【介護食の資格一覧・種類を徹底比較】独学できるおすすめの講座はこれ!

介護食

スポンサーリンク




介護食に関する資格を取りたいと思ってるんだけど、介護食アドバイザーとか介護食スペシャリストとか、いろいろ種類がありすぎて、どれを選んだらいいのかわからない…。

 

こんなふうに、介護食の資格の種類が多すぎて、どの資格がいいのか迷ったことはありませんか?

今回は、こういった疑問に答えます。

この記事のテーマ

介護食に関する資格の一覧とそれぞれの違いがわかります。

  • 「介護食に関する資格で、自分にぴったりの資格を知りたい
  • 「介護食の資格をとって、自分ができることを何か形にしたい
  • 「介護食関連で、簡単に、いちばん安く取れる資格を知りたい」

一つでもあてはまれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

介護食関連の資格の一覧・値段・違いまとめ

介護食

実際に、介護食に関する資格を調べて、比較しやすいよう表にまとめました。

資格名 講座費用
(税込)
特長
介護食士 ¥70,000〜
¥90,000
  • 講座で学ぶ場合、横のつながりができる
  • 地域によって費用や日程が異なる

>>公式サイトはこちら

介護食
コーディネーター
¥29,000
  • 運営元が業界大手のユーキャン
  • サポート期間が12ヶ月ある
  • 質問が1日3問までできる

>>無料で資料請求する

介護食
アドバイザー
¥39,600
  • 資格取得後の就職/転職サポート・
    ホームページ開業サポートあり
  • サポート期間が700日(約2年)と長い
  • ネット申し込みで1万円割引
  • 受験料は別途かかる(¥5,600)

>>無料で資料請求する

介護食
コンサルタント
¥35,200
  • 最短1ヶ月で資格が取れる
  • 教材が全部WEBで完結
  • 学習も受験もWEBなので、ネット環境必須
    PCやスマホで勉強したい人向け

>>無料で体験する

介護食
マイスター
¥79,800
(試験免除)
¥59,800
(受験必要)
  • 講座に申し込む場合、別途受験費用(¥10,000)が必要
  • 講座に申し込まず独学でも受験が可能
  • 学習・受験が通信教育で完結

>>無料で資料請求する

介護食作り
インストラクター資格
¥79,800
(試験免除)
¥59,800
(受験必要)
  • 講座に申し込む場合、別途受験費用(¥10,000)が必要
  • 講座に申し込まず独学でも受験が可能
  • 学習・受験が通信教育で完結

>>無料で資料請求する

資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

 

介護食の資格を選ぶときの注意点

介護食の資格を選ぶときの注意点

比較表にも書いたのですが、こんな点に注意が必要です。

認定証の発行や受験料が別にかかるかどうか(講座費用に含まれるのか)

パッと見て「安い」と思っても、受験料や認定証の発行料金が別で必要になることがあるので、事前にチェックした方がいいですね。

 

資格更新料が必要?

今回比較した資格は、ほとんどの資格で更新料は必要ありませんが、野菜ソムリエプロなどの資格のように、更新料が必要な資格もあります。

資格を取って1年すると、更新料を払わなければせっかく取った資格が失効になってしまうので、そこだけ忘れないようにしたいですね。

 

質問などのサポート体制

通信講座の場合、教材が送られてくるだけでなく、質問ができるなどサポート体制がついているかも確認が必要です。

通信講座や外部講座のメリットは、わからないところをプロに聞けるところ。

添削課題の充実度や、質問ができるサービスなどサポート体制もみてから申し込むといいですよ。

 

介護食の資格の種類一覧【人気おすすめランキング】

介護食

介護食の資格講座の選び方をふまえた上で、次におすすめ度の高い資格講座をランキング形式で紹介していきます。

どの講座も資料請求が無料でできるので、気になる講座をチェックしてみてくださいね。

 

mina
どの資格がいいか迷ったら、通信教育大手ユーキャンの「介護食コーディネーター」を選んでおけば、まず損をすることはないでしょう。

 

私自身、教材を買ったのですが、教材の充実度やサポート体制、一人一人のお客さんを大事にする姿勢も感じられたのは、特にユーキャン。通信講座に迷ったらおすすめです。

>>介護食コーディネーターの資格を詳しく見る

 

それでは、まずはおすすめ度第3位からみていきましょう。

第3位:介護食コンサルタント

フォーミーの介護食コンサルタント資格講座

介護食コンサルタントは、フォーミー(formie)が主催する民間の資格です。

フォーミー(formie)が取り扱っているのは、「介護食コンサルタント」の資格講座で、資格を取るためにはフォーミー(formie)の講座を受講することが必須条件となります。

 

介護食コンサルタントの試験概要を、表にまとめました。

資格名 介護食コンサルタント
資格認定元 フォーミー(formie)
受験資格 特になし
受験日程 いつでも可
受験会場 在宅
受験科目 資格講座内容から出題
出題形式 Web選択問題・全30問
試験時間 1000秒(約17分)
受験料 無料(受講料に含まれる)
特に分かれていない
合格基準 80%以上
(30問中24問)
合格率 練習問題から出題されるため
ほぼ100%合格

