健康関連の本で買ってよかった本トップ5【栄養士おすすめ】

健康の本

スポンサーリンク




こんにちは。栄養士のminaです。

 

健康的な食事のことを勉強したい!

 

そう思ったとき、やっぱり最初は本で勉強するのが手っ取り早いですよね。

 

 

私は栄養士なので、「初心者でもわかりやすく学べる、栄養学の本ないですかね?」ってよく聞かれます。

 

 

なので、今回は健康と食事のことを勉強するのに、ぴったりの本トップ5を紹介します。

 

 

「健康的な食事のことを勉強したい!」という方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

健康関連の本で買ってよかったもの【栄養士おすすめ】

第5位:医者が教える食事術

いや〜、この本めちゃくちゃ売れましたよね。本屋さんでよく見かけた方も多いんじゃないかと思います。

 

 

あまりの売れ行きに、最近、第二弾も出ましたよね。私も第二弾買っちゃいました。

 

 

お医者さんが書いているので信頼性もあるし、一つ一つのテーマが短くまとまっていて、辞書がわりにも使える感じです。

 

第4位:食と栄養の大百科

これはニュートンの本なんですけど、ニュートンの本って専門的なわりに、読みやすくてとっつきやすいんですよね。

 

あとは、図鑑みたいに、絵や図も多い。

栄養学の本

「消化と吸収の仕組み」を文字で読んで理解しようと思ったら、なかなか難しいですが、

 

 

こんな感じで大きいイメージ図が書かれていると、想像しやすいです。

 

 

「グルテンフリーは万人向けなのか?」とか「オリーブオイルはなぜ身体にいいのか」とか、「あ、そうそう、これ知りたかったんだよね」って話題がいっぱいで、読んでて飽きないですね。

 

 

栄養学のことを、表面的なことじゃなくもっと突っ込んで勉強したい人には、おすすめの一冊かな〜と思います。

 

第3位:「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる

この本もよかったです。

 

著者の人が、山奥の「ふるさと村」ってとこで自給自足の生活をしてる人で、身体の不調を治したい!って人が、その人のもとを訪れるそうです。

 

そこで食事をすると、症状がよくなるんだそうなんですよ。

 

 

この本を読んでいると、日本の伝統食って、リアル日本人の身体に合ってるんだな〜と思いますね。

 

「漬物と梅干しは、スーパーフード」とか、「調味料は昔ながらの作り方のものを選ぶ」とか、「日本人に塩は大事」とか、乾物の健康効果とか、日本にもともとある食材や食事を、もっと見直したいな〜って気持ちになります。

 

 

巻末に調味料の選び方もまとまってて、これも参考になりました!

栄養学の本

 

第2位:知っておきたい!人体のしくみ

栄養学のことをまともに本で勉強しようと思ったら、専門書から入るよりも、小学生向けの百科事典とか、絵本の方がわかりやすいんですよね。

 

 

小学生低学年の子でもわかる感じのやさしい内容になってて、食べ物がどうやってからだの中で消化されて、吸収されていくのかが、絵や図を使ってわかりやすく書かれてますね〜。

 

 

 

この「知っておきたい!人体のしくみ」の本は、外国の人が書いた本なんですけど、もちろん日本語訳してあって、説明もわかりやすかったです。

 

 

お子さんがいらっしゃる方は、一緒に読んでみてもいいかもですね!めちゃくちゃ勉強になります。

 

第1位:その調理、9割の栄養捨ててます!

「枝豆はゆでるよりも蒸し焼きするとビタミンがいっぱいとれる」とか「ニンニクはすりおろしが一番栄養素がとれる」とか、身近なテーマが多くて、面白かったです。

 

 

明日からすぐに使える内容が多い上に、写真もいろいろあって見やすくて、一気読みちゃいました。

 

 

健康とか、料理に興味がある人にはおすすめですね。人に話したくなるような話題が詰まってる本です。

 

まとめ

 

第5位:医者が教える食事術

第4位:食と栄養の大百科

第3位:「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる

第2位:知っておきたい!人体のしくみ

第1位:その調理、9割の栄養捨ててます!

 

 

ってことで、ここまで健康系のおすすめ本を5冊をランキング形式で紹介してきました。

 

 

本で栄養学の知識を身につけて、食べ物を賢く選んで長生きしちゃいましょ!

 

 

気になる本があったら、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

健康の本 栄養学の本

私の本棚です。栄養学の本がいっぱい。将来、子どもにも読んでほしいな〜と思ったりします。

 

それではまた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事