【アレルギー対応食アドバイザー口コミ】評判を受講して確認してみた

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー口コミや評判・受講&合格体験記!独学できない・資格試験難易度は低く合格率は高い!仕事や就職に役立つ

当サイトに掲載されている商品には、一部プロモーションが含まれます(詳しくはこちら)。記事作成方針は「暮らしを豊かにするブログ」のレビューガイドライン・運営理念をご覧ください。

スポンサーリンク
キャリカレのアレルギー対応食アドバイザーの口コミはどう?資格は独学で取れる?

私もアレルギー対応食の勉強に興味があり資格が気になっていたので、実際に教材を買ってみました!この記事ではテキストのレビューなど、感想をお伝えします。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格合格認定証

アレルギー対応食アドバイザー以外の関連資格講座は>>【食物アレルギー資格種類を一覧比較】通信独学OKおすすめ人気講座

投稿が見つかりません。
キャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格講座口コミ・評判をざっくり言うと
  • 目的を持って学ぶのは楽しい!資格以上の収穫があった
  • 本業や育児の合間に、負担に感じず勉強ができる
  • 教室の開き方の内容は、教室運営を考えていない人には不要かも…という口コミも
キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座のテキスト・教材

\ ネット申込で1万円割引! /

\ カンタン10秒! /

著者・記事監修の栄養士の赤石美波

記事の監修・執筆

栄養士 赤石美波

小学校教諭第一種免許状・中学校教諭第一種免許状・栄養士免許取得。栄養士の学校を首席で卒業後、保育園栄養士として勤務。食育活動や料理教室講師・セミナー講演・料理イベント開催など料理・食関連の仕事に従事。
赤石美波のプロフィール詳細

記事監修・執筆:栄養士 赤石美波

著者・記事監修の栄養士の赤石美波

小学校教諭第一種免許状・中学校教諭第一種免許状・栄養士免許取得。栄養士の学校を首席で卒業後、保育園栄養士として勤務。食育活動や料理教室講師・セミナー講演・料理イベント開催など料理・食関連の仕事に従事。

赤石美波のプロフィール詳細

スポンサーリンク
タップで移動できる目次

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格の評判を口コミレビュー

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の口コミや評判・テキスト・教材
  • テキスト品質
    4
  • 仕事への役立ち度
    4
  • 受講期限
    5
  • 添削課題
    4
  • Web学習機能
    4

数値の算出基準・根拠はこちら

アレルギー対応食アドバイザー
総合評価
( 3 )
メリット
  • 子どもの食物アレルギーの知識メインに学べる
  • アレルギー対応のレシピを作成し指導を受けられる
  • DVDで実際にお客様から相談を受けたときの対応方法や答え方のコツがわかる
デメリット
  • 直接専門家に個別相談はできない
  • 資格試験の問題が届くまでに2週間程度かかり、その間に内容を忘れがち
  • DVDで実際にお客様から相談を受けたときの対応方法や答え方のコツがわかる
テキスト品質
白黒
1
2
3
4
5
カラフル
Web学習機能
なし
1
2
3
4
5
充実
添削課題
なし
1
2
3
4
5
充実
試験難易度
1
2
3
4
5
仕事への役立ち度
趣味
1
2
3
4
5
仕事
スクロールできます
アレルギー対応食アドバイザー
総合評価
( 3.6 )
メリット
  • 子どもの食物アレルギーの知識メインに学べる
  • アレルギー対応のレシピを作成し指導を受けられる
  • DVDで実際にお客様から相談を受けたときの対応方法や答え方のコツがわかる
デメリット
  • 直接専門家に個別相談はできない
  • 資格試験の問題が届くまでに2週間程度かかり、その間に内容を忘れがち
  • DVDで実際にお客様から相談を受けたときの対応方法や答え方のコツがわかる
テキスト品質
白黒
1
2
3
4
5
カラフル
Web学習機能
なし
1
2
3
4
5
充実
添削課題
なし
1
2
3
4
5
充実
試験難易度
1
2
3
4
5
仕事への役立ち度
趣味
1
2
3
4
5
仕事

資料請求で内容が良さそうだったので、キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の教材を買ってみました!資格取得までの手順は以下の4ステップで、学習と添削課題を提出回数分、交互に繰り返す形で進めていきます。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の学習の流れ
キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の学習の流れ
STEP
ネット申込み

まずはネット申込をします。

>>アレルギー対応食アドバイザー講座の申込はこちら

右上の「受講申し込み」と書かれたピンク色のボタン(スマホはスクリーン右下の赤いボタン)をクリックして、名前や住所などの情報を入力します。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の受講申込画面

申し込んだら、あとは教材が届くのを待つだけ!一括払いでもいいし、予算が厳しい…という方は、分割払いでもOKです。

STEP
テキストが届く

1週間ほどすると、キャリカレからアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキストが届きました。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

段ボールを開封。教材一式が入っています。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト・教材
  • テキスト3冊
  • 添削問題
  • キャリカレノート
  • 料理教室開業マニュアルBOOK 1冊
  • 学習ガイドブック
  • DVD(ネットでの閲覧も可)
  • 受講証書
  • 質問用紙 5枚
  • 添削問題解答用紙 送付用封筒 3枚
  • 添削問題解答用紙 返送用封筒 3枚

アレルギー対応食アドバイザーのテキストや教材はこんな感じ↓

スクロールできます

メインテキスト3冊

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

テキスト1「食物アレルギーの基礎知識」テキスト2「アレルギー対応食の基礎知識」テキスト3「アレルギー対応食の実践」の3種類ありました。

料理教室開業マニュアルBOOK

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキストの料理教室開業マニュアルBOOK

料理教室開業マニュアルBOOKでは、アレルギー対応食教室を自分で開業するときに気をつけるポイントや手順などがまとまっています。趣味での勉強には必要ありませんが、活動に生かしたい方は必見。

