【口コミ】アレルギー対応食アドバイザーの資格の合格率は?仕事に活かせる?

食物アレルギー

スポンサーリンク




ママ
キャリカレの「アレルギー対応食アドバイザー」の資格を取りたいと思ってるんだけど、独学できるのかな?

実際に受講した人の口コミが知りたい!

 

キャリカレの「アレルギー対応食アドバイザー」の資格を取ろうと思っているものの、

実際に受講した人の口コミや感想がわからないと、受講を迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は、この3つを記事で紹介します。

  • 「アレルギー対応食アドバイザー」の資格は、独学でも取れるのか?
  • 「アレルギー対応食アドバイザー」と「食物アレルギー管理栄養士」の違い
  • 「アレルギー対応食アドバイザー」を実際に受講した人の感想や口コミ

一つでも知りたい内容があれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

【合格率や試験難易度は?】アレルギー対応食アドバイザーの資格とは

食物アレルギー

アレルギー対応食アドバイザーは、日本能力開発推進協会(JADP)が主催する民間の資格です。

キャリカレが取り扱っているのは、「アレルギー対応食アドバイザー」の資格講座で、資格を取るためにはキャリカレの講座を受講することが必須条件となります。

 

mina
アレルギー対応食を学びたい方なら誰でも受けることができますよ!受験資格は特にありません。

 

「アレルギー対応食アドバイザー」の試験概要を、表にまとめました。

資格名 アレルギー対応食アドバイザー
資格認定元 日本能力開発推進協会(JADP)
受験資格 特になし
受験日程 いつでも可
受験会場 在宅受験
受験科目 キャリカレの講座内容から出題
出題形式 筆記試験
試験時間 在宅受験のため、特になし
受講費用
(税込)
¥51,800 → ◎¥41,800
(ネット申込で1万円オフ)
受験料
(税込)
¥5,600
特に分かれていない
合格基準 全体の70%以上
合格率 非公開

※試験概要は変更になる場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

アレルギー対応食アドバイザーの資格試験は、食生活アドバイザーなどの資格のように2級・3級などと分かれていません。

テキストを見ながら在宅受験OKなので、試験も安心して臨めますよ。

ママ
試験に苦手意識がある人でも安心ですね!

\ネット申込みで1万円オフ!/

割引価格で申し込む

※割引が適用になるリンクはこちら

アレルギー対応食アドバイザーの資格は独学できる?

勉強

結論からいうと、アレルギー対応食アドバイザーは独学ができません。

キャリカレの講座を受講することが、資格取得の条件となります。

 

mina
自分で本を買ってアレルギー対応食のことを独学してもいいのですが、勉強の範囲や大事なポイントがわからずに、途中で勉強をやめてしまう人も多いです。

 

「重要なポイントをプロに教わって、最後まで勉強をやりきる」「体系立てて学ぶ」ことができるのが、通信教育のメリットです。

 

わからないことがあったらいつでも質問できるので、存分に活用しちゃいましょう!

>>【無料】この講座を資料請求する

>>1万円割引で申し込む

 

【違いは何?】アレルギー対応食アドバイザーと食物アレルギー管理栄養士

食物アレルギー

アレルギー対応食アドバイザーに似た資格で、「乳アレルギー対応食指導士」があって、違いがよくわからないですよね。

今回は、「アレルギー対応食アドバイザー」と「乳アレルギー対応食指導士」の違いを、わかりやすいように表でまとめました。

料金はアレルギー対応食アドバイザーの方がおトク

↓表は横にスクロールできます。

アレルギー対応食
アドバイザー
食物アレルギー
(管理)栄養士
資格認定団体 日本能力開発推進協会
(JADP)
日本栄養士会
受験資格 特になし 管理栄養士であること
受講費用(税込) ¥51,800 → ◎¥41,800
(ネット申込で1万円オフ)
分野により異なる
詳細はこちら
資格更新料 ◎無料 ◎無料
受講方法 通信教育
(キャリカレ)
座学・研修
受講期間 3ヶ月
(◎サポート期間700日=約2年)
分野により異なる
試験 筆記
(在宅受験)
分野により異なる
種類 級は分かれていない 食物アレルギー栄養士(給食管理分野)
食物アレルギー管理栄養士

資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

ママ
食物アレルギー管理栄養士は、管理栄養士の資格を持っていないと講座が受けられないのね。
mina
管理栄養士の資格を取るには最低4年はかかるので、ハードルが高いですね。

