知ったら買いたくなる!赤パプリカの栄養素が超すごい理由

スポンサーリンク




OL
赤パプリカが体にいいって聞いたんだけど、なんで?

どんな栄養素が入ってるの?

 

そこで今回は、栄養士の私が「赤パプリカの栄養価の高さと、体にいい理由」をご紹介します。

 

赤パプリカとは

 

パプリカとは、唐辛子の総称ですが、スーパーで見かけるものは、大型(100g以上)で肉厚のピーマンです。

 

色は、緑、赤、黄、オレンジ、紫、黒、白と、緑や赤、黄色以外にもたくさんの色があります。

mina
紫とか黒、白なんて、なかなか普段見かけないですよね!

 

パプリカは、ピーマンに比べて、肉厚でジューシーな食感があり、甘く爽やかな味わいです。

 

飲食店などで、サラダに入っていることがありますよね。

 

生色はもちろん、煮込み料理・マリネにすることもできます。特に、南欧料理には欠かせない野菜なんですよ。

 

 

驚くほど高い、パプリカの栄養価

 

パプリカは、ビタミンC,E,Aなどが豊富で、

ピーマンと比べてもビタミンCは約2倍

カロテンは約7倍もあるんです。

 

パプリカの栄養素と栄養価

ちなみに、赤パプリカに含まれる「カロテン」は脂溶性ビタミンなので、油を使うことで吸収率が高まります。

 

 

店頭で選ぶときは、皮にハリとつやがあるものを選んでくださいね。

表面にシワのあるものは、鮮度が落ちているので、選ばない方がいいです。

 

パプリカは、ピーマンの仲間ですが、品種が異なります。

 

mina
パプリカの方が、肉厚で甘みも強く、ピーマンよりも栄養価が高いです。

 

赤パプリカと黄パプリカを食べ比べてみた

実際に、赤パプリカと黄パプリカを、生の状態で食べ比べをしてみました。

 

食感は、どちらも同じような感じですが、赤パプリカの方が、少し甘みが強い感じがしました。

 

ごま、マヨネーズ、酢、醤油、砂糖で和えてみたら、甘みがあってすごくおいしかったです。

 

茹でなくても、生の状態で薄切りにし、和え物にすぐに使えるので、とても使いやすい野菜だと思いました。

 

保存性も高く、長持ちします。

 

mina
冷蔵庫に1週間くらい入れておいても、問題なく使えます。

 

赤パプリカと、黄パプリカ。選ぶならどっち?

鮮やかな彩りを加えるために、どちらも入れてもいいと思いますが、赤パプリカの方が、栄養価が高いです。

 

黄パプリカに含まれるβカロテンは200μg

に対し、

赤パプリカは、1100μgです。(5倍以上)

 

ちなみに、同じ量のトマトと比較しても、ビタミンCやE・食物繊維も赤パプリカの方がたくさん含まれています。

 

トマトもいいですが、こうやってみると、なんだか赤パプリカが魅力的に思えてきますね。

 

スーパーに行ったら、ぜひ赤パプリカを買ってみてくださいね。

 

栄養学や食・料理の勉強におすすめの本を紹介

栄養学や食事、料理のことをもっと詳しく学びたい方に、おすすめの本をまとめてみました。

今回の記事と合わせて、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>【実際に読んでみた】栄養学と食の勉強・独学におすすめの本10選

>>【実際に読んでみた】料理が上手くなるための勉強におすすめの本12選

 

チップをいただけると、心から喜びます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

3年間のOL生活を経て、栄養士の専門学校に入学。学校を首席で卒業し、栄養士の資格を取得後、栄養士として勤務。 健康セミナーの実施や料理教室講師、食育活動、調理の仕事やケータリングなど幅広く経験。美容・健康と食の専門知識をいかして、ブログを書いています。