健康的で体にいい、安全な塩の選び方【栄養士おすすめ】

塩の選び方

スポンサーリンク




こんにちは。栄養士のminaです。

 

塩っていろいろな種類があるけど、体にいい塩って結局どれがいいんだろう…?健康のことを考えて、ふだん使う塩を選びたいんだよね…。

 

こんなふうに、悩んだことはありませんか?

 

 

スーパーに行くと、たくさんの種類の塩が並んで売られていて、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。

 

 

今回は、健康的で体にいい、安全な塩の選び方のポイント2つを、栄養士の目線でお伝えします。

 

本記事のテーマ

健康的で体にいい、塩の選びかたがわかります。

 

記事の信頼性

栄養士 赤石美波

栄養士 赤石美波

 

栄養士の資格を持ち、料理教室の講師や、栄養士として現場で働いてきた経験のある私が、健康に良い塩の選び方についてお伝えします。

 

読者さんへの前置きメッセージ

この記事を読んだあとは、健康的で体にいい塩の選び方について、普段の買い物にいかせる知識を身につけることができますよ。

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

 

 

健康的で体にいい、安全な塩の選び方【栄養士がわかりやすく解説!】

健康的で体にいい塩の選び方

健康的で体にいい、安全な塩の選び方のポイント2つはこれです。

 

  1. 塩の作られ方(精製方法)を確認する
  2. 原材料名に、添加物が書いてあるものは避ける

 

それぞれ、どういうことか、詳しく解説していきます。

 

健康的で体にいい塩の選び方1:塩の作られ方(精製方法)を確認する

体にいい塩の選び方

まず、見分けるポイントは、塩がどうやって作られているのかです。

 

 

塩の作られ方によって、精製された塩なのか、天然の塩なのか、およそ見分けることができます。

 

 

一般的に「食塩」として売られているのは、塩化ナトリウムが99%以上の精製された塩です。

 

 

本来、海の水からとれる塩には、塩化ナトリウム以外の、いろいろな種類のミネラル(マグネシウムやカリウムなど)が含まれています。

 

 

しかし、精製された塩には、塩化ナトリウム単体でしか入っていません。

 

 

一方で、成分をまったく調整していない本当の自然海塩(海の水を蒸発させて作る塩)は、

日本で昔から続いている伝統的な作り方で作った塩です。

 

 

海から海水を直接くんできて、太陽と風の力で、水分を蒸発させて作ります。

 

 

この作り方の場合、労力もコストもかかっているので値段も高くなりますが、

できあがった塩には、塩化ナトリウムだけではなくて、他のミネラルもたくさん入っています。

 

 

この自然海塩の味は、しょっぱさだけではなく、塩なのに甘みも感じられてすごくおいしいんですよ。

 

 

ある日、サラダにかける塩を自然海塩に変えたら、家族が「あれ、今日塩が違う?味がおいしい!」って言ってました。

 

 

塩の味自体に深みがあっておいしいんですよね。

 

 

じゃあ、どこで「これは精製された塩だ」「これは天然の塩だ」と見分けるのかというと、

パッケージに注目してください。

 

 

 

おそらく、精製された塩は「イオン交換膜法」「立釜」という表示があると思います。

 

 

これらは、大量生産するために、海水から塩化ナトリウムを化学的に取り出して作る方法ですね。

 

 

一方で、天然の海塩は「天日」「平釜」などと書かれています。

 

 

 

「天日」は、太陽と風の力で海水を蒸発させる方法で、

「平釜」は密閉されていない釜で煮つめて結晶を作る方法です。

 

 

簡単に言うと、自然の力を利用して、昔ながらのやり方で作ったってことです。

 

 

この作り方で作った塩が一番自然に近く、塩化ナトリウム以外のミネラル分も含まれているので、

おすすめです。

 

 

こんな感じで、パッケージの表記を目安に買うといいと思いますよ!

 

私が毎日料理に使ってるのは「海の精」って塩です。日本の海塩で、ミネラルたっぷりでおいしい塩です。

 

健康的で体にいい塩の選び方2:原材料名に食品添加物が書いてあるものは避ける

体にいい塩の選び方

塩なのに、塩以外の添加物があれこれ書かれているものは避けた方が良いですね。

 

 

小さなビンに入った食卓塩は、天日塩を海水で溶かして、それを煮詰めて再加工したものが多いみたいです。

 

 

この過程で、塩化マグネシウムや塩化カルシウムを加えたり、化学調味料などで味をととのえた塩も売られてます。

 

 

気をつけた方がいいのは、たとえば「低ナトリウム塩」ですかね。

 

 

塩分(塩化ナトリウム)を1/2にカットする代わりに、カリウム塩を入れます。

 

 

ただ、カリウム塩を入れると、苦味が出るので、この苦味をやわらげるために、ポリグルタミン酸を入れつつ、

さらっとした感触にするために炭酸マグネシウムを追加したりしてます。

 

 

 

減塩とアピールしつつ、ほかの添加物がいろいろ入っていたのだと、なんのための減塩なのか、って話になってしまいますよね。

 

(そもそも減塩なんて、しなくていい…って話は今回は置いときますね^^)

 

 

だとしたら、減塩用の塩を買うんじゃなくて、そもそも薄味にすればいいですよね。

 

 

栄養士の現場では、肉のうまみや、ねぎなどの野菜のだしを利用したり、かつお昆布だしをしっかりとることで、薄味でもじゅうぶんに味を感じられるようにしていました。

 

 

だしを十分にきかせると、少しの塩でもおいしく食べられるんですよね。

 

健康的で体にいい、栄養士おすすめの塩

私がよく使っているのは、海の精という塩です。

 

海の精の塩は、日本の海塩で、伝統的な製法でつくられた塩で、おすすめです。

 

私のまわりの栄養士も、このメーカーのファンが多くて、中には「塩が作られるようすを見学しに行った」なんて友人もいます。

 

塩なのに、どこか甘みがあって深い味わいがして、ふだん作るスープやサラダが、びっくりするほどおいしくなります。

 

 

少し値段が張るのですが、塩は少しずつしか使わないので、長持ちしてコスパも良いのでおすすめです^^

 

 

健康的で体にいい、安全な塩の選び方まとめ

健康的で体にいい塩の選び方

おいしくて安全な塩の選び方、もう一度まとめます。

 

  1. 塩の作られ方(精製方法)を確認する
  2. 原材料名に添加物が書いてあるものは避ける

 

塩はすぐになくなるものではないので、

少し値段が高くても、ちゃんとしたものを買っておいてもいいんじゃないかと思います。

 

 

私も今、天日・平釜の塩を使ってますが、もったいないので、

 

野菜を茹でるときなどに使うものは値段の安い塩、

サラダにかける塩や、煮物に入れる塩など、そのまま口に入る料理には、天日・平釜の塩を使う

 

 

など、使い分けてもいいかもしれませんね。

 

 

ぜひ、塩を選ぶ時の参考にしてみてくださいね。

 

 

栄養学や食の勉強におすすめの講座を紹介

栄養学や食事のことをもっと詳しく学びたい方に、おすすめの講座を探してみました。

  • 「家族のごはんをもっと栄養バランスのとれたものにしたい!」
  • 「栄養学を学びたいけど、学校に通うのはむずかしい」
  • 「通信で食関連の資格をとりたい」

 

一つでも当てはまるなと思った方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>栄養学と食の勉強におすすめ!人気講座ランキング5選【主婦の方もOK!】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事