【実際に買ってみた】キヨエのオリーブオイルを3種類食べた感想

キヨエのオリーブオイル

スポンサーリンク




ママ
キヨエのオリーブオイルを取り寄せしようか迷ってるんだけど、どのくらいおいしいのかな?

値段も高めだし、実際に食べた人の口コミが知りたい!

 

ネットで話題のキヨエのオリーブオイルを取り寄せしようと思っているものの、

値段もかなり高めだし、どのくらい市販のものと味が違うのかわからないと、なかなか手が出ないですよね。

そこで今回は、この3つを記事で紹介します。

  • キヨエとは?どんな会社?
  • キヨエのオリーブオイルはどんな味?市販との違いと値段
  • キヨエのオリーブオイルを食べた人の口コミ

一つでも知りたい内容があれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

キヨエのオリーブオイルとは?



産地・製法にもこだわりぬき、ミシュランのシェフと共同して商品開発を行っている株式会社バロックスのオリジナルブランド『キヨエ』。

一般のご家庭はもちろん、その品質の高さからミシュランシェフにも愛用されています。

商品パッケージもおしゃれで、母の日や友人への贈り物など、ギフト用などにもぴったりです。

キヨエのオリーブオイルの名前の由来は何?

オリーブオイル

オリーブオイルなのに、なぜ名前が「キヨエ」?と気になってしまいますよね。

私も疑問に思って調べたところ、「みんなから愛され、覚えやすく、なじみやすい名前をつけようと、日本の女の子の名前からつけた」とのこと。

清らかなイメージを持ってもらうために「キヨエ」にしたそうなのですが、日本全国のキヨエさんから注文が殺到するなど、思わぬ反響があったそうです。

紙袋や箱、シールにもキヨエの文字が印刷されているため、プレゼント用としても喜ばれています。

【実際に食べてみた】キヨエのオリーブオイルはどんな味?

公式サイトから注文すると、厚いプチプチに包まれて届きました!

とてもていねいな梱包で、心がこもっている感じがします。

キヨエのオリーブオイル

5,500円以上の注文で送料が無料になるので、気になった商品を全部買ってみました。

左から、トマトソース、オリーブジュース100%オイル、エキストラバージンオリーブオイル、オリーブジュース100%オイルバロックスです。

 

キヨエのオリーブオイルを食べた感想

まずはこれ!「オリーブジュース100%オイル<キヨエ> 120ml」です。

キヨエのオリーブオイルでよく見かけるものです。

オリーブオイル

このあいだ行った自然食品店にも、キヨエの姿が!

左から3番目に置いてありますね。

 

このオリーブオイル、使ってみて驚いたのが、洋食にはもちろん「和食にも合う」という点です。

雑味や苦味が少ないので、和食全般に合うんですよ。

このあいだ、煮物にかけて食べてみたら意外とぴったりの味で、おいしかったです。

「わさびや醤油とも合う」と、旦那さんがお刺身と一緒においしそうに食べていました。

【ギリシャ産】<キヨエ>エキストラバージンオリーブオイルを食べた感想

こちらは、エキストラバージンオリーブオイル。

商品名は「【ギリシャ産】<キヨエ>・EXVオリーブオイル 250ml」です。

サラダに生でかけたり、料理の仕上げにかけたりするとおいしいです。

キヨエのエキストラバージンオリーブオイル

キャベツの巣ごもり卵の仕上げにかけて食べたら、その香りの高さにびっくり!めちゃくちゃおいしかったです。

エキストラバージンの方も、和食に合いますね。

冷やっこ、うどん、味噌汁にかけてみましたが、くせがなく違和感なし。おいしい〜!

オリーブオイルの比較

エキストラバージンなので、苦味と香りが濃厚!パンにつけたらレストランの味になりました。

オリーブオイルの比較

パンにつけて、家にあるオリーブオイルと食べ比べをしてみました。

エキストラバージンは一番左と、中央のキヨエの商品で、もちろんオリーブの一番しぼりなので色が濃いです。

キヨエのエキストラバージンオリーブオイルは、一番左のものよりも「雑味がない」というんでしょうか。オリーブオイル特有のクセがなくてびっくりしました。

しかし、中には「オリーブオイルの、あの苦味が好き」という人もいるかと思います。そんな方は、キヨエだと物足りないかもしれません。

 

しかし、私にはキヨエのオリーブオイルもほんのりと苦味があって、じゅうぶんな気はしました。

ともかく、「おいしい」の一言につきますね。公式Twitterにレシピが載っているので、いろいろ試してみようと思います。

 