添削課題

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

添削課題は全部で3回分ありました。テキスト1→添削課題1の順番で、交互に3回分取り組みます。

キャリカレノート

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキストのキャリカレノート

テキストと完全連動!書き込みながら覚えられて便利。「今日は見開き1ページ」などその日どこまで勉強するかの目安にもなります。

レシピ作成指導サービス

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

アレルギー対応食アドバイザー資格講座では、希望者はオリジナルレシピ作成指導のサービスを受けることができます。

DVD

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト3

映像教材では、アレルギー対応食アドバイザーとしての活動の具体例が特集されているので、プチ起業・開業や副業を考えている方にもおすすめです。

学習ガイドブック

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

学習ガイドブックには質問のしかたや、学習で使う教材の内容など事務的な内容が載っています。勉強していて「これはどうするんだっけ?」と思ったらこの冊子を確認!

受講生専用ページ

キャリカレのスポーツフードアドバイザー資格講座のテキスト・教材

キャリカレの資格講座の受講生専用ページ。映像を見たり、質問を送ったり、添削課題を提出したりできます。スマホやタブレット、パソコンからログインして使えて便利!学習スケジュール管理もできます。

チャレンジシート

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

キャリカレの方ですでにスケジュールを組み立ててくれているので、自分がいつまでに何をすればいいのか、資格取得までの道のりがわかりやすくなっています。これなら自分で勉強計画を立てる必要もなくて便利!!と思いました。

質問用紙5枚と封筒

キャリカレの資格講座の質問回答

質問用紙と郵送&返送用の封筒(ネットからも質問は送れるので、無理して使わなくても良い)が入っていました。切手代は自己負担です。

受講証書

キャリカレの受講証書

受講生ページにログインする用のIDとパスワードが書いてあるので捨てないこと!

キャリアデザインシート

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のキャリアデザインシート

講座を終えるともらえるシート。受講生一人ひとりに合わせたキャリアデザインが作られていて、お花のシールのふせんにスタッフからの手書きコメントも添えてありました。

テスト問題

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格試験問題用紙と解答用紙

学習カリキュラムや添削課題を終えると申込できます。郵送で問題用紙と解答用紙、封筒が届くので、自宅受験し返送します。

合格認定証

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格合格認定証

受験してから約1ヶ月後に届く合格通知書。厚みがあるファイルにセットされ、光沢のあるエンブレムが中央に輝いていて高級感のある見た目です。

STEP
学習を始める前に

アレルギー対応食アドバイザー資格講座のテキストが届いたら、受講生ページに登録し、ログインして使えるようにします。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座の受講生ページ

前にキャリカレの講座を買っている場合は、講座を買うとすでにある受講生ページに情報が追加されるので、自分で登録する必要はありません。

キャリカレの講座を前に買っている場合

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座の受講生ページ
STEP
学習スタート!1ヶ月目

教材が届いたら、テキストとDVDで学習開始!空き時間を見つけてコツコツ進めつつ、休みの日などまとまった時間が確保できるときに一気に進めました。

アレルギー対応食アドバイザー資格テキスト1:食物アレルギーの基礎知識

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト1

テキスト一冊一冊は薄いのですが、中身が濃く重要なポイントだけがまとまっているので学びやすく、実際の子育て・保育関連の業務の場面でも役立つ内容になっています。

「テキスト1」続きを読む

食物アレルギーに関する知識や、注意するべきポイントや対応方法などが、図表とイラストを使ってわかりやすく書かれていました。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト1
STEP
学習2ヶ月目

アレルギー対応食アドバイザー資格テキスト2:アレルギー対応食の基礎知識

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト2

テキスト2冊目では、アレルギー対応食の基礎知識について学習します。

「テキスト2」続きを読む

実際のアレルギー対応食の献立例がカラーの写真で載っていて、説明ひとつひとつ丁寧に書かれているので、とても勉強になりました。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト2

私も自分自身の子育てでこれから幼児食が始まるので、役立つ内容が満載。栄養士の勉強の復習もかねた学習に役立ちました。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト2
STEP
学習3ヶ月目

アレルギー対応食アドバイザー資格テキスト3:アレルギー対応食の実践

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト3

3冊目のテキストでは、アレルギー対応食の具体的な実践方法を学びます。

「テキスト3」続きを読む

牛乳を使わない「豆乳タンドリーチキン」など、代替食品を使ったレシピを学びます。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト3
キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト3

テキストはすべてのページがカラーではなく一部、白黒のページもありますが、図表やイラストなどを使ってわかりやすくまとまっていました。

DVD1巻(スマホやパソコンでも見られる)

アレルギー対応食アドバイザー資格講座には、DVDでの映像講義もついてきました。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト3

講座のDVDでは、アレルギー対応食アドバイザーとしての指導法や関わり方が学べます。

「家にDVDプレイヤーがない!」方でも安心。キャリカレの受講生専用ページから同じ映像を見ることができます。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座の受講生ページの映像教材

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座のDVDでは、アドバイザーとしての活動の具体例が特集されているので、プチ起業・開業や副業を考えている方にもおすすめです。

DVDで実際にお客様から相談を受けたときの対応方法や答え方のコツがわかるのも、講座のメリット。

映像教材では、アレルギー対応食アドバイザーとしての活動の具体例が特集されているので、将来的に教室を開きたい方の参考になると思いました。

確認問題
キャリカレの幼児食インストラクター資格講座のテキスト・教材

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座では、添削課題のほかに数ページ終わるごとに確認問題が用意されているので、こまめに理解度を確認できました。

