【実体験】社会人から栄養士専門学校に通うデメリットとメリット

学校

スポンサーリンク




  • 社会人から栄養士の学校へ通い直したいけど、どうしたらいいのかな?
  • いつか食と健康のことを、学校でちゃんと学んでみたい。
  • 栄養士の資格を取って、食関連の仕事がしてみたい!

そう考えたことはありませんか?

 

もしそうだったら、私が社会人から栄養士になった経験が、何か役に立てるかなと思います。

 

私は、4年制大学を卒業したあと、金融機関の職員として働きました。

mina
社会人になってから料理に興味を持ち、漠然と「いつか食に関する仕事がしてみたいなあ」と思っていたんですよね。

金融機関では窓口業務やローンの貸し出しの仕事などをして3年間働いていましたが、ついに栄養士になりたいという気持ちが抑えきれなくなり、一念発起して栄養士の専門学校に入学しました。

進路を変えるのは勇気のいることでしたね…。上司に「退職します」と3ヶ月くらい言えなくて、悩んでいましたね。

 

「本当に、会社やめちゃっていいのかな」

「社会人から進路変更して栄養士になって、高校卒業したばっかりの子たちと一緒に勉強とか、頭おかしいと思われるかな?私の選んだ進路、間違ってないよね?」

 

と、悩みまくりでした。

 

親にも相談してさんざん悩んだ結果、金融機関をやめて、栄養士の学校に入ることに決めました。

結局2年間、学校に通って栄養士の資格を取り、栄養士として転職に成功。

この経験をもとに、今回は、栄養士の学校に通うメリットとデメリットを3つずつ、紹介します。

 

「社会人から栄養士の学校に通った人の体験談を聞きたい!」という方は、きっと何かヒントになると思うので、記事をぜひチェックしてみてくださいね。

栄養士の学校に通うメリット3つ

栄養士の学校に通うメリット1:食の国家資格「栄養士」が取れる

栄養士は国家資格です。

よく「資格を取っただけでは意味がない」と言われますが、資格を持った人の言うことには説得力がありますよね。

食と健康の専門家を名乗り、正しい食事のとり方や、健康と食の関係を人に伝えるとき、「栄養士」という資格には説得力があります。

私も前に、webサイトの会社で、栄養士として、健康と食のコラムを書くライターの仕事をしていたことがあります。

ライター募集のとき、その会社が「栄養士の資格を持っている人で、文章を書ける人を探している」と公表していました。

この場合、健康コラムを書く仕事は、どんなに食のことに興味があって好きな分野だったとしても、資格がなければこの仕事は受けられなかったわけですから、「栄養士の資格を取っておいてよかったなあ〜!」と思いました。

 

また、特定の施設での就職(保育園栄養士、老人福祉施設、病院など)は、栄養士の資格が必須なところがほとんどです。

mina
将来やりたいことの内容にもよりますが、「栄養士」と名乗って仕事をしたいなら、資格は取っておいて損はないですよ。

 

栄養士の学校に通うメリット2:集中して勉強ができる

 

栄養士の資格が取れる学校は山ほどありますが、私は2年制の専門学校を選びました。

 

栄養士仲間の話を聞いていると、社会人から栄養士を目指す人は、専門学校か短大に2年間通って、資格をとる人が多い印象です。

 

2年間指定の学校に通って卒業すると、「栄養士」の資格が自動的に(申請の作業が必要ですが)もらえるんですね。

 

栄養士より上級の資格である「管理栄養士」の資格をとるためには、指定の大学か、4年制専門学校(東京食糧栄養専門学校など)を4年間卒業して国家試験に合格するか、

 

実務経験3年以上ののち、国家試験に合格する必要があります。

働きながら管理栄養士の資格を取るための勉強をするのは大変ですが、実際に合格している人もいるので、不可能な話じゃないな…と思い、

 

私は「管理栄養士を取る前に、まずは栄養士の学校に2年間通って、もし管理の資格を取るなら、働きながら試験勉強をしよう」と思って、2年制の専門学校に入学しました。

時間とお金に余裕があるならば、思い切って4年制の大学に入学してしまう(学費も期間も2倍かかりますが)のもありですが、

2年間で栄養士の資格を取ってから、実務経験ののちに管理栄養士を目指すこともできると思います。

栄養士専門学校の授業ノート

これは当時の教科書や授業ノートです。2年間みっちり勉強できるので、知識は増えます!

 

栄養士の学校に通うメリット3:食の分野で友人ができる

私は、家族や周囲の人の協力があって、学校に入り直すことができました。

mina
学費(およそ300万円)は自分の貯金でまかないましたが、生活費の一部は家族から少し協力してもらっていました。

 

いったん社会人になると、

  • まとまった時間をとって勉強できることがいかにありがたいことか
  • 学生という身分が、いかに恵まれているか

 

が痛いほどにわかるので、勉強にも熱が入りました。

(自分の大学時代を振り返ると、時間の大切さをわかっていなくて本当にもったいないです…。)

 

また、専門学校で同じクラスになった仲間の中には、私と同じように、社会人経験を経てから入学してくる人たちも一定数います。

  • カフェ勤務の経験を経てから学校に入り直す人
  • 主婦で生活していたけれど、食と健康に興味があり、栄養士になりたくて入学してくる人
  • 海外勤務を経て、食の分野で手に職をつけたくて入学してくる人

