【徹底比較】子ども発達障がい支援実務士とアドバイザーの違いは?

ユーキャンの子ども発達障がい支援実務士と子ども発達障がい支援アドバイザーの違い

当サイトに掲載されている商品には、一部プロモーションが含まれます(詳しくはこちら)。記事作成方針は「暮らしを豊かにするブログ」のレビューガイドライン・運営理念をご覧ください。

スポンサーリンク
子ども発達障がい支援実務士と子ども発達障がい支援アドバイザーの違いは何?

「子ども発達障がい支援実務士」と似ている資格に「子ども発達障がい支援アドバイザー」がありますが、どちらも似たような資格名で、違いがわかりにくいですよね。

そこで、今回は「子ども発達障がい支援実務士」と「子ども発達障がい支援アドバイザー」資格の違いを、両方受講して比較しまとめました。

この記事の結論

子ども発達障がい支援実務士が向いている人
↓↓↓
対象は3歳〜小学校6年生頃の子供
家庭で自分の子育てに役立てたい方におすすめ

子ども発達障がい支援アドバイザーが向いている人
↓↓↓
対象は3歳〜小学校6年生頃の子供
保育園や学校現場など仕事で役立てたい方におすすめ

子ども発達障がい支援実務士養成講座の資料請求・申込はこちら↓↓↓

\ すぐに始めたい方はコチラ! /

\ カンタン10秒! /

子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の資料請求・申込はこちら↓↓↓

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座

\ すぐに始めたい方はコチラ! /

\ カンタン10秒! /

著者・記事監修の栄養士の赤石美波

記事の監修・執筆

赤石美波(小学校教諭第一種免許取得済み)

小学校教諭第一種免許状・中学校教諭第一種免許状・栄養士免許取得。子育てや食育・実用など暮らしに役立つ講座を中心に、書籍や各種講座・通信教育の受講に総額800万以上をかけて徹底検証。資格取得のリアルな体験談を執筆中。
赤石美波のプロフィール詳細

記事監修・執筆:赤石美波(小学校教諭第一種免許取得済み)

著者・記事監修の栄養士の赤石美波

小学校教諭第一種免許状・中学校教諭第一種免許状・栄養士免許取得。子育てや食育・実用など暮らしに役立つ講座を中心に、書籍や各種講座・通信教育の受講に総額800万以上をかけて徹底検証。資格取得のリアルな体験談を執筆中。

赤石美波のプロフィール詳細

スポンサーリンク
タップで移動できる目次

子ども発達障がい支援実務士とアドバイザー【料金の違い】

【結論】総額の料金で比較すると違いはない

資格講座ユーキャン子ども発達障がい支援実務士資格講座のテキスト・教材
子ども発達障がい支援実務士
ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材
子ども発達障がい支援アドバイザー
費用34,000円34,000円
認定証2,000円(希望者のみ)2,000円(希望者のみ)
総額総額34,000円総額34,000円
資格講座の詳細は変更される可能性があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

表で比べると、子ども発達障がい支援実務士資格と子ども発達障がい支援アドバイザー資格は、料金の違いがありません

子ども発達障がい支援実務士とアドバイザー【教材の違い】

子ども発達障がい支援実務士の教材
子ども発達障がい支援アドバイザーの教材
  • メインテキスト2冊(支援知識編、支援実践編)
  • 支援ワークブック
  • 支援実務事例集
  • 支援ワークブック活用DVD
  • 添削関連書類一式
  • 学習ガイドブック
  • メインテキスト2冊(サポート理論編、サポート実践編)
  • 実例集
  • 絵カード48枚
  • 絵カード解説ブック
  • 支援ワークブック
  • 支援DVD
  • 添削関連書類一式
  • 学習ガイドブック