「○」「×」「パスする」の3つから選択肢を選ぶことができ、緑色のボタン「中断」をクリックすれば途中保存することもでき便利。

Webからも解けるので、家でゆっくりテキストを読んだあと、移動中など空き時間にまとめて取り組むのもいいと思います。

添削課題3回分
キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

テキスト1が終わったら添削問題1回目→テキスト2が終わったら添削問題2回目、というように、テキストと添削問題を交互にやっていきました。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキストの添削問題

内容は、○×で答える問題や選択肢から正しいものを選ぶ問題、語群から正しいものを入れる穴埋め問題など形式はさまざま。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキストの添削問題

添削課題は、テキストを読み込んでから解くと効果的な復習になりました。

この時点で間違えた問題をピックアップしておき、まちえた原因を理解しておけばテスト対策にもなります。

アレルギー対応食アドバイザー料理教室開業マニュアルBOOK
キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキストの料理教室開業マニュアルBOOK

アレルギー対応食アドバイザー資格講座のサポートBOOKでは、料理教室を自分で開業するときに気をつけるポイントや手順などがまとまっています。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキストの料理教室開業マニュアルBOOK

趣味での勉強には必要ありませんが、活動に生かしたい方は必見のテキストです。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキストの料理教室開業マニュアルBOOK
STEP
本番のテストを受験

添削課題が全部終わったら、ついにアレルギー対応食アドバイザーの本番のテストです。

検定を受けるためにすることは、この3つ。上から順番に行っていきます。

  1. キャリカレのカリキュラム(指定回数分の添削課題)を終わらせる
  2. 協会ホームページから検定を申し込む(スマホ・パソコンどちらでもOK)
  3. 郵便局ATMか窓口で受験料を振り込む(コンビニでもOK)

受験料金を振り込んでから10日ほどで、テスト問題と解答用紙が入った緑色の封筒が自宅に届きました。

キャリカレの資格試験問題用紙

問題用紙と解答用紙、送付用の封筒と説明のチラシが入っていて、自宅で受験ができる形式になっています。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格試験問題用紙と解答用紙

本番テスト自体は、練習問題や添削課題でまちがえたところを復習しておき、テキストの内容を理解しておけばOK!

検定情報は>>【アレルギー対応食アドバイザー合格率】試験の難易度は?受験してみたら簡単だった

キャリカレの資格試験

テキストで復習したり、キャリカレの受講生専用ページでわからないところは質問して解消できていたので、そこまで考え込むことなく解けました。

キャリカレの資格講座の質問用紙
STEP
アレルギー対応食アドバイザー資格取得

アレルギー対応食アドバイザー本番テストを受験してから1ヶ月ほどで、資格認定証が入った合格通知書が届きました。厚みがあるファイルにセットされ、光沢のあるエンブレムが中央に輝いていて高級感のある見た目です。

どのくらいの点数だったか、何を間違えたか、など結果の詳細は教えてもらえません。今回は、初回で合格することができました。

本業に役立てる目的ではなく今回は趣味での勉強でしたが、自分の勉強したことが資格として形になるのは、独学では得られない通信教育のメリットですよね。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のキャリアデザインシート

合格通知が届いて数日後に、キャリカレオリジナルの「キャリアデザインシート」が郵送で到着。スタッフの手書きコメントつきで、丁寧な対応に驚かされました。

資格取得後「教室開業など本業につなげたい」方には、ホームページ作成や活動の相談もあわせてできるので、ぜひ活用してみてください。

全体を通しての感想

最後まで学び終わって、受講してよかったと感じました。テキストはケース別の対応例だけでなく、イラストや図解も多くわかりやすいのがポイント。添削サポートで自分の理解度も確認できるので知識が身につきます。

独学だと、どこから始めてどの範囲まで学べばいいのか悩んでしまいますが、通信教育で教材としてまとまっていると「これだけ知っておけば大丈夫」というところだけ勉強できるので、効率的に学べました。

基本的に家で空き時間に学習していましたが、勉強時間が長く取れそうなときは、近所のカフェに行きテキストや添削課題を進めました。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座は保育士や栄養士の活動に生かしたい方や、自分自身の子育ての食事づくりの場面で役立てたい方には、ぴったりの内容です。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座のテキストや映像教材は勉強しやすく、サポートもとてもていねいで学びやすかったです。

\ ネット申込で1万円割引! /

\ カンタン10秒! /

キャリカレアレルギー対応食アドバイザーはどんな資格講座?

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の口コミや評判・テキスト・教材

アレルギー対応食アドバイザーは、日本能力開発推進協会が認定している民間の資格です。

キャリカレが取り扱っているのは、「アレルギー対応食アドバイザー」の資格講座で、資格を取るためにはキャリカレの講座を受講することが必須条件となります。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座のテキスト・教材
資格講座アレルギー対応食アドバイザー
資格認定日本能力開発推進協会
受験資格特になし
日程学習・課題が終わっていれば
いつでもOK
会場自宅(在宅受験)
方式筆記テスト
受講費用ハガキ申込 78,800円
→WEB申込 68,800円
(ネット申込で1万円割引)
受験料5,600円
学習期間3ヶ月
受講期限700日(約2年)
※講座概要は変更になる場合があります。最新情報はキャリカレ公式サイトでご確認ください。
アレルギー対応食アドバイザー資格講座のポイント
  • 子どもの食物アレルギーの正しい知識や代わりの食品の調理法の知識が身につく
  • サポート期間が700日(約2年)とたっぷりあるので、余裕を持って勉強できる
  • 食物アレルギーが専門の小児科医・管理栄養士が監修の講座

\ カンタン10秒! /

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格口コミ評判「ここが惜しい&良い」

メリットとデメリットの口コミ

私が実際にキャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座のテキストを買って勉強して感じた口コミ「ここが惜しい!」「ここが良かった!」と思うポイントを紹介します。

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格「ここが惜しい!」口コミ

  1. 添削課題を郵送してから返送まで時間がかかる
  2. 通学形式のスクールのように、直接講師の先生に個別指導はしてもらえない
「ここは惜しい!」口コミ1の詳細↓

