【アイシングクッキーの資格一覧・種類を比較】おすすめ通信・通学講座

アイシングクッキーに関する資格を取りたいけど、種類がたくさんあって、どれがいいのかわからない…。

アイシングクッキーに関する資格取得の際、どの資格がいいのか迷ったことはありませんか?

そこで、この記事では、アイシングクッキーに関する資格の一覧とそれぞれの違いをまとめました。

  • 「アイシングクッキーに関する資格で、自分にぴったりの資格を知りたい」
  • 「アイシングクッキーの資格をとって、将来、教室やサロンを開いてみたい」
  • 「アイシングクッキー関連で、簡単に、いちばん安く取れる資格を知りたい」

一つでもあてはまれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

タップで移動できる目次

アイシングクッキー関連の資格の一覧・値段・違いまとめ

実際に、アイシングクッキーに関する資格を調べて、比較しやすいよう表にまとめました。

資格名 講座費用
(税込)
特長
アイシングクッキー
マイスター
◎¥32,000
  • 年会費がかからない
  • 最短1ヶ月で資格が取れる
  • 教材が全部WEBで完結
  • 学習も受験もWEBなので、ネット環境必須
    PCやスマホで勉強したい人向け

>>公式サイトはこちら

アイシングクッキー
認定講師
¥129,019
  • 年会費(¥3,300/年)がかかる
  • 2時間×6回通学で資格取得
  • 知名度ナンバーワン
  • 日本サロネーゼ協会認定
  • 全国に教室あり

>>公式サイトはこちら

日本アイシングクッキー協会認定
インストラクター養成講座
¥137,700
  • 年会費(¥2,700/年)がかかる
  • 8回通学で資格取得
  • 日本アイシングクッキー協会認定
  • 全国に教室あり

>>公式サイトはこちら

ナチュラルアイシングクッキー
認定講座
¥103,400
  • 年会費(¥4,400/年)がかかる
  • 120分×6回通学で資格取得
  • ナチュラルデコレーション協会認定
  • 横浜が中心/東海・関西にも教室あり

>>公式サイトはこちら

資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

アイシングクッキーの資格の種類一覧【人気おすすめランキング】

アイシングクッキーの資格講座の選び方をふまえた上で、次におすすめ度の高い資格講座をランキング形式で紹介していきます。

気になる講座をチェックしてみてくださいね。

mina
どの資格がいいか迷ったら、フォーミーの「アイシングクッキーマイスター」がおすすめです。

私自身、教材を買ったのですが、自分の好きなタイミングで試験が受けられて、スマホがあれば手軽に勉強も受験もできて便利でした。

>>アイシングクッキーマイスターの資格を詳しく見る

それでは、まずはおすすめ度第3位からみていきましょう。

第3位:ナチュラルアイシングクッキー認定講座

ナチュラルアイシングクッキーマイスター認定講座

健康志向を意識するなら、ナチュラルアイシングクッキーマイスター認定講座がおすすめです。

この教室で作るクッキーは、グルテンフリーのもの。

野菜やフルーツを使い、着色料や人工の色素を使わずにデコレーションをするので、身体にも安心です。

「アイシングクッキーが好きだけど、身体になるべく害がない素材で作りたい」という方に、この資格講座がぴったりです♬

全国に教室はありませんが、横浜を中心に、東海や関西に教室があります。

とはいえ、1日で資格が取れるので、旅行がてら教室に行ってみるのも一つの手ですね。

>>公式サイトはこちら

第2位:日本サロネーゼ協会アイシングクッキー認定講師

アイシングクッキー認定講師講座

知名度のある資格が取りたい方におすすめの資格です。

教室を開くとき、名前とともに資格名を名乗ればインパクトがあるでしょう。

全国に教室があるので、自分の住んでいる場所に近い教室を選ぶことができます。

受講費用や年会費はかかりますが、ほかの講師との交流ができるなど、横のつながりができるのも魅力ですね。

アイシングクッキーに限らず、デコカップケーキ、マカロンアートなどの認定講座もあるので、いろいろな種類の講座で学びたい方に、ぴったりの資格講座です。

>>公式サイトはこちら

第1位:アイシングクッキーマイスター

フォーミーのアイシングクッキーマイスター資格取得講座

アイシングクッキーマイスターは、フォーミー(formie)が主催する民間の資格です。

フォーミー(formie)が取り扱っているのは、「アイシングクッキーマイスター」の資格講座で、資格を取るためにはフォーミー(formie)の講座を受講することが必須条件となります。