子ども発達障がい支援実務士の教材

子ども発達障がい支援実務士資格講座では、メインテキストが2冊です。

子ども発達障がい支援アドバイザーが家庭でのサポートなのに対し、子ども発達障がい支援実務士は仕事でのサポート方法に特化した内容になっています。

子ども発達障がい支援アドバイザーの教材

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材
スクロールできます

メインテキスト2冊

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

テキスト1はサポート理論編、テキスト2はサポート実践編について学びます。

支援ワークブック

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

「支援ワークブック」では、子どもの情報を記録しておき、成長記録を後から見直して確認することができます。療育・療養機関へ情報共有するとき、記録しておいた内容が役立ちます。

実例集

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

実例集では、年齢や性別、特性など14種類の実例が掲載されていました。療育を受ける前後で、子どもの行動がどう変化したか丁寧に解説。他人の事例を参考にし、新たなサポートの視点を発見するのにも役立ちます。

絵カード

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

副教材として、絵カードがついてきます。全部で48枚あり、人の表情や着替えのアイテムなど、してほしいことを言葉以外の方法で伝えられるのが特徴です。

絵カード解説ブック

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

絵カードの使い方がわかる解説ブック。この冊子を見ながら絵カードを使ってみました。

添削課題

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

添削課題は試験を含め全部で3回分ありました。テキスト1→添削課題1の順番で、交互に2回分取り組みます。3回目の課題が資格試験に該当。

支援DVD

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

映像では、子ども発達障がい支援アドバイザーとしての支援方法が解説されていました。テキストだけでは補いきれない部分を、映像で見ることでイメージがわきます。

受講生専用ページ

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の受講生ページの映像教材

ユーキャンの資格講座の受講生専用ページ。映像を見たり、質問を送ったり、添削課題を提出したりできます。スマホやタブレット、パソコンからログインして使えて便利!

学習ガイドブック

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

学習ガイドブックには質問のしかたや、学習で使う教材の内容など事務的な内容が載っています。勉強していて「これはどうするんだっけ?」と思ったらこの冊子を確認!

お知らせと提出用紙

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

お知らせと提出用紙には、学習スケジュールを書き込める欄があり計画を立てやすかったです。住所変更や受講生ページ、Web添削サービスについて書いてありました。

マークシートと封筒

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

添削課題を郵送する場合のマークシートと送付用の専用封筒がついてきました。添削課題をWebで提出するなら必要ありませんが、最後の資格試験はWebでなくマークシートのみの受付です。

添削課題の採点

ユーキャンのスポーツ栄養プランナー資格講座の教材・テキスト

子ども発達障がい支援アドバイザー講座の添削課題を郵送した場合は、採点結果と1問ずつの解答解説、コメントが書かれた用紙が届きます。

合格通知

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格試験合格認定証

受験してから約1ヶ月後に届く合否通知。別途有料(2,000円)で認定証を発行してもらえます。

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー講座は、家庭でのサポートに特化した内容になっています。

子ども発達障がい支援実務士に比べると、カードなど教材の種類が多いのが特徴です。

子ども発達障がい支援実務士とアドバイザー【受講期間とサポート期間・内容の違い】

資格講座ユーキャン子ども発達障がい支援実務士資格講座のテキスト・教材
子ども発達障がい支援実務士
ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材
子ども発達障がい支援アドバイザー
学習期間3ヶ月3ヶ月
受講期限6ヶ月6ヶ月
添削指導2回2回
質問1日3問まで1日3問まで
質問方法1.受講生ページからメールで質問
2.質問用紙に記入・郵送
1.受講生ページからメールで質問
2.質問用紙に記入・郵送
資格講座の詳細は変更される可能性があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