1.添削課題を郵送してから返送まで時間がかかる

添削課題は3回あり、郵送の場合は日数がかかります。時間がかかる原因は、単純に郵送の日数がかかるのと、受講生も多く講師の人数にも限りがあって対応に時間がかかるのかもしれません。

返送に時間はかかりますが、1回目の添削課題を郵送している間に2回目のテキストや添削課題を進めたり、DVDを見たりして勉強するというように、待っている時間を有効活用してみました。

なお、往復分の切手代をできるだけ節約したい方は、スマホやパソコンからも添削課題を提出できて便利!口コミでも早く結果がわかると良い評判です。自分に合った方法を選んでみてください。

キャリカレの添削課題Web提出
↑スマホで提出する場合

なお、私は切手代を節約するために普段Webから添削課題を提出しています。

「ここは惜しい!」口コミ2の詳細↓

2.通学形式のスクールのように、直接講師の先生に個別指導はしてもらえない

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー講座では、通学形式のスクールのように、直接講師の先生に個別指導はしてもらえません。

ブログ管理人
直接学校などに通って直接指導してもらえませんが、映像教材が充実していてテキストのクオリティも高いため、デメリットは感じませんでした。

映像教材では、アレルギー対応食アドバイザーとしての活動の具体例が特集されているので、プチ起業・開業や副業を考えている方にもおすすめです。

わからない点は質問もできるため、疑問もすぐに解消できます。「今日は寝る前に時間があるから、ここまでやろう」など、勉強する範囲やタイミングを自分で好きなように決めることができる点は、融通がきいて便利だと思いました。

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格「ここが良い!」口コミ

  1. テキストに写真が多く雑誌感覚で読める
  2. 添削課題で理解度を確認しながら進められる
  3. DVDで実際にお客様から相談を受けたときの対応方法や答え方のコツがわかる
「ここは良い!」口コミ1の詳細↓

1.テキストに写真が多く雑誌感覚で読める

テキストがカラフルでわかりやすいのもポイント。すべてのページがオールカラーではありませんが、図表やイラストも多く、アレルギー対応食をわかりやすく学べました。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト3

雑誌感覚で読み進められるのも、アレルギー対応食アドバイザー講座を受けて印象に残っていることです。

「ここは良い!」口コミ2の詳細↓

2.添削課題で理解度を確認しながら進められる

独学だと本を読むだけで問題を解く機会がありませんが、通信講座だと添削課題があるので自然と知識が定着します。

添削課題のほかにも、テキストの章末確認問題でアレルギー対応食に関する知識を復習することができるので、範囲を区切って一つ一つ頭の中に入れることができました。

「ここは良い!」口コミ3の詳細↓

3.DVDで実際にお客様から相談を受けたときの対応方法や答え方のコツがわかる

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト3

DVDで実際にお客様から相談を受けたときの対応方法や答え方のコツがわかるのも、講座のメリット。

映像教材では、アレルギー対応食アドバイザーとしての活動の具体例が特集されているので、将来的に教室を開きたい方の参考になると思いました。

\ カンタン10秒! /

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格は独学できない

アレルギー対応食アドバイザー資格は独学で取得できません

独学で資格試験のみ受けることはできません。

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格講座を受講することで、資格取得できます。

もっと詳しくみる

独学の場合、自分で本を何冊か買ったり、YouTube動画や、アレルギー対応食が特集された雑誌を読んで学ぶことになります。

子供の栄養学の勉強におすすめの本は、こちらの記事で紹介しています。

あわせて読みたい
【実際に読んだ】子供の栄養学や食事の勉強のおすすめ本8選 私も自分自身がちょうど今子育て中ということもあり、子どもの栄養学や食事の勉強に興味があったので、私が実際に読んでみた本を中心に、子どもの栄養学や食事の勉強に...

>>【実際に読んでみた】子供の栄養学や食事の勉強のおすすめ本8選

あわせて読みたい
【食物アレルギーについて学ぶ勉強おすすめ本】知識編・レシピ本編 食物アレルギーの本を選ぶとき、種類がありすぎて、どの本を買ったらいいのか迷ったことはありませんか? そこで今回は、食物アレルギーのおすすめ本を、知識編とレシピ...

>>【食物アレルギーについて学ぶ勉強おすすめ本】知識編・レシピ本編

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座と独学の場合で、特徴や費用など違いを比較しました。

資格講座勉強
独学
キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト・教材
アレルギー対応食アドバイザー
学習形式市販書籍で独学通信教育
学習期間期限なし3ヶ月
サポートサポートなし700日(約2年)
回数無制限で質問可能
費用目安1,000円〜(書籍代)ハガキ申込 78,800円
→WEB申込 68,800円
(ネット申込で1万円割引)
メリット費用が抑えられる大事なポイントだけ学び、資格取得もできる
デメリット・資格は取れない
・知識を客観的に証明できない
・独学より費用がかかる
・国家資格ではない
資格講座の詳細は変更される可能性があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

独学は通信教育よりも費用は抑えられますが、独学では勉強の範囲や大事なポイントがわからずに、途中で勉強をやめてしまうケースも。

ブログ管理人
「重要なポイントをプロに教わって、最後まで勉強をやりきる」「体系立てて学ぶ」ことができるのが、通信教育のメリットです。

わからないことがあったらいつでも質問できるので、存分に活用してみましょう!