きっかけはさまざまですが、みんな強い意志を持って入学してくる上に、食や健康に興味のある人たちが多いので、話が弾むんですよね。

社会人経験をへて、学校に入り直すこと自体かなり勇気のいることだと思いますが、その選択をしているという共通点で、学校でも早く仲良くなれた気がしています。

 

mina
栄養士の仲間や先生とつながることができるのも、学校に通う魅力です。

 

次は、栄養士の学校に入学するデメリットもお話しておきますね。

 

社会人から栄養士の学校に入るデメリット3つ

社会人から栄養士の学校に通うデメリット1:資格を取るのに時間がかかる

栄養学の勉強

栄養士の資格を取るためには、最短でも2年かかります。

栄養士の他にも「フードコーディネーター」「発酵マイスター」など、食に関連する資格は山ほどあります。

自分がやりたいことは何なのか、本当に学校に入る必要まであることなのか、体験入学などに参加してみて、慎重に考えてみることをおすすめします。

学費は高い(私の場合は、2年間で280万円かかりました)ですからね!よくよく考えたほうがいいですよ。

社会人から栄養士の学校に通うデメリット2:通学中は収入がほとんどない

費用

私は、学校に通っているあいだ、家賃と生活費をできるだけ抑えるために、妹とルームシェアをしました。

mina
アルバイトは、1年目は飲食店で週に4日ほど、学校終わりから深夜までやっていました。

 

しかし、アルバイトが終わってから帰る時間が深夜0時を過ぎることもよくあり、こうなってくると睡眠時間が取れずに授業中に寝てしまうなど、学校との両立が難しくなってきました。

 

そのため、2年目は勉強に集中するためにアルバイトをやめて、週末だけのバイトなど、単発のアルバイトに切り替えました。

アルバイトをまったくしないと、生活費が厳しいと思いますが、学校に通っている間は、勉強の時間を取りたいならば、収入はほとんどない前提でいた方がいいでしょう。

私は、会社員1年目から「栄養士の学校に通いたい」と思って、毎月の給料やボーナスをほぼ全て貯金して、学費をコツコツためていました。300万円ほど学費でためておけば安心ですね。

2年間学校に通うならば、学費として300万くらいかかることを想定しておきましょう。

 

社会人から栄養士の学校に通うデメリット3:夜間の学校がないので、仕事をやめなければならない

栄養士の資格は、夜間では取れません。

調理師は夜間でも取れるのですが、栄養士の場合、昼間の学校に通うしか選択肢がありません。

 

この事実に相当悩みましたが、やはり栄養士の勉強をする道を選びたくて、栄養士の学校に通うために会社をやめました。

まとめ:人生を後悔しないように、よく考えて進路を決めよう!

ここまで栄養士の学校に入学するメリット・デメリットをそれぞれお話しましたが、後悔しないためにも、やりたいと思ったことはやったほうがいいです。

ただし、お金も時間もかかりすぎます。

mina
2年と300万円…かなりの時間と金額ですよね。

栄養士の学校に通うのがゴールではなく、卒業してから栄養士として働き続けることまで視野に入れておいたほうがいいです。

栄養士の学校を卒業してから「栄養士の給料安すぎ問題」にぶち当たります。会社員の頃は手取り20万円以上もらっていたのが、手取り15万円になってしまい将来が本当に不安になりました。

なので、「卒業後の進路やキャリア」まで考えて、自分がやりたいことは栄養士の資格を取らないとできないことなのか、本当に2年と300万をかける必要があるのかを、じっくり考えることをおすすめします。

会社を辞めて栄養士の学校に通い直す前に、民間の食の資格で勉強してみるのも一つの手

栄養士

栄養士の資格は、時間もお金も莫大な量が必要で、何より会社を辞めなければならないというリスクがあります。

化学や生物の専門的な授業や、法律など、「それ、ふだんの生活で必要ないでしょ…」って知識まで学ばないと資格がとれないのも厄介なんですよね…。私は化学の授業に苦労しました。

↓実際に私が通っていた栄養士専門学校の時間割です。

英語や体育、パソコン、法律のむずかしい授業もありました。

↑これは実際に私が栄養士の専門学校に通っていたときの授業ノートです。

授業で化学式が出てきたりして、日常生活では絶対これは使わない…と思いつつも、単位を取らないといけないので勉強していました。

 

「日常生活に役立つ範囲で、食や栄養学の勉強がしたい!」という方には、栄養士の学校は必要のない科目も多いのでコスパが悪いと思います。

 

 

なので、まずはチャレンジしやすい民間の資格に挑戦して、食や健康の勉強をしてみるといいですよ。

mina
自分が本当に食の道に進みたいのかを確かめるためにも、まずは身近な教材で勉強してみてください。

 

とはいっても、食の資格ってたくさんあって、どれを選んだらいいかわからないですよね。

そんな方にむけて、たくさんある食や栄養学の資格の中から、おすすめの資格を5つピックアップしました。

料理

【通信で学べる】栄養学と食に関するおすすめ資格5選!独学OK・難易度も解説

2021年5月3日

今回の記事と合わせて、ぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

3年間のOL生活を経て、栄養士の専門学校に入学。学校を首席で卒業し、栄養士の資格を取得後、栄養士として勤務。 健康セミナーの実施や料理教室講師、食育活動、調理の仕事やケータリングなど幅広く経験。美容・健康と食の専門知識をいかして、ブログを書いています。