受講期間やサポート期間、内容の違いを比べると、子ども発達障がい支援実務士もアドバイザーも同じです。

質問はどちらも1日3回までで、受けられる添削指導の回数も2回です。

子ども発達障がい支援実務士とアドバイザーの違いまとめ

最後に、「子ども発達障がい支援実務士」と「子ども発達障がい支援アドバイザー」の資格の認定団体や料金など、違いを総合的にまとめて比較しました。

資格講座ユーキャン子ども発達障がい支援実務士資格講座のテキスト・教材
子ども発達障がい支援実務士
ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材
子ども発達障がい支援アドバイザー
会社ユーキャンユーキャン
資格認定発達凸凹(でこぼこ)アカデミー発達凸凹(でこぼこ)アカデミー
費用34,000円34,000円
追加費用認定証2,000円認定証2,000円
総額総額34,000円総額34,000円
受講方法通信教育
(ユーキャン)
通信教育
(ユーキャン)
添削指導2回2回
学習期間3ヶ月3ヶ月
受講期限6ヶ月6ヶ月
試験マークシート
(在宅受験)
マークシート
(在宅受験)
資格講座の詳細は変更される可能性があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

子ども発達障がい支援実務士とは?

ユーキャンの子ども発達障がい支援実務士資格講座

ユーキャンの子ども発達障がい支援実務士資格は、発達障がいを持つ3歳〜小学校6年生頃までの子どもに関する知識や対応方法を学ぶことができるカリキュラムです。

ユーキャンの講座で学習する子供の対象年齢は、3歳〜小学校6年生までです。

子ども発達障がい支援実務士は、子ども発達障がい支援アドバイザーと同じで「発達凸凹(でこぼこ)アカデミー」が認定している民間の資格です。

関連記事:発達凸凹アカデミーの怪しい評判は?ユーキャンとの関係も調べてみた!

資格講座子ども発達障がい支援実務士
資格認定発達凸凹(でこぼこ)アカデミー
受験資格特になし
試験日程受講期間中ならいつでもOK
(最大3回まで)
試験会場自宅(在宅受験)
試験科目講座内容から出題
試験方法マークシート方式
受講費用34,000円
受験料無料
学習期間3ヶ月
受講期限6ヶ月
合格基準全体の70%以上
合格率非公開
※試験概要は変更になる場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。
ユーキャン子ども発達障がい支援実務士資格講座ポイント
  • 家庭向けではなく仕事現場で役立つ内容
  • 保育士や教師、学童保育など教育現場で働く人におすすめ
  • 対象年齢は3歳〜12歳ころ(小学校6年生)まで

この資格講座では、家庭向けではなく仕事現場で役立つ内容です。

保育園や学校教師の方、課外活動、クラブ活動などで3歳〜12歳ころまでの子どもと関わる仕事をしている方にもおすすめです。

\ カンタン10秒! /

子ども発達障がい支援実務士資格講座の詳細は>>子ども発達障がい支援実務士の口コミは?悪い評判がないか確認してみた

あわせて読みたい
子ども発達障がい支援実務士の口コミは?悪い評判がないか確認してみた そこで今回は、ユーキャンの子ども発達障がい支援実務士資格講座の良い口コミ・悪い口コミや評判を調査しまとめました。 ユーキャンの子ども発達障がい支援実務士講座以...

子ども発達障がい支援アドバイザーとは?

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座

子ども発達障がい支援アドバイザー資格は、発達障がいを持つ子どもに関する知識や対応方法を学ぶことができるカリキュラム。正しい対応方法がわかり、自殺やうつ病、不登校、引きこもりなどの二次障害を防ぐことができるのも特徴です。

ユーキャンの講座で学習する子どもの対象年齢は、3歳前後〜小学校6年生程度までです。
※副教材の実例集では、中学生まで紹介

子ども発達障がい支援アドバイザーは、「発達凸凹(でこぼこ)アカデミー」が認定している民間の資格です。

資格講座子ども発達障がい支援
アドバイザー
資格認定発達凸凹(でこぼこ)アカデミー
受験資格特になし
試験日程受講期間中ならいつでもOK
(最大3回まで)
試験会場自宅(在宅受験)
試験科目ユーキャンの講座内容から出題
試験方法マークシート方式
受講費用32,000円
受験料無料
学習期間3ヶ月
受講期限6ヶ月
合格基準全体の70%以上
合格率非公開
※試験概要は変更になる場合があります。最新情報はユーキャン公式サイトでご確認ください。
ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー講座のポイント
  • 支援ワークブックや視覚支援ができる絵カードなど、子どものサポートのために役立つ副教材つき
  • サポート期間が6ヶ月とたっぷりあるので、余裕を持って勉強できる
  • 自分の好きな時間に、在宅で学習・受験までできる

