栄養学と食の人気資格一覧!種類別まとめ【主婦の方にもおすすめ】

栄養学の勉強

スポンサーリンク




家族のごはんとか、ふだん作る食事をもっと栄養バランスのとれたものにしたい!だから栄養学の勉強がしたいんだけど、どうやって学んだらいいのかな…。

栄養士の学校に通うのもお金がかかりすぎるし、通信教育とかでコスパよく、手軽に学べる方法が知りたいんだよね。

できれば食関連の資格も取りたい!

 

こんなふうに、食関連の資格の取りかたや、栄養学の勉強方法で迷ったことはありませんか?

 

今回は、こういった疑問に答えます。

 

本記事のテーマ

栄養学と食の勉強におすすめの、人気資格5選が、種類別にわかります。

 

  • 家族のごはんをもっと栄養バランスのとれたものにしたい!」
  • 「栄養学を学びたいけど、学校に通うのはむずかしい
  • 通信で食関連の資格をとりたい」

 

と考えている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

記事の信頼性

栄養士 赤石美波

栄養士 赤石美波

 

栄養士の資格を持ち、料理教室の講師や、栄養士として現場で働いてきた経験のある私が、栄養学の勉強や独学におすすめの資格ついて、種類別にお伝えします。

 

読者さんへの前置きメッセージ

この記事を読んだあとは、栄養学の勉強におすすめの通信教育講座にはどんなものがあるのか、また、栄養学を学んで取れる資格を知ることができますよ!

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

栄養学と食の人気資格一覧!種類別まとめ【主婦の方にもおすすめ】

食育に関する資格の比較【一覧で種類がわかる!】

食育

食育に関する資格を一つ一つ調べて、わかりやすいように一覧でまとめました。

 

資格名 講座費用(税込) 特長
食育アドバイザー ¥39,600
  • 教材の送料(¥450)と受験料(¥5,600)も含めると総額で¥45,650
  • サポート期間が約2年間
  • 資格取得後の就/転職サポート、ホームページ開業サポートあり
  • ネット申し込みで1万円割引
  • 学習・受験が通信教育で完結
食育インストラクター ¥39,900
  • 試験はなく、講座修了で資格が取れる
  • 認定証交付料¥6,600+事務手数料¥880も含めると総額¥47,380
  • サポート期間は12ヶ月
  • 食育の第一人者の服部幸應先生が監修・指導
  • 学習・受験ともに通信教育で完結
食育実践プランナー
※おすすめ
¥39,600
  • 運営元が業界大手のユーキャン
  • サポート期間は12ヶ月
  • 学習・受験ともに通信教育で完結
食育健康アドバイザー ¥79,000(試験免除)
¥59,800(受験必要)
  • 講座に申し込まず独学でも受験可能
  • 講座に申し込む場合、別途受験費用(¥10,000)が必要
  • 「食育食品マイスターW資格取得スペシャル講座」(¥79,000)なら試験免除
  • 「食育食品マイスターW資格取得スペシャル講座」または「食育食品マイスターW資格取得講座」の受講で「食育食健康アドバイザー」と「食育食品マイスター」両方の試験対策になる
管理健康栄養インストラクター ¥79,000(試験免除)
¥59,800(受験必要)
  • 講座に申し込まず独学でも受験可能
  • 講座に申し込む場合、別途受験費用(¥10,000)が必要
  • 「食育食品マイスターW資格取得スペシャル講座」(¥79,000)なら試験免除
  • 「食育食品マイスターW資格取得スペシャル講座」または「食育食品マイスターW資格取得講座」の受講で「食育食健康アドバイザー」と「食育食品マイスター」両方の試験対策になる

資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

 

こんなにたくさん種類があるのね!一覧で見ると比較できていいわ。

自分に合うかどうかは、どうやって選べばいいの?

 

こちら↓の記事に、資格の選び方を詳しく書いたので、「食育」に興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

>>【食育の資格を一覧で比較!】どんな種類があるの?通信で取れるのは?