※試験概要は変更になる場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

介護食コンサルタントの資格試験は、野菜ソムリエなどの資格のように「プロ」「プロ上級」などと級は分かれていません。

試験は何度でも受けることができるので、ある程度勉強して自信がつけば、受けてしまって大丈夫です(ただし、再試験の料金が1,500円かかるので注意が必要です)。

私もフォーミーの講座を実際に受けたことがあるのですが、練習問題から試験が100%出題されるので、練習問題を繰り返しやれば、試験は合格できます。

 

フォーミーの「介護食コンサルタント」の資格講座は、紙のテキストがなく、教材や試験も全部Web上で完結。

mina
スマホ一台あれば勉強ができるので便利な反面、Wi-Fiなどネット環境が整っていないと不便です。

ネット環境の準備や、スマホ・パソコンの操作に自信がある方におすすめの資格です。

>>【無料】この講座を無料体験する

>>この講座を今すぐ申し込む

 

第2位:介護食アドバイザー

キャリカレの介護食アドバイザー資格講座の資料

介護食アドバイザーは、日本能力開発推進協会(JADP)が主催する民間の資格です。

キャリカレが取り扱っているのは、「介護食アドバイザー」の資格講座で、資格を取るためにはキャリカレの講座を受講することが必須条件となります。

 

mina
介護食の知識を学びたい方なら誰でも受けることができますよ!受験資格は特にありません。

 

「介護食アドバイザー」の試験概要を、表にまとめました。

↓表は横にスクロールできます。

資格名 介護食アドバイザー
資格認定元 日本能力開発推進協会(JADP)
受験資格 特になし
受験日程 いつでも可
受験会場 在宅受験
受験科目 キャリカレの講座内容から出題
出題形式 筆記試験
試験時間 在宅受験のため、特になし
受験料 ¥5,600
特に分かれていない
合格基準 全体の70%以上
合格率 非公開

※試験概要は変更になる場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

無料で資料請求ができるので、実際に取り寄せてみました。

実際に資格講座を受けた人の声も、自分と重なるところがあってじっくり読んでしまいました。

資料請求は無料なので、ぜひ取り寄せてみてくださいね。

>>【無料】この講座を資料請求する

>>1万円割引でおトクに申し込む

第1位:介護食コーディネーター

ユーキャンの介護食コーディネーターの資格講座のテキスト

介護食コーディネーターは、一般社団法人FLAネットワーク協会が主催する民間の資格です。

ユーキャンが取り扱っているのは、「介護食スペシャリスト」の資格講座で、資格を取るためにはユーキャンの講座を受講することが必須条件となります。

 

mina
介護食ソムリエなど15〜20万円近くかかる資格よりも、料金を大幅に抑えられます。

 

「介護食コーディネーター」の試験概要を、表にまとめました。

↓表は横にスクロールできます。

資格名 介護食コーディネーター
資格認定元 一般社団法人FLAネットワーク協会
受験資格 特になし
受験日程 いつでも可
受験会場 在宅受験
受験科目 ユーキャンの講座内容から出題
出題形式 マークシート方式
試験時間 在宅受験のため、特になし
受験料 無料
(ユーキャンの受講料に含まれる)
受講費用 ¥39,600
学習期間 3ヶ月
特に分かれていない
合格基準 全体の70%以上
合格率 非公開

※試験概要は変更になる場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

ユーキャンの介護食コーディネーターの資格講座のテキスト

介護食コーディネーターの教材

テキストを見ながら在宅受験OK。テスト中に答えを調べることができるので、安心して取り組めますよ。

>>【無料】この講座を資料請求する

>>この講座を今すぐ申し込む

 

無料で資料請求ができるので、実際に取り寄せてみました。

2日くらいですぐに届きました!こんな感じのカラフルな資料で、学べる内容がわかりやすく書かれています。

資料請求したのは1月末だったのですが、次の月の2月をスタート地点として、どんなスケジュールで勉強が進められるのか、イメージしやすくなっています。

資料請求は無料なので、気軽に取り寄せられます。ぜひチェックしてみてくださいね!

>>【無料】この講座を資料請求する

>>この講座を今すぐ申し込む

 

介護食の資格の種類まとめ

介護食

費用が7〜8万円近くする資格もある一方で、通信講座で費用を抑えつつ、正しい知識をしっかり学べる資格もあるので、自分の目指すところに合わせて選ぶといいですよ。

迷ったら、ランキング1位の介護食コーディネーターを選んでおけば安心。

通信業界大手のユーキャンが出している講座で、私も教材を買って勉強したのですが、サポート体制も手厚くかなり満足度の高い講座でした。

>>【無料】介護食コーディネーターを資料請求する

>>介護食コーディネーターを今すぐ申し込む

 

いきなり受講するのが不安なら、無料の資料請求がおすすめ

資料請求は無料なので、「いきなり受講するのは不安…」という方も、事前に講座の内容を確認できます。

まずは気になる資格講座の資料を取り寄せてみてくださいね♬

>>【無料】介護食コンサルタント講座を体験する

>>【無料】介護食アドバイザーを資料請求する

>>【無料】介護食コーディネーターを資料請求する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

3年間のOL生活を経て、栄養士の専門学校に入学。学校を首席で卒業し、栄養士の資格を取得後、栄養士として勤務。 健康セミナーの実施や料理教室講師、食育活動、調理の仕事やケータリングなど幅広く経験。美容・健康と食の専門知識をいかして、ブログを書いています。