キャリカレ
独学
  • 資格取得までできる
  • 重要なポイントだけ学べる
  • プロの講師に質問・相談ができる
  • 費用がかかる
  • 資格は取れない
  • 学ぶ範囲があいまい
  • 質問・相談はできない
  • 費用は安くて済む

通信講座では、学ぶ期間が決まっているのもメリット。期限を決めて、その中で重要なポイントだけを学べるのもよいところです。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の口コミ・評判は5点中4.4点

口コミや評判

ここまで私自身の受講体験記を紹介しましたが、ほかの受講生の口コミはどうなのか、SNSでキャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座を実際に受講した人の口コミを調べました。

なお、キャリカレの公式サイトでは、アレルギー対応食アドバイザー受講生の口コミは5点中4.4点と高い評価を得ています。

講座評価
アレルギー対応食アドバイザー資格取得講座

>>【公式】アレルギー対応食アドバイザー資格講座の口コミをもっと見る

「教材がわかりやすく、実生活に役立った」「目的を持って学ぶのは楽しい!資格以上の収穫があった」など口コミで良い評判です。

良い口コミ
悪い口コミ
  • 教材がわかりやすく、実生活に役立った
  • 本業や育児の合間に、負担に感じず勉強ができる
  • アレルギー対応食アドバイザー資格合格認定証が立派で見栄えがする
  • 目的を持って学ぶのは楽しい!資格以上の収穫があった
  • 食物アレルギー以外の、アレルギーの知識は学べない
  • 教室の開き方の内容は、教室運営を考えていない人には不要かも
  • 民間資格で難しくなくインパクトはない

良い口コミ・悪い口コミ両方ありますが、それぞれ見ていきましょう!

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格講座悪い口コミ・評判

まずは、キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の悪い口コミを紹介します。

  • 食物アレルギー以外の、アレルギーの知識は学べない
  • 教室の開き方の内容は、教室運営を考えていない人には不要かも
  • 民間資格で難しくなくインパクトはない
口コミ1を詳しくみる

【悪い口コミ評判①】食物アレルギー以外の、アレルギーの知識は学べない

アトピーの子も多い時代なので、食物以外のアレルギーのことを参考程度でも書いてあったら嬉しいなあと思いました。

(2021年4月受講・60代/女性/パート・アルバイト)

引用元:キャリカレ「アレルギー対応食アドバイザー資格取得講座」公式ページ

お子さんが小さい頃には、食物アレルギーのほかにもアトピーなど、食べ物以外のアレルギーで悩まれる方も多いと思います。私自身も、保育園の栄養士として働いていたときに身をもって実感しました。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー講座では、食物アレルギーの知識や代替食のレシピを学ぶことができますが、それ以外のアレルギー・アトピーについてはほかの講座か、本で補完するのが良いと思います。

キャリカレではアトピーに関する講座はありませんが、民間で臨床栄養医学協会のアトピー講座などアトピーに特化した講座もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

>>【食物アレルギー・アトピーおすすめ資格や講座まとめ】種類を一覧比較

口コミ2を詳しくみる

【悪い口コミ評判②】資格を取ったところで活躍する場はない

そういえばわたし、育休中に離乳食幼児食コーディネーターとアレルギー対応食アドバイザー取ったわ🤔

でもあれは完全に好きなものの延長と、管理栄養士の知識があったから取れただけだと思う🤔あと取ったところで活躍する場はない🤫

(2023年1月受講生)

引用元:Twitter「アレルギー対応食アドバイザー資格取得講座」受講生の口コミ投稿

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー講座では、教室運営のノウハウを映像で学ぶことができます。資格を活かしアドバイザーとして活動することを考えている方には役立つ教材ですが、「資格を取ったところで活躍する場はない」という口コミもありました。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト3

口コミでは「資格を取ったところで活躍する場はない」とありますが、この水色のテキスト「アレルギー対応食アドバイザー料理教室開業マニュアルBOOK」が使いようによっては役立ちます。メインテキストとは別冊で、集客や教室の運営方法、収入を得るためのノウハウなどが詳しく解説されていました。

実際に料理教室を運営している様子を映像で見て学ぶことができるので、InstagramなどSNSでの発信からまずは初めて、徐々にお客さんを集められるようになってきたら教室運営にチャレンジしてみるのも良いと思います。

キャリカレでは受講期限700日(約2年)の期間で開業サポートもついているので、困ったら相談もできます。ぜひ活用してみてください。

口コミ3を詳しくみる

【悪い口コミ評判③】民間資格で難しくなくインパクトはない

「アレルギー対応食アドバイザー」認定されました✨

と言いましても、民間資格なのでそんなすごくないのですが💦これからも、アレルギー対応のおやつ作り頑張っていきます🍀

(2021年9月受講生)

引用元:Instagram「キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座」受講生

キャリカレで取れるアレルギー対応食アドバイザー資格は、「民間資格で難しくなく低くインパクトはない」と口コミで悪い評判です。食物アレルギーに特化した国家資格はありませんが、栄養士や管理栄養士は食物アレルギーの範囲を学ぶため、近しい資格といって良いでしょう。

しかし、栄養士資格を取るには最低2年間昼間部の学校に通う必要があり、費用も300万円ほどかかります。これに対し、アレルギー対応食アドバイザーは3ヶ月で学校に行くより安い費用で専門資格が取得可能。

栄養士や管理栄養士などの国家資格に比べるとインパクトには欠けるかもしれませんが、食物アレルギー分野に特化した知識があることを証明でき手軽に資格取得できます。家庭や本業の場面でも学んだ内容を役立てることができるので、ぜひテキストや教材・キャリカレの質問や相談・開業サポートを存分に活用してみてください。

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格講座良い口コミ・評判

次に、キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の良い口コミを4つ紹介します。

  • 教材がわかりやすく、実生活に役立った
  • 本業や育児の合間に、負担に感じず勉強ができる
  • アレルギー対応食アドバイザー資格合格認定証が立派で見栄えがする
  • 目的を持って学ぶのは楽しい!資格以上の収穫があった
口コミ1を詳しくみる