 

離乳食・幼児食に関する資格の比較【一覧で種類がわかる!】

離乳食・幼児食の資格一覧を比較

離乳食・幼児食に関する資格を一つ一つ調べて、わかりやすいように一覧でまとめました。

 

資格名 講座費用(税込) 特長
離乳食・幼児食コーディネーター
※おすすめ
¥32,000
  • 運営元が業界大手のユーキャン
  • サポート期間が12ヶ月ある
  • 費用を抑えて学べる
  • 学習・受験が通信教育で完結
幼児食インストラクター ¥49,600
  • 教材の送料(¥450)と受験料(¥5,600)も含めると総額¥55,650
  • サポート期間が約2年間
  • 資格取得後の就/転職サポート、ホームページ開業サポートあり
  • ネット申し込みで1万円割引
  • 学習・受験が通信教育で完結
乳幼児食指導士 ¥39,800
  • 試験がなく、講座修了で資格が取れる
  • 認定証の発行は別途費用がかかる
  • 学習・受験が通信教育で完結
離乳食インストラクター ¥280,800
  • 分割払い不可(一括のみ)
  • 「和食の離乳食」を教えてもらえる
  • 受験資格で必要な1・2級まで含めると総額¥323,800
  • 資格取得後、協会の講師になることもできる
  • 2020年はコロナで開講見合わせ中
  • 通信ではなく講座に通うスタイル
ベビーフードインストラクター ¥79,000(試験免除)
¥59,800(受験必要)
  • 講座に申し込む場合、別途受験費用(¥10,000)が必要
  • 講座に申し込まず独学でも受験が可能
  • 「幼児食マイスターW資格取得スペシャル講座」(¥79,000)なら試験免除
  • 「幼児食マイスターW資格取得スペシャル講座」または「幼児食マイスターW資格取得講座」の受講で「ベビーフードインストラクター」と「幼児食マイスター」両方の試験対策になる
  • 学習・受験が通信教育で完結
幼児食マイスター ¥79,000(試験免除)
¥59,800(受験必要)
  • 講座に申し込む場合、別途受験費用(¥10,000)が必要
  • 講座に申し込まず独学でも受験が可能
  • 「幼児食マイスターW資格取得スペシャル講座」(¥79,000)なら試験免除
  • 「幼児食マイスターW資格取得スペシャル講座」または「幼児食マイスターW資格取得講座」の受講で「ベビーフードインストラクター」と「幼児食マイスター」両方の試験対策になる
  • 学習・受験が通信教育で完結
離乳食アドバイザー ¥41,000
  • (2時間半×2日間)5時間で資格が取れる
  • オンライン・通学が選べる
  • オンラインは受講期間内、専用のLINEやメールでいつでも管理栄養士に無料で相談が可能
  • 学習・受験が通信教育完結
幼児食アドバイザー ¥41,000
  • (2時間半×2日間)5時間で資格が取れる
  • オンライン・通学が選べる
  • オンラインは受講期間内、専用のLINEやメールでいつでも管理栄養士に無料で相談が可能
  • 学習・受験が通信教育で完結
学童食アドバイザー ¥41,000
  • (2時間半×2日間)5時間で資格が取れる
  • オンライン・通学が選べる
  • オンラインは受講期間内、専用のLINEやメールでいつでも管理栄養士に無料で相談が可能
  • 学習・受験が通信教育で完結
母子栄養指導士 ¥121,000
  • 2020年は開講見合わせ中
  • 受験資格として、協会主催の4つ(妊産婦食/離乳食/幼児食/学童食の4つのアドバイザー講座(各¥41,000))を受講・合格することが必要
  • 受験資格に必要な講座まで取ると、総額¥285,000
  • 外部の会場で受講・受験するスタイル
  • 範囲が妊産婦・乳児・幼児・小学生までの食事と幅広い

資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

 

離乳食や小さい子供の食事は、大人の食事とはまた違うから、ちゃんと勉強しておきたいわ。

どの資格が自分に合うかどうかは、どうやって選べばいいの?