アイシングクッキーマイスターの試験概要を、表にまとめました。

資格名 アイシングクッキーマイスター
資格認定団体 フォーミー(formie)
受験資格 特になし
試験日程 いつでも可
試験会場 在宅
試験科目 資格講座内容から出題
出題形式 Web選択問題・全30問
試験時間 1000秒(約17分)
受講費用
(税込)
¥35,200
受験料 無料
標準学習期間 1ヶ月
サポート期間 180日(約半年)
合格基準 80%以上
(30問中24問)
合格率 非公開

※試験概要は変更になる場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

アイシングクッキーマイスターの資格試験は、何度でも受けることができます。

なので、ある程度勉強して自信がつけば受けてしまって大丈夫です(ただし、再試験の料金が1,500円かかるので注意が必要です)。

私もフォーミーの講座を実際に受けたことがあるのですが、練習問題から試験が100%出題されるので、練習問題を繰り返しやれば、試験は合格できます。

フォーミーの「アイシングクッキーマイスター」の資格講座は、紙のテキストがなく、教材や試験も全部Web上で完結。

mina
スマホ一台あれば勉強ができるので便利な反面、Wi-Fiなどネット環境が整っていないと不便です。

ネット環境の準備や、スマホ・パソコンの操作に自信がある方におすすめの資格です。

>>公式サイトでもっと詳しく見る

>>この講座を今すぐ申し込む

アイシングクッキーの資格を選ぶときの注意点

アイシングクッキーの資格を選ぶときの注意点

比較表にも書いたのですが、こんな点に注意が必要です。

認定証の発行や受験料が別にかかるかどうか(講座費用に含まれるのか)

パッと見て「安い」と思っても、受験料や認定証の発行料金が別で必要になることがあるので、事前にチェックした方がいいですね。

資格更新料が必要?

今回比較した資格は、アイシングクッキーマイスターのみ更新料は必要ありませんが、アイシングクッキー認定講師など、日本サロネーゼ協会の資格は更新料が必要です。

資格を取って1年すると、更新料を払わなければせっかく取った資格が失効になってしまうので、そこだけ忘れないようにしたいですね。

質問などのサポート体制

通信講座の場合、アイシングクッキーの質問ができるなどサポート体制がついているかも確認が必要です。

通信講座や外部講座のメリットは、わからないところをプロに聞けるところ。

添削課題の充実度や、質問ができるサービスなどサポート体制もみてから申し込むといいですよ。

アイシングクッキーの資格の種類まとめ

サロンや協会認定のアイシングクッキーの資格は値段が高いのですが、知名度も高く仕事につなげやすいです。

資格取得後のサポートが充実していたり、アイシングクッキーソムリエの肩書きを使って仕事を受けられるようになったり、横のつながりができるなど、

「アイシングクッキーや食を伝えることを仕事にしたい!」と真剣に考えている方にはメリットが大きいです。

一方で、通信講座で費用を抑えつつ、正しい知識をしっかり学べる資格もあるので、自分の目指すところに合わせて選ぶといいですよ。

いきなり受講するのが不安なら、公式サイトのチェックがおすすめ

「いきなり受講するのは不安…」という方も、公式サイトをチェックすれば事前に講座の内容を確認できます。

まずは気になる資格講座をよく見てから、チャレンジみてくださいね♬

>>アイシングクッキー認定講師を公式サイトで詳しく見る

>>日本アイシングクッキー認定講師を公式サイトで詳しく見る

>>ナチュラルアイシングクッキー認定講座を公式サイトで詳しく見る

シェアしてね!
タップで移動できる目次
閉じる