【良い口コミ評判①】教材がわかりやすく、実生活や本業に役立った

アレルギー対応食アドバイザーを取得したその後ですが…職場に掲示した7大アレルゲン不使用レシピは思ったより好評で、数ヶ月毎の連載企画に🙌

アレルギーのない方にも興味を持って頂けるよう、スタッフみんなの試食の感想も載せた✨レシピの写真を撮ったり、声をかけて頂けたのがとても嬉しい🥰

(2021年2月受講・40代/女性/会社員)

引用元:Twitter「キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座」受講生の投稿

とても分かりやすく、キャリカレノートと確認問題と添削問題で何重にも学ぶことができ、大変満足しております。

添削問題提出後も、復習問題をおくっていただき、嬉しかったです。ありがとうございました。

(2018年8月受講生)

引用元:キャリカレ「アレルギー対応食アドバイザー資格取得講座」公式ページ

キャリカレさんから届きました〜!アレルギー対応食アドバイザー頑張って勉強するぞ。

内容見てみると食物アレルギーについて凄くわかりやすく細かく書いている。おさらいも含めて初心にかえります。

(2021年2月受講生)

引用元:Twitter「キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座」受講生

アレルギー対応食アドバイザー講座受講生の口コミの通り、キャリカレノートは本当に便利だと思いました。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

キャリカレのすべての講座についているわけではありませんが、アレルギー対応食アドバイザー講座はキャリカレノートつき。

加えて、添削問題が3回分あるので、テキスト1冊目が終わったら添削問題1→テキスト2冊目が終わったら添削問題2というように、こまめに理解度を確認しながら学習を進められて便利だと思いました。

通信教育は自分一人で勉強することになるので、孤独な気持ちになりがちですが、指導部の先生と一緒に進んでいると思うと、モチベーションがわいてきます。

口コミ2を詳しくみる

【良い口コミ評判②】本業や育児の合間に、負担に感じず勉強ができる

娘も息子のアレルギーに負けてたまるかと毎日子供達が寝てから少しずつ勉強してアレルギー対応食アドバイザーという資格をとりました。

食=楽しい。食=怖くないで。工夫次第でアレルギーっこも楽しめること母が証明してやるぜー。

(2022年9月受講生)

引用元:Twitter「キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座」受講生の口コミ投稿

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座は、1日20分で無理なく学べるカリキュラムになっています。家事や子育て、本業が忙しくても、期限は700日(約2年)あるので安心。一つ一つの項目が見開き1ページで短く区切られていて、少しずつ進めやすい設計になっていて勉強がしやすかったです。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト・教材

他社では「6ヶ月」などキャリカレの1/4の期間で締め切られてしまう講座もあり意外とあっという間なんですよね。実際に教材で勉強して、期限がたっぷりあるのは本当にありがたかったです。

口コミ3を詳しくみる

【良い口コミ評判③】アレルギー対応食アドバイザー資格合格認定証が立派で見栄えがする

アレルギー対応食アドバイザーの資格認定書が届きました♫

思ってたよりちゃんとしてるのをいただいて嬉しい😆

(2021年4月受講生)

引用元:Twitter「キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座」受講生の口コミ投稿

課題やテストを無事にクリアして合格通知を頂き無事にアレルギー対応食アドバイザーの資格を取得しました🎉

そして翌日の今日学校から帰ったらすごく立派な証書が送られてきてました☺️

(2021年11月受講生)

引用元:Instagram「キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座」受講生の口コミ投稿

合格認定書とキラキラとひかるカードが少し誇らしげです✌️😁💳✨

(2019年11月受講生)

引用元:Instagram「キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座」受講生

キャリカレの講座はアレルギー対応食アドバイザー資格講座に限らず「認定証の質が高い」「思っていたよりも豪華」と口コミで良い評判です。私もこの口コミには同感で、思っていた以上にしっかりした認定証が届くことに驚きました。

キャリカレの資格合格認定証

資格認定協会のマークもぬかりなく、金色でピカピカに作りこまれています。傾けると光沢が…!ゴージャスな感じがしますね。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格合格認定証

他社だと認定証は有料のこともありますが、キャリカレでは無料で発行してもらうことができます。合格すると立派な認定証が届くので、私は部屋に飾ってコレクションしています。

口コミ4を詳しくみる

【良い口コミ評判④】目的を持って学ぶのは楽しい!資格以上の収穫があった

去年、ステイホームついでにアレルギー対応食アドバイザーの資格を取ったんだけど、目的を持って学ぶのって楽しいね。資格以上の収穫があった。

(2021年5月受講生)

引用元:Twitter「キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座」受講生の口コミ投稿

アレルギー対応食アドバイザー資格。アレルギー食についてもっと知りたいと思い最近勉強を始めた。医学的、専門的な内容が盛り込まれていて満足な内容。資格取得に向けてコツコツ勉強に励もう!

(2022年7月受講生)

引用元:Twitter「キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座」受講生の口コミ投稿

キャリカレの講座の受講生の口コミで多いのが「目的を持って学ぶのは楽しい」「大人になってからの勉強は楽しい」という声です。学生時代は勉強が嫌いだったという方も、社会人になってから自分の興味のある分野を勉強するのは楽しいと思える方が多いようです。

キャリカレでは挫折しない工夫も多く、良い感じのタイミングで、添削問題を提出する日をお知らせしてもらえるのも継続できるポイント。私自身もアレルギー対応食アドバイザー講座含め、キャリカレの資格講座で勉強していて励みになるポイントでした。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のメール

\ ネット申込で1万円割引! /

\ カンタン10秒! /

アレルギー対応食アドバイザーと食物アレルギー管理栄養士の違い

アレルギー対応食アドバイザーに似た資格で、「食物アレルギー(管理)栄養士」があって、違いがよくわからないですよね。そこで今回は、2つの資格講座やテスト概要の違いをわかりやすいように表でまとめました。