結論、おすすめは、受験資格が不要でサポート期間も約2年と長いキャリカレの「アレルギー対応食アドバイザーです。

アレルギー対応食アドバイザーは、テキストのほかに、料理教室開業マニュアルBOOKやDVDなど教材も充実しています。

  • サポート期間が約2年あるので、途中で忙しくて勉強が中断してしまっても安心
  • 総額の料金を抑えられる(ネット申込みで1万円割引)
  • 資格の更新料金がかからない
  • 教材やサポート内容が充実している

この4点から、キャリカレの「アレルギー対応食アドバイザー」の方がおトクです。

>>【無料】この講座を資料請求する

>>1万円割引で申し込む

アレルギー対応食アドバイザーと栄養士と独学の場合で比較

食物アレルギー

アレルギー対応食など、食のプロといえば「栄養士」という職業を思い浮かべる人も多いですよね。

ただし、栄養士の資格は国家資格なので、国が指定する栄養士の学校に通わなければいけません。

 

実際に国家資格の栄養士を取得した場合と、キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー、独学の場合で取得費用や期間など違いを表でまとめて、比較してみました。

↓表は横にスクロールできます。

独学 アレルギー対応食
インストラクター
◎おすすめ
栄養士学校
形式 在宅で自分で勉強 ◎在宅で通信教育
△通学
期間 特になし ◎3ヶ月 △2年間
サポート期間 特になし ◎700日 ◎通学期間の2年間
試験 なし ◎在宅受験 卒業で免許取得
費用(税込) ◎¥1,000〜
(テキスト代)
¥51,800 → ◯¥41,800
(ネット申込で1万円オフ)
△300万円〜400万円
メリット 費用が抑えられる 費用を抑えつつ、
資格も取れる
国家資格が取れる
デメリット 資格は取れない
記録が残らない
栄養士学校のような
専門的内容は学べない
費用が高く、
期間も長い。
通学は昼間のみ

※資格講座の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

 

独学は3つの中でいちばん費用は抑えられますが、どの範囲を勉強していいのかわからなかったり、期間の縛りがないので途中で勉強をやめてしまう人も多いです。

 

かといって栄養士の学校で栄養や健康の知識を学ぼうとすると、最低2年はかかりますし、費用も300万円以上と莫大な金額がかかるんですよね。

(私は社会人から栄養士学校に通って、リアルに2年と300万かかりました…)

学校

【実体験】社会人から栄養士専門学校に通うデメリットとメリット

2020年6月20日

 

ほかのアレルギー対応食の知識が学べる資格などと比較しても、キャリカレの「アレルギー対応食アドバイザー」はコスパよく資格が取れるのでおすすめです。

>>【無料】この講座を資料請求する

>>1万円割引で申し込む

【口コミ】アレルギー対応食アドバイザーを受講した人の感想

食物アレルギー
ママ
アレルギー対応食アドバイザーの資格で何が学べるのかは、だいたいわかったわ。

実際に受講した人の声も聞きたいな!

そこで今回は、実際に、SNSでアレルギー対応食アドバイザーを実際に受講した人の口コミを調べてみました。

mina
なかなか外出ができない中で、勉強を始める方も増えてきているようですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mari Tamura(@obamri)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

うー(@uhmooon)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

赤井 梢 (Aco)(@aconon1)がシェアした投稿

「アレルギー対応食アドバイザー」の資格は、栄養士のように「その資格があれば特定の施設に就職できる」国家資格ではありませんが、ふだんの食事作りではじゅうぶんに活かせる内容です。

>>【無料】この講座を資料請求する

>>1万円割引で申し込む

 

アレルギー対応食アドバイザーの資格まとめ

料理
  • 「アレルギー対応食アドバイザー」は独学できない。キャリカレの資格講座の受講が必須
  • 「アレルギー対応食アドバイザー」は国家資格ではないが、勉強しておくことで、ふだんの健康を考えた食事作りにはじゅうぶんに活かせる

受講を申し込んでも、8日以内なら送料負担のみで返品・返金もできます。

「実際にテキストを見ないと、どんな感じなのか不安…」という方も、安心して申し込めるので、この機会に資格試験にぜひチャレンジしてみてくださいね。

\ネット申込で1万円オフ!/

割引価格で申し込む

※割引が適用になるリンクはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

3年間のOL生活を経て、栄養士の専門学校に入学。学校を首席で卒業し、栄養士の資格を取得後、栄養士として勤務。 健康セミナーの実施や料理教室講師、食育活動、調理の仕事やケータリングなど幅広く経験。美容・健康と食の専門知識をいかして、ブログを書いています。