 

こちら↓の記事に、資格の選び方を詳しく書いたので、離乳食や小さい子供の食事に関する資格に興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

>>【離乳食・幼児食の資格を一覧で比較!】どんな種類があるの?通信で取れるのは?

 

野菜に関する資格の比較【一覧で種類がわかる!】

野菜

野菜に関する資格を一つ一つ調べて、わかりやすいように一覧でまとめました。

 

資格名 講座費用(税込) 特長
野菜ソムリエ ¥148,000
  • 毎年更新料(¥3,500/年)がかかる
  • 講座で学ぶ場合、横のつながりができる
  • 通学・半通学・通信(WEB or 紙テキスト)から受講方法を選べる
  • 資格の知名度がある
野菜ソムリエプロ ¥172,500
  • 毎年更新料(¥6,000/年)がかかる
  • 講座で学ぶ場合、横のつながりができる
  • 通学・半通学・通信(WEB or 紙テキスト)から受講方法を選べる
野菜ソムリエプロ 上級 ¥270,000
  • 毎年更新料(¥6,000/年)がかかる
  • 受験資格で厳しい条件が必要
  • 持っている人が少ないので、希少価値が高い
野菜コーディネーター ¥38,700
  • 一般社団法人ホールフード(野菜を丸ごと食べるという考え方)協会認定の講座なので、残った野菜の活用法・環境に優しい生活の実践方法も学べる
  • 家庭菜園が学習内容にある
  • 認定証の発行は別途¥6,400(修了証は¥3,400)
野菜スペシャリスト ¥39,000
  • 運営元が業界大手のユーキャン
  • サポート期間が12ヶ月ある
  • 質問が1日3問までできる
ベジタブル&フルーツアドバイザー ¥51,700
  • 資格取得後の就職/転職サポート・ホームページ開業サポートあり
  • サポート期間が700日(約2年)と長い
  • ネット申し込みで1万円割引
  • 受験料は別途かかる(¥5,600)
ベジタブル&フルーツプランナー ¥32,000
  • 認定証発行が有料(¥3,000)
  • 学習内容が中医学的(漢方)
  • 3ヶ月で資格取得
野菜・果物コンシェルジュ ¥36,300
  • 最短1ヶ月で資格が取れる
  • 教材が全部WEBで完結
  • 学習も受験もWEBなので、ネット環境必須・PCやスマホで勉強したい人向け

資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

 

こんなにたくさん種類があるのね!一覧で見ると比較できていいわ。

自分に合うかどうかは、どうやって選べばいいの?

 

こちら↓の記事に、資格の選び方を詳しく書いたので、野菜関連の資格に興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

>>【野菜の資格一覧・種類を徹底比較】主婦の方にもおすすめの講座はこれ!

 

スポーツ栄養に関する資格の比較【一覧で種類がわかる!】

スポーツ栄養の資格一覧

スポーツ栄養に関する資格を一つ一つ調べて、わかりやすいように一覧でまとめました。

 