料金はアレルギー対応食アドバイザーの方がおトク

資格講座キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト・教材
アレルギー対応食アドバイザー
食物アレルギー管理栄養士
食物アレルギー管理栄養士
申込先キャリカレ日本栄養士会
資格認定日本能力開発推進協会
(JADP)
日本栄養士会
受験資格特になし管理栄養士の資格保持者
受講費用ハガキ申込 78,800円
→WEB申込 68,800円
(ネット申込で1万円割引)
分野により異なる
詳細は
こちら
学習期間4ヶ月分野により異なる
受講期限通信教育
(キャリカレ)
座学・研修
種類1種類のみ食物アレルギー栄養士(給食管理分野)
食物アレルギー管理栄養士
資格講座の詳細は変更される可能性があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。
食物アレルギー管理栄養士は、管理栄養士の資格を持っていないと講座が受けられないのね。
ブログ管理人
管理栄養士の資格を取るには最低4年はかかるので、ハードルが高いですね。

食物アレルギーの勉強が初めての方や、手軽に学びたい方におすすめなのは受験資格が不要でサポート期間も約2年と長いキャリカレの「アレルギー対応食アドバイザー資格取得講座」です。

アレルギー対応食アドバイザーは、テキストのほかに、料理教室開業マニュアルBOOKやDVDなど教材も充実しています。重視するポイントや目的にもよりますが、アレルギー対応食アドバイザーの方が通信教育で取得でき以下の4点からおすすめです。

  • サポート期間が約2年あるので、途中で忙しくて勉強が中断してしまっても安心
  • 総額の料金を抑えられる(ネット申込みで1万円割引)
  • 資格の更新料金がかからない
  • 教材やサポート内容が充実している

\ カンタン10秒! /

アレルギー対応食アドバイザーと栄養士と独学の場合で比較

もっと詳しくみる

アレルギー対応食など、食のプロといえば「栄養士」という職業を思い浮かべる人も多いですよね。

ただし、栄養士の資格は国家資格なので、国が指定する栄養士の学校に通わなければいけません。

実際に国家資格の栄養士を取得した場合と、キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー、独学の場合で、費用や学習期間など違いを比較しました。

資格講座勉強
独学
キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座のテキスト・教材
アレルギー対応食アドバイザー
栄養士実力認定試験の過去問題集
栄養士学校
学習形式在宅で独学通信教育通学
学習期間期限なし3ヶ月2年間
サポートサポートなし700日(約2年)
回数無制限で質問可能
通学期間の2年間
通学中は質問可能
就職・転職サポート
費用1,000円〜(書籍代)ハガキ申込 78,800円
→WEB申込 68,800円
(ネット申込で1万円割引)
300万円〜400万円
メリット費用が抑えられる大事なポイントだけ学び、資格取得もできる国家資格が取れる
デメリット・資格は取れない
・知識を客観的に証明できない
栄養士学校のような
専門的な内容は学べない
・費用が高く期間も長い
・通学は昼間のみ
資格講座の詳細は変更される可能性があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

独学は3つの中でいちばん費用は抑えられますが、どの範囲を勉強していいのかわからなかったり、期間の縛りがないので途中で勉強をやめてしまう人も多いです。

かといって栄養士の学校で栄養や健康の知識を学ぼうとすると、最低2年はかかりますし、費用も300万円以上と莫大な金額がかかるんですよね。

(私は社会人から栄養士学校に通って、リアルに2年と300万かかりました…)

あわせて読みたい
【社会人から栄養士専門学校に通った体験談】デメリットとメリット 社会人から栄養士の学校へ通い直したいけど、どうしたらいいのかな? いつか食と健康のことを、学校でちゃんと学んでみたい。 栄養士の資格を取って、食関連の仕事がし...

>>【社会人から栄養士専門学校に通った体験談】デメリットとメリット

ほかのアレルギー対応食の知識が学べる資格などと比較しても、キャリカレの「アレルギー対応食アドバイザー」はコスパよく資格が取れるのでおすすめです。

アレルギー対応食アドバイザー資格はユーキャンで取れない

アレルギー対応食アドバイザー資格はユーキャンで取れません

ユーキャンでは「アレルギー対応食アドバイザー」の資格は取得できませんが、「離乳食・幼児食コーディネーター資格講座で、アレルギー対応食の学習ができます。

ユーキャンでアレルギー対応食のみの内容の資格講座はありませんが、「離乳食・幼児食コーディネーター」の資格講座で食物アレルギーの知識や対応食を学べます。

あわせて読みたい
【ユーキャン離乳食幼児食コーディネーター口コミ】独学不可!受講して評判を検証 私も自分自身がちょうど今子育て中ということもあり、離乳食と幼児食の勉強に興味があり資格が気になっていたので、実際に教材を買ってみました!この記事では、テキス...

>>【ユーキャン離乳食幼児食コーディネーター口コミ】独学不可!受講して評判を検証

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー以外の食物アレルギー関連資格講座

食物アレルギー資格を一覧比較!種類・通信独学OKおすすめ人気講座

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー以外にも、食物アレルギーを学べる資格講座はたくさんあります。比較しやすいよう表にまとめました。

