職業の関連で知識があるか、もしくは自分で本を何冊か買ったり、YouTube動画や、終活が特集された雑誌を読んで学ぶことになります。

しかし、独学では勉強の範囲や大事なポイントがわからずに、途中で勉強をやめてしまう人も多いです。

ブログ管理人
「重要なポイントをプロに教わって、最後まで勉強をやりきる」「体系立てて学ぶ」ことができるのが、通信教育のメリットです。

わからないことがあったらいつでも質問できるので、存分に活用してみましょう!

ラーキャリ
独学
  • 重要なポイントだけ学んで試験対策ができる
  • スタッフに質問・相談ができる
  • 費用がかかる
  • 学ぶ範囲があいまい
  • 質問・相談はできない
  • 費用は安くて済む

ラーキャリ終活ライフケアアドバイザー資格講座の口コミ評判・試験概要まとめ

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー資格とは?試験難易度・独学できない
ラーキャリ終活ライフケアアドバイザー資格講座のポイント
  • 受講期限がないので、自分のペースでゆっくり学びたい方におすすめ
  • 【通信講座+試験】と【試験のみ】の2パターンから選べる
  • 添削課題を提出しなくても本試験に進めるため、資格取得を急いでいる方におすすめ。申込から資格取得まで最短約3週間

ぜひ、この機会に資格試験にぜひチャレンジしてみてください!

\ 最短3週間で資格が取れる! /

ラーキャリの終活ライフケアアドバイザー関連資格講座

あわせて読みたい
【ユーキャン終活アドバイザー評判】口コミと独学資格難易度・国家資格でない 私も終活の勉強に興味があり資格が気になっていたので、実際に教材を買ってみました!この記事では教材の口コミレビューやユーキャンを選んだ理由など感想をお伝えしま...

>>【合格体験記】終活アドバイザー口コミ!資格難易度・国家資格でない

▼ 最大約3万円割引!クリックして割引クーポンをもらおう! ▼

キャリカレの期間限定割引キャンペーン

※本サイト記載の価格は、すべて税込です。

ラーキャリ終活ライフケアアドバイザー資格講座の口コミや評判・試験難易度・独学できない

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてね!

この記事を書いた人

赤石 美波のアバター 赤石 美波 教員免許・栄養士免許取得済

小学校教諭第一種免許状・中学校教諭第一種免許状・栄養士免許取得。栄養士の学校を首席で卒業後、保育園栄養士として勤務。食育活動や料理教室講師・セミナー講演・料理イベント開催など料理・食関連の仕事に従事。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タップで移動できる目次