資格名 講座費用(税込) 特長
スポーツ栄養プランナー
※おすすめ
¥38,000
  • 運営元が業界大手のユーキャン
  • サポート期間が8ヶ月ある
  • 費用を抑えて学べる
  • 学習・受験が通信で完結
アスリートフードマイスター 1級:¥68,000
2級:¥110,000
3級:¥180,000
  • 1〜3級まで全部取ると36万円近くかかる
  • 芸能人や有名スポーツ選手の奥さんが取得していて、知名度が高い
  • 受講は通信・座学から選べるが、受験は協会指定の会場へ行く必要がある
スポーツフードアドバイザー ¥47,850
  • 教材の送料(¥450)と受験料(¥5,600)も含めると総額¥55,650
  • サポート期間が約2年間と長い
  • 資格取得後の就/転職サポート、ホームページ開業サポートあり
  • ネット申し込みで1万円割引
  • 学習・受験が通信教育で完結
スポーツスーパーフードマイスター ¥150,000
  • 2020.10.18現在、開講見合わせ中
  • 受験資格として、一つ下の資格の「ジュニアスーパーフードマイスター」(¥66,000)を受講する必要がある(セットで一度に受講も可能)
スポーツフードスペシャリスト ¥34,000
  • 最短1ヶ月で取れる
  • 教材が全部WEB(紙のテキストはなし)
  • 学習も受験もWEBなので、ネット環境必須・PCやスマホで勉強できる人向け
スポーツフードマイスター ¥79,000(試験免除)
¥59,800(受験必要)
  • 講座に申し込む場合、別途受験費用(¥10,000)が必要
  • 講座に申し込まず独学でも受験が可能
  • 「スポーツフードマイスターW資格取得スペシャル講座」(¥79,000)なら試験免除
  • 「スポーツフードマイスターW資格取得スペシャル講座」または「スポーツフードマイスターW資格取得講座」の受講で「アスリート栄養食インストラクター」と「スポーツフードマイスター」両方の試験対策になる
  • 学習・受験が通信教育で完結
アスリート栄養食インストラクター ¥79,000(試験免除)
¥59,800(受験必要)
  • 講座に申し込む場合、別途受験費用(¥10,000)が必要
  • 講座に申し込まず独学でも受験が可能
  • 「スポーツフードマイスターW資格取得スペシャル講座」(¥79,000)なら試験免除
  • 「スポーツフードマイスターW資格取得スペシャル講座」または「スポーツフードマイスターW資格取得講座」の受講で「アスリート栄養食インストラクター」と「スポーツフードマイスター」両方の試験対策になる
  • 学習・受験が通信で完結
公認スポーツ栄養士 ¥45,100+登録料¥18,000
  • 受験資格で管理栄養士であることなど、厳しい条件が必要
  • 取得に3年ほどかかる
  • プロのスポーツ選手のサポートを仕事でしたい人向け

資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

 

子供が習い事や部活をしているなら、スポーツ栄養の知識があれば食事面からサポートができそうね。

たくさんの種類の資格があるけど、どうやって選べばいいの?

 

こちら↓の記事に、資格の選び方を詳しく書いたので、スポーツ栄養に関する資格に興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

>>【スポーツ栄養の資格を一覧で比較!】どんな種類があるの?通信で取れるのは?

 

発酵食品に関する資格の比較【一覧で種類がわかる!】

発酵食品の資格

発酵に関する資格を一つ一つ調べて、わかりやすいように一覧でまとめました。

 

資格名 講座費用(税込) 特長
発酵マイスター ¥176,000
  • 毎年更新料(¥10,000/年)がかかる
  • 受験資格として¥6,600×4回(各2時間)のベーシック講座の受講が必要
  • 受験資格に必要な講座まで含めると総額¥202,400
  • 講義形式で、発酵ランチの実食あり。横のつながりができる
発酵食スペシャリスト
(醸しにすと)
¥39,900
  • 認定証の発行は有料
  • 試験はなく、講座修了で資格が取れる
  • 学習・受験ともに通信教育で完結
発酵食品ソムリエ
※おすすめ
¥32,000
  • 運営元が業界大手のユーキャン
  • 発酵業界で有名な小泉武夫先生が監修の講座
  • サポート期間が6ヶ月
  • 学習・受験ともに通信教育で完結
発酵食健康アドバイザー ¥79,000(試験免除)
¥59,800(受験必要)
  • 講座に申し込まず独学でも受験可能
  • 講座に申し込む場合、別途受験費用(¥10,000)が必要
  • 「発酵食品マイスターW資格取得スペシャル講座」(¥79,000)なら試験免除
  • 「発酵食品マイスターW資格取得スペシャル講座」または「発酵食品マイスターW資格取得講座」の受講で「発酵食健康アドバイザー」と「発酵食品マイスター」両方の試験対策になる
発酵食品マイスター ¥79,000(試験免除)
¥59,800(受験必要)
  • 講座に申し込まず独学でも受験可能
  • 講座に申し込む場合、別途受験費用(¥10,000)が必要
  • 「発酵食品マイスターW資格取得スペシャル講座」(¥79,000)なら試験免除
  • 「発酵食品マイスターW資格取得スペシャル講座」または「発酵食品マイスターW資格取得講座」の受講で「発酵食健康アドバイザー」と「発酵食品マイスター」両方の試験対策になる

資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

最近は腸活もブームだし、私も去年味噌を手作りしてみたことがあるのよね。

発酵食品の資格がたくさんあるのはわかったけど、どれが自分に合うのか、どうやって選べばいいの?