上から費用が安い順↓

資格講座費用申込先資料請求(無料)特長内容映像教材質問回答添削指導学習期間サポート期間資格認定講座運営
フォーミー(formie)のアレルギースペシャリスト資格取得講座
アレルギースペシャリスト
33,000円今すぐ申込む>>詳しく見る・紙のテキストがないので、学習・受験はスマホorパソコン
・認定証が英語
・栄養バランスを損なわずできる時短テクニック
・作り置きレシピ
映像なし質問回数制限なし
(メール)
添削なし学習期間
約1ヶ月
期限180日(約半年)一般社団法人日本能力教育促進協会認定フォーミー
ユーキャンの離乳食・幼児食コーディネーター資格講座のテキスト・教材
離乳食・幼児食
コーディネーター
34,000円今すぐ申込む>>無料資料請求業界大手で安心
・テキストがカラフルで教材のクオリティが高い
・認定証無料
月齢・年齢ごとの食材の選び方や調理のコツ
・好き嫌いの改善方法
映像あり
(DVD1巻/パソコン・スマホ閲覧可)
質問1日3回まで
(メール/郵送)
添削3回
(郵送/web)
学習期間
約4ヶ月
期限12ヶ月一般社団法人日本味育協会認定ユーキャン
ラーキャリの幼児食プランナー資格取得講座のテキスト・教材
幼児食プランナー
49,500円今すぐ申込む>>詳しく見る・期限がないので、ゆっくり学びたい人におすすめ
・試験のみ等、コース数種類あり
・幼児食の基本知識
・子どもの食物アレルギーの知識
映像なし質問回数制限なし
(メール/LINE)
添削1回
(郵送)
※提出しなくても良い
期限なし期限なし一般社団法人日本技能開発協会認定ラーキャリ
キャリカレの幼児食インストラクター資格講座の教材
幼児食インストラクター
58,800円今すぐ申込む>>無料資料請求・業界最長のサポート期間
受験料が5,600円別途必要
食物アレルギー/病気時のケア
1歳~6歳までの子どもの食事
映像あり
(DVD2巻/パソコン・スマホ閲覧可)
質問回数制限なし
(メール/郵送)
添削3回
(郵送/web)
学習期間
約3ヶ月
期限700日(約2年)一般財団法人日本能力開発推進協会認定キャリカレ
キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座の教材・テキスト
アレルギー対応食アドバイザー
68,800円今すぐ申込む>>無料資料請求食物アレルギーに特化した内容
・業界最長の
サポート期間
食物アレルギー/病気時のケア
・アレルギーの代替食品やレシピ
映像あり
(DVD1巻/パソコン・スマホ閲覧可)
質問回数制限なし
(メール/郵送)
添削3回
(郵送/web)
学習期間
約3ヶ月
期限700日(約2年)一般財団法人日本能力開発推進協会認定キャリカレ
幼児食マイスターとベビーフードインストラクター資格が取れるSARAスクールの幼児食資格講座の教材・テキスト
幼児食マイスター
59,800円
(試験必要)

79,800円
(試験免除)
今すぐ申込む>>無料資料請求・プラチナコースは一度に2つの資格取得ができる
認定証は別途5,500円必要
・子どもに危険な食品添加物
幼児食の献立
映像なし質問回数制限なし
(郵送)
添削5回
(郵送)
学習期間
約2-6ヶ月
期限12ヶ月日本安全食料料理協会認定・SARAスクール
・諒設計アーキテクトラーニング
※当サイトの表・コンテンツの無断転載はご遠慮ください。
※資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。
キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の口コミや評判・テキスト・教材
他社と比較したキャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格講座ポイント・強み
  • 食物アレルギーが専門の小児科医・管理栄養士が監修の講座で、アレルギー対応食の知識から調理の実践力までしっかり学べる
  • 受験資格に「栄養士」などの資格は必要なく、誰でも学ぶことができる
  • サポート期間が700日(約2年)とたっぷりあるので、余裕を持って勉強できる

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー以外の資格講座は>>【食物アレルギー資格種類を一覧比較】通信独学OKおすすめ人気講座

投稿が見つかりません。

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格講座よくある質問

よくある質問
アレルギー対応食アドバイザー資格は独学できますか?

アレルギー対応食アドバイザー資格は独学できません。

書店やネットで販売されているテキストを使って独学ができないため、キャリカレの資格講座で学び、本番テスト申し込みをする必要があります。

活動への役立て方は>>【アレルギー対応食アドバイザーの仕事内容】履歴書への書き方

検定情報は>>【アレルギー対応食アドバイザー合格率】試験の難易度は?受験してみたら簡単だった

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格講座の口コミ評判まとめ

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座のテキスト・教材

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の口コミや評判をまとめると、以下の通りです。

アレルギー対応食アドバイザー資格講座良い口コミ・評判
  • 教材がわかりやすく、実生活に役立った
  • 何度質問しても、丁寧に回答してもらえた
  • 本業や育児の合間に、負担に感じず勉強ができる
  • アレルギー対応食アドバイザー資格の合格認定証が立派で見栄えがする
  • 目的を持って学ぶのは楽しい!資格以上の収穫があった
アレルギー対応食アドバイザー講座の悪い口コミ・評判
  • 食物アレルギー以外の、アレルギーの知識は学べない
  • 教室の開き方の内容は、教室運営を考えていない人には不要かも
  • 民間資格で難しくなくインパクトはない

受講を申し込んでも、8日以内なら送料負担のみで返品・返金もできます(諸条件あり)。

「いきなり申し込むのは不安…」という方も、資料請求は無料なので、ぜひ申込前に取り寄せて検討してみてください。

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格講座の資料請求・申込はこちら↓↓↓

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座のテキスト・教材

\ ネット申込で1万円割引! /

\ カンタン10秒! /

▼ 最大約2万円割引!クリックして割引クーポンをもらおう! ▼

キャリカレの期間限定割引キャンペーン

※本サイト記載の価格は、すべて税込です。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー口コミや評判・受講&合格体験記!独学できない・資格試験難易度は低く合格率は高い!仕事や就職に役立つ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてね!

この記事を書いた人

赤石 美波のアバター 赤石 美波 教員免許・栄養士免許取得済

小学校教諭第一種免許状・中学校教諭第一種免許状・栄養士免許取得。栄養士の学校を首席で卒業後、保育園栄養士として勤務。食育活動や料理教室講師・セミナー講演・料理イベント開催など料理・食関連の仕事に従事。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タップで移動できる目次