この資格講座では、子どもの発達の知識や、成長に合わせた適切なサポート・実践方法を学ぶことができます。発達障がいを抱える子どもへの接し方や事例まで重要なポイントをしっかり学べます。

お子さんがいる方は、家庭での生活や成長の支援にピッタリ。保育士の方や、学童などで子どもと関わる仕事をしている方にもおすすめです。

\ カンタン10秒! /

子ども発達障がい支援アドバイザー講座レビューは>>【子ども発達障がい支援アドバイザー資格の仕事・履歴書記入】口コミ試験・独学

あわせて読みたい
ユーキャン子供発達障害支援アドバイザー口コミブログ!独学と悪い評判がないか確認! ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座。私も子どもの発達障がいの勉強に興味があり資格が気になっていたので、実際に教材を買ってみました!この記事...

子ども発達障がい支援実務士とアドバイザーの違い

子ども発達障がい支援実務士と子ども発達障がい支援アドバイザーは、どっちがおすすめ?
ブログ管理人
自分の子育てに役立てたいか、仕事に役立てたいかで選び分けるのとよいでしょう、

子ども発達障がい支援実務士が向いている人
↓↓↓
対象は3歳〜小学校6年生頃の子供
家庭で自分の子育てに役立てたい方におすすめ

子ども発達障がい支援アドバイザーが向いている人
↓↓↓
対象は3歳〜小学校6年生頃の子供
保育園や学校現場など仕事で役立てたい方におすすめ

とはいえ、もう少し考えたい方もいるかと思います。

「自分で比較検討して、納得してから選びたい」という方は、申込前に、ぜひ子ども発達障がい支援実務士と子ども発達障がい支援アドバイザーの資料請求(無料)を両方取り寄せて検討してみてください。

子ども発達障がい支援実務士養成講座の資料請求・申込はこちら↓↓↓

\ すぐに始めたい方はコチラ! /

\ カンタン10秒! /

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の資料請求・申込はこちら↓↓↓

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座

\ すぐに始めたい方はコチラ! /

\ カンタン10秒! /

子ども発達障がい支援実務士とアドバイザー以外の違い

発達障害支援児の資格一覧・おすすめ種類を比較・通信講座・独学

ここでは子ども発達障がい支援実務士・子ども発達障がい支援アドバイザーの2つの資格講座の違いを比較しましたが、それ以外にも、発達障がいに関する資格はたくさんあります。

上から安い順番↓↓↓

資格講座費用申込先資料請求(無料)特長映像教材質問回答添削指導学習期間サポート期間資格認定講座運営
発達障害支援アドバイザー
発達障害支援アドバイザー
33,000円今すぐ申込む>>詳しく見る・合格で認定証+バッジが届く
・上位資格が2段階ある
映像なし質問回答なし添削なし学習期間
約6ヶ月
(e-ラーニング7時間20分)
期限12ヶ月一般社団法人発達障害支援アドバイザー協会一般社団法人発達障害支援アドバイザー協会
ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材
子ども発達障がい支援アドバイザー
34,000円今すぐ申込む>>無料資料請求・通信教育業界大手で安心
テキストがカラフルでわかりやすい
映像あり
(DVD1巻)
質問1日3回まで
(メール/郵送)
添削3回
(郵送/web)
学習期間
約3ヶ月
期限6ヶ月発達凸凹(でこぼこ)アカデミーユーキャン
発達障害コミュニケーションサポーター資格講座
発達障害コミュニケーションサポーター
34,100円今すぐ申込む>>詳しく見る受験料は別途4,070円
・年会費/資格登録料金無料
児童発達支援士とセットでお得
映像あり
(DVD1巻/パソコン・スマホ閲覧可)
回数制限なし
(メール)
添削なし学習期間
約1週間-1ヶ月
(15時間-30時間程度)
期限8ヶ月一般社団法人人間力認定協会一般社団法人人間力認定協会