 

こちら↓の記事に、資格の選び方を詳しく書いたので、発酵食品に関する資格に興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

>>【発酵食品の資格を一覧で比較!】どんな種類があるの?通信で取れるのは?

 

薬膳に関する資格の比較【一覧で種類がわかる!】

生薬

薬膳に関する資格を一つ一つ調べて、わかりやすいように一覧でまとめました。

 

資格名 講座費用(税込) 特長
薬膳マイスター ¥38,700
  • 認定証発行手数料(¥8,400)も含めると総額で¥47,100
  • 受験の必要はなく、講座修了で資格が取れる
  • 学習・受験が通信教育で完結
薬膳コーディネーター
※おすすめ
¥44,000
  • 運営元が業界大手のユーキャン
  • サポート期間が12ヶ月ある
  • 学習・受験が通信教育で完結
薬膳アドバイザー ¥39,800
  • 受験の必要はなく、講座修了で資格が取れる
  • 修了証の発行(¥3,500)も含めると総額で¥43,300
  • サポート期間は8ヶ月
  • 学習・受験が通信教育で完結
薬膳漢方マイスター ¥36,300
  • 最短1ヶ月で取れる
  • 教材が全部WEB(紙のテキストはなし)
  • 学習も受験もWEBなので、ネット環境必須・PCやスマホで勉強できる人向け
薬膳インストラクター ¥49,600
  • 教材の送料(¥450)と受験料(¥5,600)も含めると総額で¥55,650
  • サポート期間が約2年間
  • 資格取得後の就/転職サポート、ホームページ開業サポートあり
  • ネット申し込みで1万円割引
  • 学習・受験が通信教育で完結
漢方コーディネーター ¥79,000(試験免除)
¥59,800(受験必要)
  • 講座に申し込む場合、別途受験費用(¥10,000)が必要
  • 講座に申し込まず独学でも受験が可能
  • 「漢方・薬膳W資格取得スペシャル講座」(¥79,000)なら試験免除
  • 「漢方・薬膳W資格取得スペシャル講座」または「漢方・薬膳W資格取得講座」の受講で「漢方コーディネーター」と「薬膳調整師」両方の試験対策になる
  • 学習・受験が通信教育で完結
薬膳調整師 ¥79,000(試験免除)
¥59,800(受験必要)
  • 講座に申し込む場合、別途受験費用(¥10,000)が必要
  • 講座に申し込まず独学でも受験が可能
  • 「漢方・薬膳W資格取得スペシャル講座」(¥79,000)なら試験免除
  • 「漢方・薬膳W資格取得スペシャル講座」または「漢方・薬膳W資格取得講座」の受講で「漢方コーディネーター」と「薬膳調整師」両方の試験対策になる
  • 学習・受験が通信教育で完結

資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

 

薬膳の資格はこんなにたくさん種類があるのね!一覧で見ると比較できていいわ。

自分に合うかどうかは、どうやって選べばいいの?

 

こちら↓の記事に、資格の選び方を詳しく書いたので、薬膳に関する資格に興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

>>【薬膳の資格を一覧で比較!】どんな種類があるの?在宅で取れるのは?

 

栄養学と食の人気資格一覧!種類別まとめ

栄養学の勉強に役立つ講座5選【主婦の方にもおすすめ!】

栄養学の勉強に役立つ講座を、種類ごとに6ジャンル紹介しました。表で比較しやすくなっているので、どれがいいのか考えるのに、役立ててみてくださいね。

 

mina
私自身、栄養学や健康、食の勉強を学校でしっかりと学んできましたが、勉強したことが栄養士の仕事にはもちろん、普段の生活にもすぐに生かせるので、勉強しておいてよかったと思っています。

 

気になる種類があれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事