だしを飲んでほっとするのは気のせいじゃなくて、科学的な根拠があった

こんにちは。赤石美波です。

 

 

私はいつもお味噌汁の作り置きをするのですが、

昨日は久々に、昆布とかつお節から

ちゃんとだしを取りました。

 

 

というのも、

最近アンチエイジング関連の本を読んでいて、

そこに「だしにはリラックス効果がある」と書かれていたからです。

 

 

だしをちゃんと取ったお味噌汁って、

本当においしいですよね〜!( ´ ▽ ` )

 

 

だしを取るのをサボって、

味噌だけで味付けすることも多かったのですが、

時間のある日はちゃんとだしを取ろう!!と思いました。

 

 

だしを飲むと、なんだか「ほっと」しませんか?

 

 

そしてこの「ほっとする」と私たちが感じるのは、

単純に慣れ親しんだ味だからというだけではなく、

 

ちゃんと科学的な根拠もあるようです。

 

だしを飲んでほっとするのは気のせいじゃなく、科学的根拠があった


例えば昆布の場合。

 

昆布には、グルタミン酸が含まれます。

 

このグルタミン酸は、胃の動きを活発にし、

腸では消化吸収を促したり

腸の粘膜の保護や、細菌などが体内に入るのを防いだりしています。

 

 

また、昆布のグルタミン酸は

胃の中でセロトニンの分泌を促し、

副交感神経の働きを活発にさせます。

 

 

セロトニンが出て、副交感神経が優位になる。

つまりリラックス効果も高まります。

 

 

 

だしを飲むとなんだかほっとするなあ。胃が落ち着くなあ。というのは、

科学的な根拠もあったんですね。

 

出汁にはがん予防効果もあるらしい


オランダで行われたある研究によると、

BMI25以下の肥満でない人は、

食事からのグルタミン酸の摂取量が1%増えるごとに

大腸癌を発症するリスクが、42%低下することがわかりました。

 

 

だしは、ガン予防も期待できそうですね。

 

 

核酸系のだしは疲労回復に役立つ

 

また、だしで思い浮かぶのは

 

昆布のほかに、

しいたけやかつお節がありますよね。

 

 

しいたけはグアニル酸。

かつお節はイノシン酸。

 

これらは「核酸」は、

細胞の新陳代謝を助ける働きがあります。

 

 

かつお節にはイノシン酸だけではなく、

アンセリン、カルノシンという

疲労回復に役立つ成分も含まれています。

 

 

たんぱく質の多いかつお節は、

アミノ酸の一種であるトリプトファンを含みます。

 

 

このトリプトファンから

幸せホルモン「セロトニン」ができますから、

リラックス効果が高まりますね。

 

だしを取ることは科学的にも身体に良い

 

だしを取ると料理がおいしい。

確かにおいしい。

それはわかっている。

(でもめんどくさい!)

だけど、それが身体にとっても良いという根拠を知ると

今までよりも、「だしを取ってみたい!」

という気持ちになりませんか?

 

 

あなたも時間に余裕のある時、

ぜひだしを取ってみてくださいね^^

 

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

 

「水だし」なら、冷蔵庫に作り置きしておくだけだし、

便利かも。私もやってみます。

 

 

*************

食とアンチエイジングについての役立つ情報を、

メルマガで配信しています。

良かったら登録してくださいね^^

(いつでも登録解除できます)

 

◆◇◆無料メール講座◆◇◆