キヨエのオリーブジュースを食べた感想

キヨエのオリーブオイル

こちらは、「オリーブジュース100%オイルバージンオイルバロックス 300ml」

揚げ物のために開発されたと公式サイトに書いてあったので、揚げ物に使ってみました。

オリーブオイルで揚げ物を作るなんて贅沢な体験…。野菜の素揚げにしてみましたが、胃もたれがしなく軽やかな味わい。

オリーブオイルでの揚げ物は初めてだったのですが、家での食事がリッチに感じます。定期的にやろうと思いました。

 

キヨエのトマトソースを食べた感想

トマトソースも絶品でした!原材料も無添加で、余計な食品添加物が入っていないので家族にも安心して出せます。

ズッキーニなどトマトに合いそうな野菜を炒めた仕上げに、キヨエのトマトソースを投入!

キヨエのオリーブオイル入りなのと、ニンニクや香辛料も入っているので、これを入れれば味つけの手間がかかりません。

家族からも「これ、おいしいね!!」と評判も上々でした♬オリーブオイル以外の商品もかなりおいしいのでおすすめです。

 

\会員登録なしでも買える!/

キヨエの通販サイト

ギフトにもおすすめ

 

キヨエの商品を食べた人の口コミ

キヨエのオリーブオイルを食べた人の口コミを、SNSでも調べてみました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

優木まおみ(@yukimaomi)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

takanatume(@takanatume)がシェアした投稿

CMなども含めよく広告で見かけますが、キヨエのオリーブオイルは味もちゃんとおいしく、品質は確かです。

私は、キヨエ公式Twitterのレシピをよく参考にしてます。キヨエのオリーブオイルがおいしく食べられるので便利!

 

オリーブオイルのキヨエの商品のメリット

  • ギフトにもおすすめ。パッケージデザインも美しくよろこばれる
  • 産地と製法にこだわった商品で、環境にも体にも安心
  • 余計な食品添加物が入っていない

特に、ギフトは人気があっておすすめ。パッケージのデザインもシンプルできれいなので、贈り物にもぴったりです。

 

オリーブオイルのキヨエの商品のデメリット

  • 値段が高い
  • 一般のスーパーではなかなか売っていない

このあたりがデメリットです。

時間もお金もかけて、こだわって作られているので、市販の安いオリーブオイルよりも値段が高くなってしまいます。

大量生産ができないので、通販メインで一般のスーパーで見かけることもほぼないですよね。

自然食品店では、置いてあることが多いです。

キヨエのオリーブオイルを一番安く手に入れる方法

せっかく買うなら、いちばんお得な方法で手に入れたいですよね。

できるだけ安く買いたい方には、公式サイトからの注文をおすすめします。

キヨエのオリーブオイルは、楽天やAmazonでも買えますが、公式サイトの「定期便」で買うのが一番安いです。

キヨエのオリーブオイル200mlの1本あたりの値段を、表で比べてみました。

↓スマホの方へ:表は横にスクロールできます。

楽天 公式サイト
◎おすすめ
Amazon
値段 △¥3,240 ◎¥1,684 △¥2,106
送料 無料 ¥770
(¥5,500以上で無料)
¥770

※公式サイトの定期便で注文すると、送料無料になります。

公式サイトから定期便で注文すれば、通常価格 2,106円1,684円になります。

とはいえ「定期便だと総額は高くなる」と思ったのですが、4回目から解約OKで、一本あたりの値段は安くなります。

よく料理をする方なら、定期便がおとく。私も1本あたりの値段を抑えたかったので、定期便で注文しました。

約20%OFFで購入できるので、楽天やAmazonではなく公式サイトの定期便で注文するのがおすすめです♬

>>公式サイトでお得に購入する

 

キヨエの商品はどんな人におすすめ?

キヨエのオリーブオイルキヨエのオリーブオイル

キヨエの商品は、こんな人におすすめです。

  • 体にいい食べ物のギフトを贈りたい人
  • 品質の良いオリーブオイルや、それを使った商品を食べたい人
  • 健康に気をつかっている
  • とにかくおいしいものを食べるのが好きな人

キヨエのオリーブオイル、実際に商品を買って食べてみましたが、値段を払うだけの価値はあると思いました。

食に興味のある方は、ぜひ取り寄せして試してみてくださいね。

\会員登録なしでも買える!/

キヨエの通販サイト

ギフトにもおすすめ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

3年間のOL生活を経て、栄養士の専門学校に入学。学校を首席で卒業し、栄養士の資格を取得後、栄養士として勤務。 健康セミナーの実施や料理教室講師、食育活動、調理の仕事やケータリングなど幅広く経験。美容・健康と食の専門知識をいかして、ブログを書いています。