児童発達支援士
37,400円今すぐ申込む>>詳しく見る受験料は別途4,070円
・年会費/資格登録料金無料
映像あり
(DVD1巻/パソコン・スマホ閲覧可)
質問回数制限なし
(メール)
添削なし学習期間
約1週間-1ヶ月
(15時間-30時間程度)
期限8ヶ月一般社団法人人間力認定協会一般社団法人人間力認定協会
ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材
子ども発達障がい支援実務士
39,000円今すぐ申込む>>無料資料請求・思春期の子どもの発達障がい特化
テキストがカラフルでわかりやすい
映像あり
(DVD1巻/パソコン・スマホ閲覧可)
質問1日3回まで
(メール/郵送)
添削3回
(郵送/web)
学習期間
約3ヶ月
期限6ヶ月発達凸凹(でこぼこ)アカデミーユーキャン
四谷学院の発達障害児支援士資格認定講座
発達障害児支援士
109,780円今すぐ申込む>>詳しく見る・紙のテキストはなく全て動画
・試験はレポート課題/ケーススタディ課題
映像あり
(教材は全て動画)
質問回答なし添削なし学習期間
約6ヶ月
(動画15時間分)
期限1年学校法人武蔵野東学園(編集協力)四谷学院
※当サイトの表・コンテンツの無断転載はご遠慮ください。
※資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

子どもの発達障がい関連の資格は、こちらの記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
<2024年5月最新>発達障害児支援の資格一覧・おすすめ種類を比較!通信講座・独学 発達障害児支援に関する資格取得の際、種類がたくさんあって、おすすめはどれがいいのか迷ったことはありませんか? そこで今回は、発達障害児支援の資格のおすすめ一覧...

>>【発達障害支援児の資格一覧・おすすめ種類を比較】通信講座・独学

ぜひ、資格選びに役立ててください!

子ども発達障がい支援実務士・子ども発達障がい支援アドバイザー関連資格講座

あわせて読みたい
【食育アドバイザー独学不可】口コミ評判と試験難易度・合格率・役に立つ資格 食育アドバイザー資格は独学で取得できません 食育アドバイザーは書店のテキストで独学できません。通信講座「食育アドバイザー資格取得講座」を買って勉強し、試験を受...

>>【合格体験記】食育アドバイザー独学不可!勉強時間口コミ・資格試験難易度

あわせて読みたい
【独学で取れる食に関する資格】栄養士に近い資格講座8選!在宅・オンラインで学べる 確かに、栄養士の資格を取るためには、最低でも2年間、昼間部の短大か専門学校に通わなければいけなく、時間もお金もかかりますよね。 私自身も食と栄養学を学びたくて...

>>【栄養士に近い資格】独学OKで役立つ!在宅・オンラインで学べる

※本サイト記載の価格は、すべて税込です。

▼ 最大3万円割引!クリックして割引クーポンをもらおう! ▼

キャリカレの期間限定割引キャンペーン

▼今だけ!対象講座が5,000円割引中! ▼

ユーキャンの期間限定キャンペーン

※本サイト記載の価格は、すべて税込です。

ユーキャンの子ども発達障がい支援実務士と子ども発達障がい支援アドバイザーの違い

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてね!

この記事を書いた人

赤石 美波のアバター 赤石 美波 教員免許・栄養士免許取得済

小学校教諭第一種免許状・中学校教諭第一種免許状・栄養士免許取得。栄養士の学校を首席で卒業後、保育園栄養士として勤務。食育活動や料理教室講師・セミナー講演・料理イベント開催など料理・食関連の仕事に従事。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タップで移動できる目次